1月14日に「しんけん」,1月15日は神刻(とき)の娘のオープンベータテストがスタート予定となっています。正式サービスの引継ぎの有無は分かりませんが、事前登録特典もあるようですし、スタートダッシュしたい方には引継ぎがなくてもシステムを理解できるのでオススメです。どちらともブラウザゲームなのでPCのスペックを気にする事なく遊ぶことが出来ますよ。

しんけん!

しんけんとは!

隕石と共に襲来した謎の妖怪軍団!
立ち向かうのは稀代の名刀に秘められし悲恋の女子高生
個性豊かな「真剣少女」を鍛え上げ討伐開始!
結束を高めて平和な日常を取り戻せ!

画像が使えるといいのですけど、まだサービスがスタートしてないのでスクリーンショットが取れないのでサービススタート後にコチラにも載せたいと思います。バトル方式はタワーディフェンスバトルになっています。以前は聞きなれない言葉でしたが、スマホゲームのチェインクロニクルなどでかなり有名になってきたシステムです。簡単に説明させていただくと自陣の画面端のラインを敵が踏み越えないように守るのがラインディフェンスです。

敵は敵陣から自陣に向かって進んでくるので味方ユニットで道をふさいで、スキル攻撃などを駆使して敵を倒して敵の進行を出来るだけ防いで全滅させるという感じになります。「しんけん」では新感覚と記載されているので、新しい要素はあるかもしれませんが、デモ動画を見てもシステム自体は上記と同じと感じたのでそれほど違いはないと思います。

「しんけん」は格安パソコンでも遊べる?

ディザーサイトには動作環境など特に記載されていませんが、公式ツイッターではChromebookやSurface Pro 2でも遊べると呟いていること,ブラウザゲームあること,グラフィックが2Dであることを考えるとグラフィックスは内蔵型で十分なので格安パソコンでも十分に遊べると予想できます。

*1月14日追記
オープンベータサービスがスタートしたことにより推奨環境も公式サイトに新しく掲載されています。ブラウザゲームとは思えない環境が掲載されていますし、公式ツイッターとも違ってくるので、どちらを信じて言いか判断に戸惑いますが、無難にスペックが高いのを要求されている公式サイト発表の数値を信じる方がベターだと思います。

動作環境
【OSおよびWebブラウザ】
Windows 7/8/8.1 + Internet Explorer 10以上/Google Chrome/Safari/Mozilla Firefox
Mac OSX 10.6以上(10.8以上推奨)+ Google Chrome/Safari/Mozilla Firefox

【プラグイン】
Flash Player 11.4以上(デバッグプレイヤーには非対応)

【PC】
CPU: Intel Core i3以上(Core i5推奨)
RAM: 2GB以上(4GB推奨)
グラフィック: XGA(1024 x 768ピクセル)以上、DirectXもしくはOpenGL対応のGPU推奨

※動作環境は予告なく変更される場合があります。

動作環境を見てCPUやメモリの推奨環境に驚きでした。グラフィックスこそたいしたこと無いですが、推奨環境のCPUがCore i5とかメモリ4GB必要というと普通の3Dゲームと同じぐらいの数値なんですけど・・・ブラウザゲームはパソコンのスペックを気にする事なく遊べると言うのが利点ですし、本日プレイしてみましたが、人が多いせいもあると思いますが、非常に重いんですけど、グラフィックなどを含めて負荷のかかる場面が思い浮かばなかったです。

環境については、とりあえず公式発表されているのでコチラを信じることにします。公式ツイッターでつぶやいていたChromebookで遊べると言うのはCPUはCeleronが大半ですし性能はブランドだけじゃなく型番も重要になってくるとは思いますが、記載も無いですし普通に考えるとCeleronの性能は必要環境のCore i3よりも劣る場合も多いのでこのゲームのために購入するのはリスクがあるのでご注意いただければと思います。

当サイトでも公式ツイッターでなく公式サイトのほうを重視したいと思いますので、一部内容を変更させていただきました。関連記事には管理人ユウが本日実際にプレイしたゲーミングノートの記事に変えておきます。このタイトルを遊ぶのにはオーバースペックではありますが、幅広く3Dゲームなども含めて遊ぶことができるノートPCです。

関連記事
マウスコンピュターのゲームノート「NEXTGEAR-NOTE i540BA1-SP」を購入したのでレビュー!FF14ベンチマークも掲載!

管理人ユウ期待の神刻(とき)の娘

こちらは1月15日ベータテストがオープン予定の神刻(とき)の娘です。サービスまで後2日に迫ってはいるのですが、ディザーサイトに簡単なムービーとぼんやりとゲームが分かりそうなギャラリーとゲーム紹介が掲載中です。こちらも画像に関してはサービスが開始され次第、掲載させていただきたいと思うのですが戦闘システムも陣形やスキルが使えてシュミレーションRPGのような感じで戦えそうというスクリーンショットは掲載されているけど、実際のところは発表されてないんのでわかりません。

現在分かっていることはブラウザゲームタイプであること,BGMは「ロマンシングサガ」「パズルオブドラゴンズ」の伊藤賢治氏,キャラクターデザインとメインビジュアルには「魔法少女リリカルなのはForce」の黒銀氏とかなり豪華です。また豪華声優陣も数多く登場ということで期待度や注目度は中々の作品だと思いますので、ゲーム画面を見て抵抗がなさそうなら、プレイしてみると良いかもしれません。

*1月17日追記
当サイト記事にて簡単ではありますが、プレイレビューを掲載させていただきました。遊んでみた感想はベータテストとという事もあり、修正やメンテナンスも多くバタバタしてはいますが、ゲームとしての完成度は上の「しんけん」よりは上手くできていると思います。

ただグラフィックと言うかキャラクターの色塗りなどは「テスト期間だから?」というような疑問が残るくらいになっているので正式サービスに向けて改善してくれるとユーザーの満足度も上がるかなと思います。肝となる戦闘システムもプレイヤーができる事は少ないですが、難易度も今のところ高めに設定されていますし、もう少し陣形が増えて敵や状況に合わせて変更できるような敵が現れればかなり面白くなりそうな気はします。

まだまだこれからの部分はあるゲームではありますが、とりあえずキャラクターの好みさえクリアできれば、しばらくは楽しめそうなので私も引き続きベータテストに参加させていただき正式サービス後になってしまうかも知れまえんが、もう少し詳しいレビューの方も作成させていただければと思います。

レビュー記事はコチラ
神刻(とき)の娘のオープンベータがスタートしたので最速レビュー!
神刻(とき)の娘の魅力となる戦闘やシステムなどについて詳しくレビュー!

神刻(とき)の娘が遊べるPC

こちらは推奨環境が公式にて発表されています。といってもブラウザゲームタイプなので特にどのPCでも遊べますよと言うような内容のものになっています。

【OS】
•Windows 8
•Windows 7
•Windows Vista

【ウェブブラウザ】
•Internet Exploler 9以上
•Google Chrome
•Mozilla Firefox

※上記推奨環境は変更になる場合があります。予めご了承ください。
※ゲーム初回起動時にUnity Web Playerのインストールが必要です。

上記を確認していただくとお分かりかと思いますが、「今から新しく購入するパソコンならほぼ遊べますよ!」と言った内容のです。上記でお話させていただいたHP Pavilion x2やHP15-g000ももちろん大丈夫です。ここではさらに安いHP Stream 11-d000を提案します。画面こそ11.6インチと小さめではありますが、その分持ち運びにはバッテリー駆動時間や重さだけでなくサイズの面からも有利です。お値段も¥25,800(税抜)とかなり頑張っていると思います。

「少し画面が小さいな・・・」と言う方は兄弟機のHP Stream 14-z000ならディスプレイの大きさも14インチですし、お値段も税抜き3万円台から購入できますし、BeatsAudio搭載なので独自のチューニングが施されたデジタル・シグナル・プロセッシングを採用し、デジタル音源を圧縮する際に失われた音質を回復し、迫力の重低音とクリアな高音域を実現しています。今回の神刻(とき)の娘はBGMや声優陣も豪華とのことなので、より良いサウンドで楽しみたい方には特にオススメとなっています。

関連記事
HPの新製品 「HP Stream 11-d000 」11.6インチ1.26キロと持ち運びに抜群!2万円台から!
HPの新製品HP Stream 14-z000が3万円台からクラウド併用で快適に!

まとめ&コメント!

「しんけん」は1月14日から,神刻(とき)の娘は1月15日から、それぞれベータテストがスタートなります。引継ぎの有無は発表されていませんが、「しんけん」に関してはOBT開催中に刀匠の皆様からお寄せ頂いた不具合報告や様々なご意見、ご提案等は漏れ無く開発チームにて情報共有し、正式リリースおよびそれに続くコンスタントなアップデートの礎とさせて頂きます。と記載されているのでもしかしたら引継ぎナシでオープンベータ終了後すぐにではなく、しばらくしてから正式サービスかもしれないですね。事前登録はオープンベータ中もしているそうなので今からでも全然間に合います。

個人的な意見なのですが、どちらの作品もブラウザゲームと言うことでオープンベータ中はそれほどでもないかもしれませんが、避けて通れないのがガチャシステムだと思います。おそらくどちらのタイトルでも採用されていると思いますが、「艦隊これくしょん」や「バニッシュメント・デイ」のような良心的なものを期待します。モンハンメゼポルタは楽しいのかもしれませんが、1回500円のガチャは私にはハードルが高すぎますよ(汗)

関連記事
バニッシュメント・デイ「開発・スカウト」レシピや戦闘システムについてレビュー
モンスターハンター メゼポルタ開拓記が無課金で遊べるかどうかを考察!