3月の当サイト経由の売り上げランキングを発表したいと思います。今回は機種別ではなくてメーカーにしました。全体としてBTOパソコンが好調でしたので、機種で分けるよりもメーカーで分けたほうが、より伝わりやすいと思いました。購入の際のご参考になれば幸いです。

3月の売れ筋の傾向

先月の売れ筋ランキングを発表させていただいた時に3月は新生活を始められる方も多いと思いますのでオフィス付きモデルを選択される方や新生活だから奮発して購入される方やお祝いで買ってもらう人もいらっしゃったり様々だとは思いますが、格安パソコンより少し高めの10万円以上のノートPCだったり国内メーカーの売り上げが上がってくるのではないか?と予想させていただきました。

4月に入り色々とデータを見てみるとオフィス付きを選択したかどうかまでは分からないのですが、購入単価がだいぶ上がっていて12~15万円程度のPCを購入される方が多かったです。傾向としてはBTOというか自分の目的に合わせてカスタマイズされている方も多く見られたので、オフィスもそうですが「ネットゲームが遊びたい」からグラフィックボードの性能を上げたりメモリを増やしたりと自由に自分でスペックをパワーアップさせていたようです。

予想の的中率としては購入単価が上がる予想は的中しましたが、オフィスに関してはカスタマイズで選択されたかどうかまでは分からないので正直分かりませんので、全体の的中率も半々といった評価になりそうです。

参考記事
2月当サイト経由の売れ筋ランキング!NEXTGEAR-MICRO im550SA8-TVが予想通りランクイン!

メーカー別では初のランクインが1位にパソコン工房!

意外と言ってしまうのは申し訳ないのですが、驚いています。3月の記事を見てもパソコン工房さんの機種を単体で紹介しているのは一度きりですし、購入単価が上がるのは予想していたのですが、ゲームパソコンよりは普通のノートパソコンなどの売り上げが増えると勝手に思っていたので驚きです。

当サイトとしてはネットゲームの出来るPCを紹介すると言うスタンスですのでゲーミングパソコンの売り上げが多いのは本当に嬉しいです。BTOパソコンがなので自分の用途に合わせてスペックをカスタマイズされている方が非常に多かったです。デフォルトのままですと値段を重視するとメモリが足りなかったりSSDが搭載されなかったりということも多いですし、逆に予算を考えずに選ぶとオーバースペックだったりするのである程度知識のある方は自分で自由にスペックを選べるのは予算も抑えれますし嬉しいですよね。

パソコン工房さんは私が知っている中でもコストパフォーマンスは最高峰ですので購入の際の候補に知っていれば必ず入ってくるメーカーではないかと思います。少し先の話になりますが上の画像のGTX970+4Kを搭載したゲーミングノートのレビューも掲載させていただきますので、読んでいただけると嬉しいです。

参考記事
狙い目はGS7100-i7-TMB-FFXIVパソコン工房が大決算SALEで7000円オフ!
4KウルトラHD液晶とGTX 970Mを搭載したゲームノート「15GSX8140」展示会レビュー!

週末クーポンの威力は健在 レノボが堂々の第2位

1月,2月と売れ筋のトップを独走してきたThinkPad E450の週末35パーセントオフがついに3月の半ばに引き下げられてしまったので、「売り上げ的には厳しいかな?」と思ったのですが、蓋を開けてみれば堂々の第2位の結果となりました。

Lenovoの製品に関しては週末(土曜日)に記事を定期的に掲載させていただいていたり、週末クーポンの方もThinkPad E450の割引率が下がってきたら、今度はThinkPad X1 Carbonの割引率が30パーセントまで上がってきたりという事もあり半ば以降も売り上げが好調でした。単価で見ても先月よりも上がっているのでコチラのメーカーでも普段より高めの機種が売れている傾向にあるようです。

参考記事
ついにThinkPad X1 Carbonの割引率が30%に!新生活応援セールも同時開催!
1000台限定ThinkPad E550がクーポンで最大32%オフ!

やっぱり強い10万円以内で買えるGTX960人気 マウスコンピューターが第3位

第3位はマウスコンピューターiconでした。3月は展示会に参加させていただいた事もあり、機種レビューなど猛プッシュさせていただきましたが、上位には一歩及ばずの結果になってしまいました。それでも税抜き10万円以下で購入できるGTX960を搭載したゲーミングパソコンNEXTGEAR-MICRO im550シリーズの人気はかなりのものですし、コストパフォーマンスももちろん最高峰となっています。

確かにメモリは少し頼りないですが、そこはカスタマイズで増やす事も可能ですし、FF14も最高品質でサクサク遊ぶことが出来る機種が税抜き10万円で手に入るのはかなり魅力的だと思います。

また新しく仲間に加わったMASTERPIECE i1450シリーズはハイエンド向けにGTX970や980を搭載した機種になっていて拡張性もMICROシリーズよりも上なので高性能ということもありお値段はMICROシリーズ高くなってしまいますが、どっぷりネットゲームの世界に浸りたい人を中心に後々を考えれば高くないどころか安い買い物になる可能性も高いと思います。

参考記事
MASTERPIECE i1450シリーズ展示会レビュー!高い拡張性と冷却効率が両立している機種!
超特価モデルGTX960搭載NEXTGEAR-MICRO im550SA10-MD展示会レビュー!

4月はどうなっていくかを予想!

4月の予想としては現在クローズベータテストを開催中の黒い砂漠,4月の20日ぐらいからクローズベータがスタートするロードオブヴァーミリオンアリーナ,またPS3だけではありますがドラゴンズドグマもアルファーテストを開催されるそうですので、今年の注目タイトルが続々と遊ぶチャンスが広がりますので、推奨環境などをチェックして今後リリースされるタイトルに向けてゲーミングパソコンを購入する方は増えていくのではないかと予想します。

ただ単価的には安い買い物でもないので、購入するのは7月のボーナス後になる可能性も十分にありますので予想の的中度としては50パーセント程度と考えていただければと思います。管理人ユウも現在黒い砂漠プレイ中ですし、ロードオブヴァーミリオンアリーナはイチオシタイトルですので必ずプレイさせていただきレビューしたいと思います。

参考記事
MMORPG黒い砂漠プレオープンテストレビュー!
ロードオブヴァーミリオンアリーナのゲームシステムやデッキの選び方などをレビュー!

まとめ&コメント!

3月の当サイト経由の売り上げメーカーランキングを発表させていただきました。3月はBTOを中心に自分の好みのスペックを選択して購入されている方も多かったので、「機種ごとにランキングするよりはメーカーの方がいいかな?」と考えました。先月の予想通り購入単価はだいぶ上がっていました。

4月以降の予想は注目タイトルが続々と動き出しているので、ゲーミングパソコンが注目されていくのではないかと思います。ただコストパフォーマンス重視なのか?スペック重視なのかは蓋を開けてみるまでわからない状態ですし、購入単価を考えるとボーナスまでずれ込む可能性もあるので予想としては難しいですね。

関連記事
予算10~15万のゲーミングノート!レビュー記事を中心にオススメ機種を紹介!
ネットゲームを思いっきり楽しみたい人向け予算15万円以上のゲーミングパソコン集めてみました!