2015年も4月になり今年注目となるネットゲームが動き始めています。そこで今回は注目のタイトルとそのゲームがプレイできるPCについてお話させていただければと思います。

フェローが豊富 もうすぐオープンベータが始まりそうなイカロスオンライン!

今年の1月にクローズベータテストを行い募集人数1万人の枠に6万人を超える応募があったことで注目度も更にアップしたイカロスオンラインです。開発,ユーザー共に認める一番のオススメコンテンツはフェロー(乗り物)です。イカロスオンラインでは登場するモンスター系の敵はフェローとして捕まえることが出来ます。大きな鳥だろうがイノシシだろうが、ドラゴンや巨大な蜘蛛までも乗り物とする事が出来るのです。当然レアで中々フェローにする事が出来ないモンスターも多くクローズベータでも人気のコンテンツとなっていました。

つい先日ストレステストもおこなわれ、今月中にオープンベータテストが始めるようなコメントを公式ツイッターなどでもほのめかしておりますが、まだ最終チェック段階との事でライバルの「黒い砂漠」のクローズベータテストが終了したら発表するのではないか?とユーザーの間では噂になっています。いずれにしても間もなく何らかの情報開示はあると思いますので期待して待ちましょう。

関連記事
ICARUS ONLINEクローズベータテスト終了!バトルやシステムなどについてレビュー!
ICARUS ONLINEのクローズβプレイレビュー!オーソドックスなMMORPGではあるがムービーなど見所は多数!

Copyright WeMade Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved.
Copyright WeMade Online Co., Ltd. All Rights Reserved.
Copyright NHN PlayArt Corp. 

イカロスオンラインを遊ぶならGTX860M以上は必要か?

デスクトップであればGTX960以上で特に迷うことなく決まりなのですが、問題はゲーミングノートですね。先日のクローズベータテストやストレステストをGTX850Mでプレイさせていただきましたが、サクサク快適に遊ぶことが出来ましたので最低限のラインとしてGTX850Mは欲しいです。しかし今後のアップデートや正式サービスでの人の増加,パーティープレイなどを考えるともう少し余裕をもって購入しておいた方が良いと思います。

最近のトレンドはノートパソコンのグラフィックボードも900番台に移りつつあるので10万円程度が予算の人であればGTX960Mをそれ以上の性能や最高品質でのプレイ求める人であればGTX970Mは欲しいところですね。

参考記事
GTX970M搭載ゲーミングノートMB-P921S-SH展示会レビュー
衝撃!GTX960,Core™ i7搭載で9万円台からNEXTGEAR-MICRO im550SA8-TV

現在クローズベータテスト中の「黒い砂漠」

4月10までクローズベータが開催されているMMORPG「黒い砂漠」も当初の予定では1万人の募集でしたが、正式な人数の発表はされていませんが、テスター枠を3万人まで増やしたことからもイカロスオンラインと同じ若しくはそれ以上の応募人数だった可能性があります。

コチラの特徴は乗り物よりやっぱりバトルですね。フリーターゲッティングシステムになっているので慣れるまでは多少掛かりますが、慣れてくるとマウスで視界を動かしてWASDボタンで前後左右に進みスキルを通常攻撃と絡めたりコンボを狙ったりとかなり楽しめるシステムなっていると思います。コチラの正式サービスはもう少し先になりそうですが、イカロスオンラインのライバルになることは間違いないですし、初日のログインゲーム以降の大きなトラブルは特にないので、もしかしたら結構早く始まるかもしれません。

参考記事
MMORPG黒い砂漠プレオープンテストレビュー!
(c)PearlAbyss Corp. All Rights Reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

黒い砂漠をプレイするならGTX870M以上が望ましい!

このタイトルに関してもデスクトップであればGTX960以上もしくは760以上で快適にサクサク遊ぶことが出来ます。問題はやっぱりゲーミングノートですね。現在私はGTX850Mでプレイさせていただいて解像度1920×1080ででプレイしてても特に重いと感じることもありません。しかしこれは演出がLOWだからです。

ゲーム画面と言うかグラフィックはかなりキレイですのでなるべくなら高い解像度や設定を高くして楽しまれる事をオススメします。現在は900番台が主流になってきたのであまりGTX870Mは販売されていないかもしれませんので、これから購入されるのであればGTX970M以上を選択する事をオススメします。

参考記事
超特価モデルGTX960搭載NEXTGEAR-MICRO im550SA10-MD展示会レビュー!
ドスパラのGTX 970M搭載ゲーミングノートGALLERIA QF970HG 6Gレビュー

アーケードでも大人気のロードオブヴァーミリオンシリーズ

アーケードでも人気タイトルですのでご存知の方も多いと思いますロードオブヴァーミリオンアリーナ管理人ユウの今年のイチオシタイトルでもあるんですけど、アルファーテストが昨年2回,4月21日からクローズベータテストが始まるんですけど、アーケードである程度システムは完成されていますし、ネットゲーム用にテストも繰り返されていると言うことでゲームの完成度はかなり高いと思います。

7VS7,5VS5のバトルなど2チームに分かれての対戦形式が主な構図となります。今回のクローズからは野良でチームを組むことも出来ますし、仲の良い友達とチームを組むことも出来るようになったそうなので、より戦略性も高まっていますし役割も前回より明確になると思うので息のあった連携なども楽しめようになってきていると思います。ユーザーの声をキチント反映してくれる運営さんなので、感じたこと思ったことなどはアンケートやお問い合わせフォームから連絡してみましょう。

参考記事
「LORD of VERMILION ARENA」クローズドβテスト応募スタート!
ロードオブヴァーミリオンアリーナ第2回アルファーテストアンケートに回答してきました!

本画像(動画)は「LORD of VERMILION ARENA」第2回アルファテストにおいて撮影されたものです。
次回のテスト以降では内容が変更・修正される場合があります。
LORD of VERMILION ARENA公式サイト
© 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ロードオブヴァーミリオンアリーナは推奨環境が高くかなり高スペックが必要!

必要環境はそれほどでもないのですが、推奨環境が非常に高く蓋を開けてみれば上記のイカロスオンラインや黒い砂漠よりも高いスペックを要求されるようになってしまいました。ゲームのメインとなるのが7VS7のバトルなので、合計14人のプレイヤーと最高で56体の使い魔が入り乱れてマップでバトルとなるわけですからエフェクトも簡易なものでも、それなりの負荷になってしまうということを考えると、この推奨環境の高さは仕方がないのかもしれませんね。

デスクトップであればGTX770以上もしくは970以上ノートパソコンで最高品質でのプレイは難しいかもしれませんが、最高のGTX980Mであれば可能性はあります。いずれにしてもかなり高いスペックが要求されそうですので、ご注意ください。

参考記事
NEXTGEAR-NOTE i5900シリーズ展示会レビュー!GTX980Mと4K液晶が魅力的!
MASTERPIECE i1450シリーズ展示会レビュー!高い拡張性と冷却効率が両立している機種!

まとめ&コメント!

2015年に注目のネットゲームタイトルとそのゲームがプレイできるPCについてお話させていただきました。去年まではラインナップが少し寂しく遊べるタイトルが少なかったのですが、今年はかなり充実していますね。今回はまだ推奨環境も発表されていなくPC系のテストもまだ先なので掲載は控えさせていただきましたが、ドラゴンズドグマもかなりの期待タイトルですよね。

面白いゲームが増えるのは非常にありがたいのですが、少しずつプレイするのに必要な環境が引き上げられている傾向にあるので、これから長くPCを使う予定の方はグラフィックボードなどは高めの物を購入しておいたほうが良いかもしれませんね。

関連記事
予算10~15万のゲーミングノート!レビュー記事を中心にオススメ機種を紹介!
ネットゲームを思いっきり楽しみたい人向け予算15万円以上のゲーミングパソコン集めてみました!