先日の土曜日にリンクシェアフェア2014に参加させていただきその際にマウスコンピューターのブースがありましたので、NEXTGEAR-MICRO im560SA3を中心に売れ筋や普段疑問に思っていることなど質問させていただきました。

なぜこの機種を中心に質問させていただいたかと申しますと、ゲーミングパソコンである事とお値段もシルバーカスタムモデルで109,800円(税別)と比較的購入しやすいだけでなく、スペックもCPUにインテル® Core™ i7-4790 プロセッサー、ネットゲームをする上で重要な割合も占めるグラフィックスがNVIDIA® GeForce® GTX760(2GB)であることから最も人気が高く知名度の高いファイナルファンタジー14の推奨スペックをクリアしていることからもほとんどの3Dゲームをプレイできるスペックであるからです。

icon
icon
まずデスクトップとノートパソコンどちらが売れているのか?という質問は以前もさせていただきましたが、やはりデスクトップが好調ということでした。ネットゲームを遊ぶことができるゲーミングPCに力を入れているからと思ったのですが、他のメーカーさんデルさん等に聞いてみてもデスクの方が売れているとおっしゃっていたので業界全体でノートよりデスクという流れなのかもしれませんね。という具合に今はさらっと書いていますが聞いたときはかなり驚きました。「ノートが好調、タブレットが今後ノートの売り上げを越えるなどなんだったのでしょう・・・」

デスクトップが売れている理由の一つに最近は購入の際にモニタとセットで買う人も少なくなってきて「単純にお得感があるのでは?」というお話もされていました。モニタ分を考えてもノートPCよりデスクトップの方がかなり割安なのですからそこから更にというわけですから同程度のスペックを購入する場合に半分くらいの金額で買えることもあるかもしれませんね。

画像を見てお気づきの方もいらっしゃると思いますが、ケースの側面がアクリルクリアパネルになっていて G-TuneロゴのものとG-Tune ちゃんの絵柄が刻印されています。公式ページによるとレーザーによる強固な加工となっており、印刷などとくらべて長期間ご使用頂いても絵柄に退色やかすれなどが生じにくくなっています。気になったので「普通のものとどちらが人気ですか?」と質問してみたところ普通にシンプルなものが売れているとの事でした。確かにお値段は余分に9900円(税別)掛かりますし、画像のようにREDで青く光らせるとなると更に2000円掛かります。確かにクリアパネルは魅力ですが値段分の価値は難しいと考えている方が多いようですね。これがG-TUNEちゃんでなくエヴァやまど☆マギのような人気アニメのイラストであれば話は変わりそうですよね。

もう一つ以前はなかったものが公式ページに記載されるようになったそうです。私も言われるまで気づかなかったのですが、Fire Strikeの3Dベンチマークスコアが記載されるようになっています。昨年のパソコンフェアでお話させていただいた際にベンチマークがないのは「比べずらくわかりにくい」私も意見させていただいたのでベンチマークを望む意見が多かったかもしれませんね。残念ながらFFやモンハンのスコアは記載されていませんでしたが、同じゲーミングパソコンを取り扱っているドスパラなどとの比較もはかどりそうですしありがたいですよね。

NEXTGEAR-MICRO im560SA3について

■OS : Windows 8.1 64ビット
■CPU : インテル® Core™ i7-4790 プロセッサー
■グラフィックス : NVIDIA® GeForce® GTX760(2GB)
■メモリ : 8GB PC3-12800 (8GB×1)
■ハードディスク : 1TB SerialATAIII 7200rpm
■チップセット : インテル® H97 Express
■電源 : 500W 【80PLUS® SILVER】
■保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
■3DMark「Fire Strike」ベンチマークスコア5,796
■価格:109,800円(税別)

NEXTGEAR-MICRO im560SA3をはじめとするゲーミングPCはマウスコンピューターにて購入することが出来ます。ここのメーカーの個人的に一番良いと思うところは24時間365日いつでも電話でサポートしてくれると言う事です。何か起こった時に電話してすぐ分からない事が聞けるこれってかなり重要だと私は考えています。

関連記事
マウスコンピュターの方にG-TUNE推奨ゲームFF14について質問してきました