先日マウスコンピューターの展示会にてゲーミングノートパソコン「NEXTGEAR-NOTE i5900シリーズicon」を撮影させていただきお話も聞かせていただいたのでレビューを書かせていただければと思います。本機の特徴はグラフィックスにGTX980Mをディスプレイに「IGZO」IPS 4K液晶を採用していることです。

NEXTGEAR-NOTE i5900 シリーズについて!

最新,最強のグラフィックスGTX980Mを搭載しているゲーミングノートNEXTGEAR-NOTE i5900シリーズはディスプレイに解像度 3,840×2,160 のシャープ製「IGZO」IPS 液晶採用しているプレミアムな機種になっています。また従来のゲーミングノートと比べて厚みは -14 mm、重量は -0.6 kgもスリム化されているので、ゲームパソコン=ゴツイのイメージを少しは払拭できているのではないかと思います。

「IGZO」IPS 4K液晶

高精細、低消費電力という特長を持つシャープ製「IGZO」IPS 液晶を採用。液晶解像度は従来のフルHD ( 1,920 × 1,080 ) の4倍、クアッドフル HD ( 3,840×2,160 ) となり、従来比4倍の画素数を実現しました。また、IPS方式パネル採用により、高精彩な色と明るさの変化やにじみを軽減し、長時間の使用でも目の疲れにくい安定した表示が可能となります。さらに光沢を抑えたノングレア処理パネルにより、目への負担軽減や、屋外等の光量が強い環境下における液晶への写り込みを軽減することで、よりゲームやその他のパソコン作業に集中しやすい環境をご提供します。

画面の綺麗さ=ゲームの面白さにはにはなりませんが、FFを代表にゲームにグラフィックや綺麗な映像が求めれている点も否定は出来ません。より綺麗に鮮明に見えることでそのゲームの魅力も高まると思います。ノングレア処理パネルなのはやっぱり嬉しいですよね。ネットゲームは長時間プレイするのが当たり前な部分がありますから、なるべく疲れにくいパネルを自分で選択する必要があると思います。

参考記事
4KウルトラHD液晶とGTX 970Mを搭載したゲームノート「15GSX8140」展示会レビュー!

インターフェース(ポート類について)

ノートパソコンでありながら合計 4 ポートもの USB 3.0 端子を装備しています。筐体の左側面・右側面・背面にそれぞれ配置されていますので、利用シーンに応じてフレキシブルに対応可能です。筺体側面にデスクトップ画面をデジタルで簡単に伝送できる mini DisplayPort を装備。mini DisplayPort はケーブル 1 本で音声の伝送も可能ですので、スピーカー内蔵のディスプレイに接続すれば音声をディスプレイ側のスピーカーから出力することが可能です。

ポート類に関してはUSB3.0が4 (左側面×1、右側面×2、背面×1) ※背面ポートはeSATAポートと共用,ヘッドフォン出力(ミニジャック メス/右側面×1)、マイク入力(ミニジャック メス/ 右側面×1),ディスプレイ3 (HDMI 左側面×1、mini DisplayPort 左側面×2)という具合になっています。

アップでとれてないので確認しづらいと思いますし、雰囲気だけになってしまうので需要があるか微妙なラインではありますが、一応背面に関しても画像を載せておきます。

キーボード関係について!

白色のLEDバックライトキーボードを採用しています。これにより薄暗い室内でもキーを見失う可能性を大幅に減らす事が可能です。また、バックライトの光量はFnキーとの組み合わせによるショートカットキーにより、消灯・中・大の 3 段階へ簡単に切り替えることができます。

上の画像はクリックで拡大画像を見ることも出来ます。キーは全部で107キー/ピッチ約 19mm/ストローク約2mmとなっています。テンキーもあるので数字入力もしやすいです。

タッチパッドに関しても工夫がされていて、従来までのクリックボタンは、押すとカチカチ音がでるタイプでしたが、本機はキーボードの構造と同一の物を利用することにより、押下感を大幅に改良しました。押下感が増えた事によりゲームプレイ時はもちろん日常的な使用時にもミスクリックの低減が図られています。

クリックボタンは右と左で別れているのは私も使用しているのですが、境界線がハッキリとしているのでとても使いやすいです。クリックする時の音が気になる,作業の妨げになるなどのお話を受けて改良したと展示会の時におっしゃれれていたんですけど、私はそれほど気にならなかったですし、そもそも多用するならマウスを使ったほうが早いのでは?と思ってました。押下感が増えたというのはプラス材料かもしれませんが、ゲームを遊ぶならやはりマウスは必須かと思います。

詳細スペックと価格につきまして!

■OS : Windows 8.1 Update 64ビット
■CPU : インテル® Core™ i7-4720HQ プロセッサー
(4コア/2.60GHz/TB時最大3.60GHz/6MB スマートキャッシュ/HT対応)
■グラフィックス : NVIDIA® GeForce® GTX980M(4GB)
■メモリ : 8GB PC3-12800 (8GB×1)
■ハードディスク : 500GB SerialATAII 5400rpm
■チップセット : インテル® HM87 Express
■液晶パネル : 15.6型 クアッドフルHDノングレア 「IGZO」 (3,840×2,160/ IPS/ LEDバックライト)
■無線 : IEEE 802.11 b/g/n ・ Bluetooth® V4.0 + LE 準拠モジュール
■保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
価格 199,800円(税別)
もっと詳しくNEXTGEAR-NOTE i5900BA1iconを見てみる

スペック詳細を見て管理人ユウのコメント!

今回はブロンズモデルのスペックを掲載させていただきました。NEXTGEAR-NOTE i5900シリーズにはこれよりも上位のシルバーモデルやプラチナモデルが存在しますが、個人的に需要が高そうな方を取り上げさせていただきました。

メモリはこのままでも十分だと思いますので、せっかくのGTX980MですからSSDを120出来れば240GBカスタマイズしていただいてツインドライブにして使用していただけると満足度も上がると思います。SSDは必須ではないのでローディングなど多少長くても我慢できる人はこのままでも良いかもしれません。

マウスやゲームパッドなどは遊びたいネットゲームにもよりますが、一緒に購入しておくと操作性もアップしてストレス無くゲームを始めることができると思いますので、ご予算に余裕のある方は考えていただければと思います。

まとめ&コメント!

ゲーミングノートパソコン「NEXTGEAR-NOTE i5900シリーズ」について簡単にではありますが当日撮影させていただいた画像と合わせてレビューさせていただきました。最新最強のGTX980Mを搭載しているのでノートPCでも解像度などを諦めることなく最高品質でFF14なども楽しむ事が出来るスペックはかなり魅力的です。またディスプレイには綺麗な映像を引き出させてくれる「IGZO」IPS 4K液晶と隙の無いプレミアムな使用となっています。

今回お話させていただいた15.6型ゲーミングノートNEXTGEAR-NOTE i5900シリーズはマウスコンピューターiconにて販売しています。ここのメーカーの個人的に一番良いと思うところは24時間365日いつでも電話でサポートしてくれると言う事です。何か起こった時に電話してすぐ分からない事が聞けるこれってかなり重要だと思います。他の機種をもっと詳しく見てみたいと言う方は下記関連記事も読んでいただけると幸いです。

参考記事
GTX860M搭載ゲーミングノートMB-W801S-SHレビュー
超特価モデルGTX960搭載NEXTGEAR-MICRO im550SA10-MD展示会レビュー!
ドスパラのGTX 970M搭載ゲーミングノートGALLERIA QF970HG 6Gレビュー