マウスコンピューターから発売されていますNEXTGEAR-NOTE i71000GA1iconを自宅にて使わさせていただいたので感想なども含めてレビューしたいと思います。今回はベンチマークに特化した記事になります。ネットゲームを遊びたいユーザーが一番気になる点だと思いますので、ノートPCにデスクトップむけのCPUとGPUを詰め込んだGTX980の性能を数値でご覧いただければと思います。

DSC_0038

NEXTGEAR-NOTE i71000 シリーズとは!

詳しいレビューも今回で2回目と言う事で特徴や外観などは前回のレビューをご確認いただければと思いますので、ここではサラっとだけお話させていただきますね。この機種の一番の特徴は前述させていただいておりますが、ノートパソコンなのにデスクトップに主に搭載されているCPU(インテル® Core™ i7-6700K )とグラフィックボード(GeForce® GTX™ 980)を搭載したゲーミングノートパソコンになります。

ノートパソコンとデスクトップは一長一短です。持ち運びが出来て片付けれるノートパソコンは便利だけど性能(スペック)でどうしてもデスクトップに劣りますし、デスクトップは大きくてゴツイ物が多いのでお部屋のスペースを占領するだけでなく見栄えもあまりよくない機種が多いです。

ですが今回のNEXTGEAR-NOTE i71000 シリーズであれば両方の良いところを上手くチョイスできていると思います。スペックも素晴らしいですし、ノートパソコンだから必要ない時は机の引き出しなどにも収納できたりと便利でデメリットがあまり無いと思います。唯一スペックが高い故にお値段が高くなってしまっているので予算のある人向けの機種というところですね。

関連記事
ノートPCにデスクトップむけのCPUとGPUを詰め込んだNEXTGEAR-NOTE i71000 シリーズ[レビュー]

スペック詳細と価格について!

OS Windows 8.1 Update 64ビット
CPU インテル® Core™ i7-6700K プロセッサー
(4コア/4.00GHz/TB時最大4.20GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックス GeForce® GTX™ 980(8GB)
メモリ 32GB PC4-17000 (8GB×4/デュアルチャネル)
SSD 512GB Samsung SM951 シリーズ M.2規格
ハードディスク 1TB SerialATAII 5400rpm
チップセット インテル® Z170 Express
オプティカル なし
液晶パネル 17.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ IPS/ LEDバックライト)
無線 IEEE 802.11 b/g/n ・ Bluetooth® V4.0 + LE 準拠モジュール
寸法 418×295.3×40.9 (折り畳み時)
質量 約3.9 kg
バッテリー駆動 約2時間
保証 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
価格 339,800 (税別)構成,価格は4月5日現在
マウスコンピューターでもっと詳しくNEXTGEAR-NOTE i71000GA1iconを見てみる!

ベンチスコアについて!

NEXTGEAR-NOTE i71000GA1正面

ベンチマークスコアは参考であって非常に快適で遊べるなどの数値が出ても絶対ではありません。快適に遊べる評価でもPTプレイや街の中など人の多いところやエフェクトが多く飛び交う場面など負荷がかかりやすい場所や状況ではギリギリのスコアでは動作が重くなる事もあります。

当サイトではそうした状況も加味してコメントさせていただいております。管理人ユウが実際にプレイしてみた感想なども多く含まれますので、家電量販店などで購入した人が店員さんの言葉を信じて購入したのに遊べなかった・・・というようなクレームになりそうなことはまず無いと思います。家電量販店で購入される方はヨドバシが店員のレベルが高めだと思うので参考にしてください。

FF14のベンチマークスコアについて!

bandicam 2015-07-26 09-15-58-195

何だかんだで一番有名なネットゲームのタイトルと言う事もありますし、掲載しているサイトも多いのでスペックや性能を見る際に基準にしている人の多いFF14のベンチマークスコアを計測しました。この機種だとデスクで測定するか迷ったのですが、ノート高品質と最高品質で測定しました。

解像度はもちろん1920×1080,よりきれいなDirectx 11を選択しましたのでDirectx9よりも一回りスコアは落ちます。FF14はPS4でも遊べますから中途半端な描写で遊ぶならPS4を購入した方がコスパも良いと思いますので、購入する際はその辺りも考慮していただければと思います。

FF14 ベンチ 高品質ノート

まずはノート高品質でのスコアになります。16865と言う結果になりました。このベンチは7000以上で非常に快適に遊べると運営サイドが発表していますので信用できるかと思います。倍以上のスコアが出ているのでこの品質であれば、スペックが原因で重く感じる場面も限りなく少ないともいます。

FF14 ベンチ最高品質

次に最高品質でのスコアになります。12531になりました。これだけのスコアが出ていれば最高品質でのプレイも問題ないと思います。GTX980を搭載している機種なので当然と言えば当然ですね。FF14の場合は7000以上で問題ナシとされていますが、PTプレイの時などギリギリだと厳しい話もあるようなので10000程度を基準に考えていただければと思います。

GTX960ですと最高品質で7000前後なので最高品質で遊びたい方はGTX970は欲しいですね。それ以下ですとPS4を視野に入れても良いと思いますので、参考にしていただければと思います。

ファンタシースターオンライン2(PSO2)のベンチマークスコア

PSO2 ベンチSS

お次はファンタシースターオンライン2(PSO2)を測定しました。昨年までの人気も上々でしたが、今年はアニメが放送された事によりゲームをする以外の人にも魅力を伝えれたと思いますし、4月20日からはPS4での正式サービスもスタートしました。スタートダッシュキャンペーンやエピソード4などゲームが盛り上がりそうな要因が随所にあるので、ますます目が離せません。

PSO2 標準品質

テクスチャー解像度標準にてベンチマークしたところ72361と言う結果になりました。ベンチマークソフトもエピソード4に合わせて新しくなったようですので、以前と少しスコアが変わっている可能性がありますのでご理解いただければと思います。元々推奨環境がそれほど高いゲームではないですし、本機はGTX980搭載していますからスコアも凄いですね。

PSO2 最高品質

次にテクスター解像度を高解像度(最高品質)にて測定したところ41484になりました。5000以上で快適に動くと言うのが一般的な見解と言われているので高解像度でも全く問題ないですね。PTプレイなど負荷の多く掛かる場面でもスペックが原因でで重くなる事は無いと思います。

PSO2もPS4でプレイできるようになったので最高品質で遊べないならPS4で遊んだ方がコスパがいいです。最高品質ならグラフィックスも当然PCの方がきれいですし、そして動きも滑らかだと思いますので、予算に合わせてどの機種を購入するのか決める時期になってきたのかもしれません。

ドラゴンズドグマのベンチマークスコアについて!

サイクロプス

次に2015年に最大の話題作となりましたドラゴンズドグマオンラインの数値を測定しました。こちらのタイトルもPS4で遊ぶ事ができます。2016年にリリースされたタイトルで話題性や人気のあるのは今のところLeague of Legends(LOL)くらいしか個人的には思い浮かびませんし、LOLも「完全新作か?」といわれると疑問が残るので、DDONが今年も話題作となってしまうかもですね。

DDON 標準品質

まずは通常品質(1920×1080)でのスコアは13442と言う結果になりました。7000以上は非常に快適に遊べると言われています。アクション制の強いゲームなのでキャラクターの動きなどが重くなると致命的ですが、これだけのスコアが出ているならまず問題ないでしょう。

DDON 最高品質

次に最高品質にて測定しました。結果は12892と言う結果になりました。思ったほど通常品質とスコア差が無いのに若干驚きましたが、最高品質でのプレイもヌルヌル,サクサク問題ないと思います。PS4でも遊べますのでPCで遊ぶなら最高品質1択ですね。

私は両方プレイさせて頂きましたが、当然PCの画面の方がきれいです。ゲームパッドがあった方が楽な職業も多いのでパソコンで遊ぶ際にも用意しておくと便利かと思います。

ドラクエ10のスコアについて!

ドラクエ10 標準品質

最後にドラゴンクエスト10もベンチマークを実施しました。推奨スペックも高くはないので当然高いスコアが出ることは予想できるので測定する必要はそれほどないのかもしれませんが、知名度を考えればFF14に勝るとも劣らないタイトルであることには違いないと思いますので測定しました。

まずは標準品質(1920×1080)で測定したところ20908というスコアになりました。はぐれメタルも表示されていますし、コメントでも凄く快適に動作すると記載されています。高いスコアが出ることは予想していましたが20000超えとは驚きです。

ドラクエ10 最高品質

次に最高品質にて測定したところ20736と言う結果になりました。やはりドラクエのベンチマークは標準と最高品質との差が少ないですね。こちらも「はぐれメタル」が表示されていますので、最高品質でも問題なく快適に遊べるスペックです。

推奨環境が高くないタイトルですから最高品質で遊べるのは当然と言えば当然ですね。will Uでも遊べるタイトルですからプレイするなら最高品質にてお楽しみいただければと思います。ただこの機種を使ってドラクエを遊ぶのは少しもったいない気もしますね。ドラクエならここまでのハイスペック機種は必要ないです。GTX960Mくらいでも十分だと思います。

参考記事
GTX970M搭載NEXTGEAR-NOTE i5710 シリーズ 自宅レビュー ベンチマーク編

まとめ&販売サイトにつきまして!

DSC_0041

マウスコンピューターから発売されていますNEXTGEAR-NOTE i71000GA1を自宅にて使わさせていただいたのでベンチマーク数値を中心にお話しさせていただきました。デスクトップ向けのGPUであるGTX980を搭載しているだけあってスコアも良好ですし、現在遊ぶ事のできる数多くのタイトルで最高品質にて楽しむ事が出来ますし、ノートパソコンなので片付けれたりと結構便利です。

今回お話させていただいたNEXTGEAR-NOTE i71000GA1はマウスコンピューターにて販売しています。ここのメーカーの個人的に一番良いと思うところは24時間365日いつでも電話でサポートしてくれると言う事です。何か起こった時に電話してすぐ分からない事が聞けるこれってかなり重要だと思います。他の機種をもっと詳しく見てみたいと言う方は下記関連記事も読んでいただけると幸いです。

マウスコンピューターの販売サイトはコチラから⇒NEXTGEAR-NOTE i71000GA1icon詳細へ

関連記事
「裏・顔TV!」モデルがリニューアル!NEXTGEAR-MICRO im570SA2-TVを筆頭に圧倒的コスパ!
LITTLEGEAR i310SA1-KZなどマウスのプロゲーマモデルが熱い!