話題のMMORPG「黒い砂漠」のオープンベータがサービスがスタートと同時に各メーカーから推奨パソコンが発売されました。当サイトネットゲームの出来るPC教えますのオススメの機種はマウスコンピューターのNEXTGEAR i640GA6-BDOとしました。今回は他の機種も含めてザックリとお話できればと思います。

推奨パソコンが発売されているメーカー!

5月8日現在推奨パソコンとして発売しているメーカーはマウスコンピューター,パソコン工房,ドスパラの3メーカーです。遊べる機種と言う観点から見れば他のメーカーでもプレイできる機種は多数あるのですが、特典のついている推奨パソコンという括りでは上記の3メーカーになります。

スペックもそうですし、お値段もそれほど変わらないので自分の好みでメーカーを選んでも全く問題ないレベルだと思います。最安値はパソコン工房になります。コストパフォーマンスで見ると僅かではありますがオススメしているマウスコンピューターのNEXTGEAR i640GA6-BDOが一歩リードしているように感じますが、それほどの差はありません。

購入特典はどのメーカーを選択しても共通!

3等級の馬
黒い砂漠 推奨パソコンだけの特典、広大なフィールドを駆け巡る移動手段として最適な馬(3等級)がついてくる!高スペックな馬でゲーム序盤を有利に進めることができます!

3等級の馬 スペック
Lv:1 / HP:1613 / 重量:90
持久力3289 / 速度112%
回転力112% / 加速度112%
ブレーキ112%

性別:オス 交配可能数:2回 スキル:ランダム取得
シリアルを入力すると、アイテム「馬牌:白たてがみ黒白ぶち馬」がWEB倉庫に入ります。このアイテムを厩舎に持っていくと、馬と交換できます。

最安値はパソコン工房のGS5150-i5-RMB-BD

iconicon

GS5150-i5-RMB-BDiconはCPUにインテル(R) Core i5-4590 プロセッサー,ネットゲームをプレイする上で一番大切なグラフィックスにGTX960を搭載しています。これでも十分に高スペックの部類だと思うのですが、推奨パソコンとしては最安値ということになっています。

黒い砂漠の推奨環境を見てみるとGTX 650やGTX 550Tiと記載されているので、GTX960でも十分すぎるぐらいだと思うのですが、運営チームの位置づけとしてはMiddle(ミドル)モデルとされていて 「通常グラフィック設定」で、「黒い砂漠」を快適にプレイできるモデルです。との認定となっています。

とは言えスペックを抑える事で価格の方も¥102,980~(税別)で購入できるのはかなり魅力的です。推奨環境を考えれば十分快適に遊べるレベルですし、モニタなどを同時購入する人などはお値段的にも丁度良いのではないかと思います。

コスパならマウスのNEXTGEAR i640GA6-BDOが一番か?

iconicon
お値段的にも3社ともそれほど変わらないのですが他メーカーと比べてメモリを8Gbから16GBにして+5000円で済ます事ができるマウスのNEXTGEAR i640GA6-BDOiconは中々のコスパだと思うのです。

推奨環境を見てみるとメモリは6Gbなので16GBはオーバースペックのような気がしないでもないですが、黒い砂漠には大規模なギルド対ギルドのバトルがあるそうなので、沢山のプレイヤーが入り乱れる中プレイするのですから沢山のキャラクターを表示できる方が有利だと思いますし、そう考えると+5000円で16GBというのはアリなのかなと思います。

お値段149,800円(税別)が予算内に納まる人であれば、運営チームの位置づけもHighモデルとされていて高グラフィック設定”で、「黒い砂漠」を快適にプレイできるモデルに認定されています。CPUにインテル® Core™ i7-4790K プロセッサー,グラフィックスには NVIDIA® GeForce® GTX™ 970(4GB)とかなりのハイスペックになっています。

ノートパソコンならGALLERIA 黒い砂漠 推奨 Very Highモデル QF980HG

デスクトップは苦手,購入するのはちょっと・・・という方には少しお値段は高くなってしまいますが、ドスパラのGALLERIA 黒い砂漠 推奨 Very Highモデル QF980HGがありますよ。

ゲーミングノートではありますが運営側の認定は一番最高のVery Highモデルで最高グラフィック設定で、「黒い砂漠」の神髄を体験できるモデルという位置づけにされています。ただ一番のネックになってくるのがお値段で239,980 円(+税)なんですよね。どうしてもデスクトップが嫌という人でなければ個人的にはデスクトップのほうがコスパが良いと思いますし、拡張性も高いのでオススメしています。

ですがお部屋のスペースだったり壁に向かってパソコンを操作すると言うのが苦手と言う方,出しっぱなしが許せないので使わないときは片付けたい方など様々いらっしゃると思いますので、最終的には購入する方のご意思を尊重いたします。金額が非常に高いノートパソコンになりますので、自分でパーツの交換をするのはノートPCは困難ですので延長保証にだけは加入しておいた方が良いと思います。

参考記事
GTX 980M搭載ドスパラ最強モデル「ガレリア QF980HG」展示会レビュー

推奨パソコンでなくてもいいならGTX850Mでも遊べちゃいます!

「何だか黒い砂漠遊ぶのに随分高いお金が掛かるんだな・・・」とお思いの方も多いと思います。推奨パソコンでなくてもいいなら実はGTX850Mでも遊べちゃいます。実際私もこのスペックで遊んでいます。解像度をやや下げて演出はLowになってしまいますがゲーム画面も綺麗ですし、エントリー用としては及第点だと思います。

もちろんスペックはある程度高い方が思いっきり楽しめるのは間違いないですが、ご予算の関係もあると思いますので、「一応遊べるよ」という事で参考までにと思いました。

参考記事
17.3インチゲーミングノートHP ENVY17-k200レビュー
GTX860M搭載ゲーミングノートMB-W801S-SHレビュー

5月10日追記


(c)PearlAbyss Corp. All Rights Reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

オープンベータテストも絶好調という事もありGTX850Mでfps60を目指すとなると解像度1600×900,演出very lowでないと厳しくなってきました。正式サービスからしばらく経てば人数も少しは少なくなりサーバーの込み具合も緩和されると思うので、もう少し良くなると思いますが、それでも「一応遊べるよ」という表現がとても適切になってしまいます。

なので解像度を下げるにしても快適なプレイを望むのであればGTX860M以上は必要かもしれません。大規模ギルドバトルもありますし,PTプレイなども加味すると理想はゲーミングノートならGTX970M以上になってくると思います。お値段にすると最低でも15万前後は掛かってしまうののがやはりマイナスポイントと言わざるを得ないですね。

参考記事
GTX970M搭載ゲーミングノートMB-P921S-SH展示会レビュー
パソコン工房の15GSX8140-i7-QTEBを自宅で使用してみたので詳しくレビュー!

まとめ&コメント!

話題のMMORPG「黒い砂漠」のオープンベータが開始されたと言う事もあり推奨パソコンが各メーカーから発売されていると言うお話をさせていただきました。購入特典もありますし「黒い砂漠」の世界を思いっきり楽しみたい方にオススメの機種になります。

ただ少々オーバースペック気味の機種が多いので特典がつかなくても良いのであれば「それほどスペックの高い機種でなくてもいいのでは?」と個人的には思います。デスクならGTX960以上,ノートならGTX970M以上であれば問題なくサクサク遊べるレベルだと思います。

関連記事
衝撃!GTX960,Core™ i7搭載で9万円台からNEXTGEAR-MICRO im550SA8-TV
超特価モデルGTX960搭載NEXTGEAR-MICRO im550SA10-MD展示会レビュー!
デスクトップ用CPUを搭載したNEXTGEAR-NOTE i5702 シリーズ レビュー!