3月9日更新
HP Directplus -HP公式オンラインストア-にて販売されておりますHP Spectre 13icon世界最薄のモバイルPCを自宅にて使用させていただきましたので、感想や評価を含めたレビューを掲載させていただければと思います。ダークグレーとブロンズゴールドのカラーがとってもオシャレでカッコいいだけでなくプレミアムブランドSPECTRE (スペクトル)に相応しいモバイルに感じました。

HP Spectre 13-v000斜めから

HP Spectre 13-v007TUについて!

この機種の主な特徴としては、13.3インチディスプレイのモバイルPCにラグジュアリーという選択肢。もう少し具体的にお話しさせていただきますと、HPの最上位のプレミアムブランド“ SPECTRE ”(スペクトル)に相応しく贅沢や豪華なモバイルとなっています。

カバンにスッと入って、サッと取り出せる薄型設計の世界最薄のモバイルPCで最薄部は驚きの10.4ミリです。重さも1.1キロと持ち運びに便利な重量です。それだけでなく優れたモバイル性,さらには快適なパフォーマンスを約束する高い性能を持った機種まさにプレミアムな機種です。

前回のレビューで不足しがちな部分を厚くフォロー!!

HP Spectre 13 斜めから

この機種に関しては以前展示会レビューと言う形ではありますが、レビューを書かせていただいております。当サイトとしては、かなり長めの記事ではあったのですが、展示会と言う性質上どうしてもお伝えできない部分があります。外観の写真だったり梱包の方法など前回お伝えしきれなかった部分や使いってみて初めて分かったことなど、フォローさせていただければと思います。

前回の記事
HP Spectre 13-v006TU世界最薄のモバイルPCレビュー[体験・感想]

まずは梱包をチェック!

DSC_1567

当サイトの自宅レビューと言えば梱包からスタートするのが恒例になりました。特に興味が無いという人もいらっしゃるかと思いますが、HP Directplus -HP公式オンラインストア-で購入すると基本的に3000円掛かるわけですから、しっかりと梱包されているのか?などチェックしましょう。

ダンボールを開けてみると、いつもとは違い大きな黒い箱が見えるだけでした。HPの通常の梱包方法はノートパソコンの本体をグレーの発泡スチロールで挟んでいます。梱包から既にプレミアム使用なのはワクワクしますよね。スペクトルブランドの前機種であるHP Spectre 13-4100と非常に似てる梱包方法ですね。こちらの機種もまだ販売していて売り上げも好調のようです。

参考記事
HP Spectre 13-4100 x360レビュー[圧倒的人気]全てがプレミアムな13.3インチノートPC!

DSC_1569

前機種は箱のロゴはHPでしたが、今回は“ SPECTRE ”(スペクトル)と書かれています。

DSC_1571

箱を開けてみるとPCの本体が顔を出しました。専用の箱でピッタリと収納されているので、移動中も本体が激しく動くといった心配はなさそうです。

パソコン初めての方もクイックセットアップで簡単に始めれます!

DSC_1574

本体を取り出すと下にはパソコンにあまり慣れてない人でもすぐに使えるようにクイックセットアップが書かれている紙が入っていました。

DSC_1575

windows10のスタートメニューやタッチパッドを使った拡大や縮小などの指の動きも記載されていました。

箱の中にアダプターなどを収納できるので後片付けも簡単!

DSC_1577

本体を取り出した後箱の中を更に開けてみると蓋が開くようになっていて、そのなかにアダプターなどのコード類やwindows10対応の速攻HPパソコンナビなどがまとめて収納されていました。意見は分かれると思いますが、私は購入時からしばらくは毎回箱にキチント入れて収納したいタイプなので、上記のように片付け易い作りになっているのは時間の短縮にもなりますし嬉しいです。

アダプターやコード類について!

DSC_1579

アダプターやコードなどは購入前は全く気にならない個所といっても過言ではないのですが、いざ購入してみると「場所を取られた」という事も少なくないですし、持ち運ぶときに予想以上にかさばったり、という事も少なくありません。正方形タイプのアダプターなのでバックの中でも比較的場所を取らないので、持ち運ぶ際にも一緒にもって行き易いかと思います。

外観について!

DSC_1588

外観についても画像を参考にお話しさせていただければと思います。個人的にはこの機種の最大の魅力はカッコ良い外観だと思います。プレミアム,ゴージャスというだけでないところも伝わると幸いです。ポート類やキーボードについても、一緒にお話しできればと思います。

ポート類もチェック!!

DSC_1595

この機種は日本HPの製品としては珍しくポート類が左右ではなく背面にあります。特徴の一つである世界最薄のモバイルPCを実現するために「ポート類を背面にしたのでは?」と個人的には思っているのですが、背面ににあると覗きながら或いはノートパソコンの向きを変えてから差し込む必要が出てくるので、残念ながらこの点に関してはマイナスポイントかと思います。

DSC_1596

左からUSB Type-C™ 3.1×1,USB Type-C™ 3.1 Thunderbolt™ 3 ×2になります。

DSC_1597

ヘッドフォン出力 / マイク入力コンボポートになります。ポート類に関しては以上になるので、必要最低限という感じかもしれません。意見は分かれると思いますが、ポート類は思った以上に使わないという人も少なくないので、十分という人も多いと思います。すべての端子で「電源OFF給電 / データ転送 / PC本体の充電 / 映像出力」に対応するなど、多機能なUSB Type-C™ 3.1を3つ搭載。

DSC_1630

ポート類がとても足りないという方は別売りではありますが、上記のUSB Type-C 変換トラベルドックを使うという手もあります。VGA、HDMI、RJ45、USB×2 搭載で、複数の変換ケーブルを持ち運ぶ必要がなく様々な周辺機器へ接続することができます。

キーボード&タッチパッドについて!

DSC_1590

キーボードに関しては前回の展示会レビューではあまりお伝えできなかったので、サラッとではありますがお話しさせていただければと思います。販売サイトで確認したところキーピッチ:約18.7×18.4mm、キーストローク:約1.3mm、JIS標準準拠・OADG準拠配列[84キー]と記載されていました。

DSC_1593

左上部を拡大しました。電源ボタンは左上になります。スピーカーは左右についています。写真はありませんが、飛行機や薄暗い場所での視認性を確保するデザイン性にも優れたバックライト付キーボードになっています。暗い場所で使う機会は少ないと思いますが、とってもカッコよかったです。

DSC_1594

普段はあまり注目されないであろう高級家具からインスピレーションを得て、新設計された “ ヒンジ ”。筐体の外側からヒンジが見えない、すっきりとした印象で、プレミアムブランドに相応しい作りになっているそうですよ。

DSC_1591

私はマウス派なのであまり使う機会はないのですが、本機は1.11キロと重量も軽いですし持ち運ばれる方もいらっしゃると思います。マウスやバッテリーなどまで持っていくと、せっかくの軽さも意味がなくなってしまいそうですし、意外とかさ張るので持ち運ぶ人は使う機会が多いかもしれません。カーソル操作などはスムーズでした。物理ボタンはついていませんでした。

スペック詳細と価格について!

OS Windows 10 Home (64bit)
CPU インテル® Core™ i7-7500U プロセッサー
(2.70GHz-3.50GHz, インテル® スマート・キャッシュ 4MB / インテル®ターボ・ブースト・テクノロジー2.0)
カラー ダークグレー / ブロンズゴールド
メモリ 8GB オンボード (1866MHz,LPDDR3 SDRAM)
ディスプレイ 13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・ディスプレイ (1920×1080/最大1677万色、IPS方式、Gorilla® ガラス 4)
グラフィックス インテル® HDグラフィックス 520 (プロセッサーに内蔵)
ストレージ 512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
無線機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2
サイズ 約325×229×10.4(最薄部) - 11.2(最厚部)mm
インターフェイス USB Type-C™ 3.1 ×3 / 電源オフUSBチャージ機能対応 (うち2つはThunderbolt™ 3 対応)、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
オーディオ Bang & Olufsen デュアルスピーカー、内蔵デュアルマイク
質量 約1.11kg
バッテリー駆動時間 約 9 時間
セキュリティーソフト マカフィー® リブセーフ (1年版)
主な添付品 専用ケース、専用クロス、USB Type-C™ to USB A変換アダプター、速効!HPパソコンナビ特別版、ACアダプター、電源コード、保証書等
保証 1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート(1年間)
価格 159,800円(税抜き)
価格および構成は3月9日現在
マウスやクラッチバックのセットやオフィス半額キャンペーンなども現在実施中
HP公式オンラインストアでもっと詳しくHP Spectre 13iconシリーズを見てみる!
スペック詳細を見てのコメント!

同シリーズの型番違いのHP Spectre 13-v006TUと異なる点はCPUがインテル® Core™ i7-6500Uである事とストレージの容量が512GB SSDに増えています。Spectreブランドは高級志向というかプレミアムブランドといっても過言ではないので、お値段よりもスペック重視の方も少なくないと思います。

ストレージに関しては256GBですと写真はともかく動画なども保存したいと考えている人ですと少し物足りなく感じると思うので、やはり512GBが安心かと思います。お値段はv006TUと比べて2万円ほど高くなりますから、CPUとストレージに価値を見出せるかが焦点となりそうです。

参考記事
HP Spectre 13-v006TU世界最薄のモバイルPCレビュー[体験・感想]

純正アクセサリーまでがオシャレ!

DSC_1623

レザークラッチバッグに関しては前回も少しお話しさせていただきました。ブランドの世界観を体現するシンプル & エレガントなアイテムに仕上がっているという事です。もともとHP Spectre 13-v007TUにも専用ケースが付いています。どちらもそれだけを持って移動するとは考えにくいので、あえて購入する必要は個人的には「ないかな~」と思っています。

DSC_1627

言い方は少し悪いかもしれませんが、有料というだけあって作りもいいですし、何よりノートPCととってもマッチしていますよね。ビジネスカバンにも基本的には収納できると思いますので、そこから出てくるとなると付属の物よりもレザークラッチバッグの方が豪華に見えますね。

HP Z5000 Bluetooth マウス

HP Z5000 Bluetooth マウスになります。こちらもワイヤレスのマウスをすでに所持しているなら、機能的には必要ないですが、持ち運びに適した、スリム & スタイリッシュデザインのワイヤレスマウス確かにかっこいいです。

DSC_1582

裏もゴールドでゴージャスな感じがしてカッコいいですし、ダークグレーとブロンズゴールドを基調とした本機との見た感じ相性も抜群かと思います。

まとめ&販売サイトにつきまして!

dsc_1606

HP Directplus -HP公式オンラインストア-にて販売されておりますHP Spectre 13-v007TU世界最薄のモバイルPCを自宅にて使用させていただきましたので、感想や評価を含めたレビューをさせていただきました。ノートパソコンだと犠牲になりがちなデザインもゴージャスというかワンランク上の製品のような感じがしますし、ラグジュアリーだけでなくスペックもなかなかでした。

今回お話させていただいた、「HP Spectre 13-v007TU」はHP Directplus -HP公式オンラインストア-にて購入する事が出来ます。日本HPの機種はお届けから8日以内であれば返品が可能(一部対象外の製品もあります)1年間引き取り修理サービスもありますので、安心してお買い物をして使い倒す事が出来ると思います。お時間のある方は関連記事も読んでいいただけると幸いです。

HP Directplus -HP公式オンラインストアはコチラからHP Spectre 13icon詳細へ

関連記事
デザイン重視なら日本HPのPremium mobile PC Collectionが圧倒的すぎる!
究極モバイルを目指し作られたHP Spectre 13 x360 Limited Edition展示会レビュー!