マウスコンピューターから発売されていますNEXTGEAR-NOTE i71000GA1iconを自宅にて使用させていただいたので感想などを含めてレビューさせていただければと思います。ノートパソコンにデスクトップ向けのCPUとグラボを搭載した興味深いゲーミングノートパソコンとなっています。

NEXTGEAR-NOTE i71000GA1正面

NEXTGEAR-NOTE i71000シリーズについて!

ザックリとお話させていただきますと冒頭でも少しお話させていただきましたが、ノートパソコンなのにデスクトップに主に搭載されているCPU(インテル® Core™ i7-6700K )とグラフィックボード(GeForce® GTX™ 980)を搭載したゲーミングノートパソコンになります。

ノートパソコンだと今までどうしてもパワーと言うかスペックが不足がちではありましたが、この機種であればデスクトップに決して劣らない性能なのでネットゲームを遊ぶ際にスペックゆえに我慢してプレイしていた設定や解像度などもこの機種であれば妥協することなく遊ぶ事ができます。

ノートPCなので場所は取らないですし、使わない時は片付ける事が出来たりと、デスクトップに比べて利便性は高いですが、お値段は少し高めなので「コストパフォーマンスを優先させるのか?」「お部屋のスペースを優先させるのか?」など使う人によりオススメが違ってくると思います。

まずは梱包をチェック!

DSC_0003

当サイトの自宅レビューと言えば梱包からスタートするのが恒例になりました。特に興味が無いという人もいらっしゃるかと思いますが、マウスさんで購入すると送料が基本的に3000円掛かりますので、しっかりと梱包されているのか?などチェックしておきたいところです。

DSC_0004

本体がノートパソコンとしては厚みや重みがあるので箱自体はやや大きめでしたが、箱から本体を出してみると、しっかりと発砲スチロールで挟んで本体が動かないようになっているので、宅配などの長距離移動でも心配なさそうです。

本体と一緒の同梱物について!

DSC_0050

ノートパソコンなので同梱物はそれほど多くはないんですけど、アダプターがかなり大きかったです。やはりデスクトップのCPUとGPUを動かすにはそれなりの物が必要という事かもしれませんね。後最近のノートパソコンとしては珍しくバッテリーが内蔵型でなくはめ込むタイプの物でした。

DSC_0019

バッテリーは下の画像を見ていただくと分かり易いと思いますが、ノートPCの本体と底面と言うか裏側にはめ込んで使います。バッテリーまで含めるとかなりの重さになってしまうので、持ち運ぶのはお部屋間の移動だけとなりそうです。持ち運ぶと言うよりは片付けれるPCの方がイメージとして近いかもしれません。

DSC_0006

外観について!

DSC_0030

外観については販売サイトにも綺麗な画像がありますが、それだけではポート類などを含めて細かいところまで確認できない部分もありますので、「載っていない部分を補う」という意味合いもこめて購入をお考えの方の参考になれば幸いです。

左右の外観,ポート類をチェック!

DSC_0015

左側面になります。ネットワーク(LAN)端子,USB3.0端子×2,USB3.1端子/Thunderbolt3端子,マルチカードリーダー,USB3.0/esata端子(常時給電可能)になります。

DSC_0012

右側面になります。USB3.0端子,S/PDIF(オプティカル)端子,ヘッドフォン出力(ミニジャック メス/ 右側面×1)、マイク入力(ミニジャック メス/ 右側面×1)、ラインイン(ミニジャック メス/ 右側面×1),ケンジントンロックになります。共有の物も含めるとノートパソコンなのにUSB端子が4つもあるのは嬉しいですね。

ネットゲームを遊ぶ際にはマウス以外にもゲームパッドなどを使う人も少なくないですし、USB端子は多くあっても困る事はないのでありがたいです。

DSC_0010

背面になります。最近のノートPCとしては珍しく背面にも端子があります。電源端子も背面になります。背面は覗き込まないと差し込みづらいので、個人的には左にある方が好きです。この機種の特徴としてHDMI 2.0×1、DisplayPort 1.2×2 もの外部ディスプレイ出力を装備することにより、内蔵ディスプレイも含め合計で4画面に同時出力する事が可能です。

外部ディスプレイ出力のすべてが 4K解像度に対応しているので高性能なCPUとグラフィックスプロセッサーの処理能力と合わせて、マルチタスクに最適な環境を実現する事が可能です。ネットゲームユーザーであれば片方でゲームをしてもう一方で攻略記事を見たり,さらにチャットを楽しんだりと言う事も可能。

キーボードとタッチパッドについてもチェック!

キーボード 全体

キーボードになります。販売サイトのデータでは日本語バックライトキーボード (107キー/ ピッチ約19mm/ ストローク約2mm)と記載されています。本体が17.3インチというだけあってキーピッチも窮屈ではないですし、ストロークも2mmあるので押したときの感触というか打鍵感も良いです。

右部分 キーボード

右側を拡大しました。17.3インチの大きめのディスプレイだからこそテンキーも無理なく配置できています。最近のネットゲームではテンキーを多様する事は少ないですが、ノートパソコンは完全にゲームだけの為に購入というひともいれば、安い買い物でもないので「お仕事や作業にも使いたい」と言う人も少なく無いと思います。エクセルを使っての作業など活躍の場は多そうです。

左拡大

右側に比べるとあまり需要が無い左部分も拡大してみました。スタンダードなノートPCとの違いはWASDをフチ取りの処理で分かり易くしてあります。これはオンラインゲームでキャラクターを移動する際に主に必要となりますのでゲームやキーボードに慣れるまで視覚で見つけ易くなってるのは良いですよね。

タッチパッド

タッチパッドになります。クリックボタンがあるのでタッチパッドとしては使い易いですが、ネットゲームを遊ぶのであればマウスは必須ですのであまり使う機会はないかもしれません。従来までのクリックボタンは、押すとカチカチ音がでるタイプでしたが、本モデルはキーボードの構造と同一の物を利用することにより、押下感を大幅に改良してあったりしてるだけに惜しいですね。

スペック詳細と価格について!

OS Windows 8.1 Update 64ビット
CPU インテル® Core™ i7-6700K プロセッサー
(4コア/4.00GHz/TB時最大4.20GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックス GeForce® GTX™ 980(8GB)
メモリ 32GB PC4-17000 (8GB×4/デュアルチャネル)
SSD 512GB Samsung SM951 シリーズ M.2規格
ハードディスク 1TB SerialATAII 5400rpm
チップセット インテル® Z170 Express
オプティカル なし
液晶パネル 17.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ IPS/ LEDバックライト)
無線 IEEE 802.11 b/g/n ・ Bluetooth® V4.0 + LE 準拠モジュール
寸法 418×295.3×40.9 (折り畳み時)
質量 約3.9 kg
バッテリー駆動 約2時間
保証 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
価格 339,800 (税別)構成,価格は4月5日現在
マウスコンピューターでもっと詳しくNEXTGEAR-NOTE i71000GA1iconを見てみる!
スペック詳細を見てのコメント!

今回は冒頭よりお話しさせていただいていますが、ノートパソコンなのにデスクトップ向けのCPUとGPUを搭載しています。しかもCPUはインテル® Core™ i7-6700K,グラフィックスはGeForce® GTX™ 980と最高峰です。優秀なのはそれだけでなくSSDも512GB,メモリも32GBとなっています。

これだけのスペックなので仕方がないのですが、お値段は税抜きで339800円となっています。デスクトップパソコンでこのスペックと同程度の物でもそれなりの金額はしてしまいますから、行き着くところは「片付けたいか?」というところが重要になってきそうです。

追記 ベンチマーク編の記事を作成しました!

PSO2 ベンチSS

ご報告が遅れてしまい大変申し訳ありません。NEXTGEAR-NOTE i71000 シリーズをしようしたベンチマークの記事が完成いたしました。ノートパソコンなのにもかかわらず、デスクトップ向けのGPUであるGTX980を搭載している機種という事でベンチマークが気になっている方も多いと思います。

FF14やドラゴンズドグマ,ファンタシースターオンラインなど通常品質と最高品質にて測定しています。単純にスコアを見ていただいたり他機種との比較をしていただいたり、していただけますと嬉しいです。GTX980搭載機種にふさわしい結果となっていますので、購入の参考にしていただければと思います。

参考記事
NEXTGEAR-NOTE i71000 シリーズ 自宅レビュー ベンチマーク編!

まとめ&販売サイトにつきまして!

DSC_0038

マウスコンピューターから発売されていますノートパソコンにデスクトップ向けのCPUとグラボを搭載したNEXTGEAR-NOTE i71000GA1を自宅で使用させていただきましたので感想などを含めましてレビューさせていただきました。お値段はそれなりに掛かってしまいますが、今までノートPCでは不足しがちだったパワー不足がこの機種ならデスクトップと同じように使う事が出来るのは大きいですね。

細かいベンチマーク数値などについては、データが集まりましたら追記もしくは新しく記事を作成させていただき載せたいと思いますので、もう少しお時間をいただければと思います。新しく記事を作成する場合でもこちらの方でも報告させていただきますのでご理解いただければと思います。

*5月12日追記
記事を書いてみたところ、かなりボリュームがありましたので新しく記事を作成しました。ベンチマークに興味のある方は下記記事よりお読みいただければと思います。

参考記事
NEXTGEAR-NOTE i71000 シリーズ 自宅レビュー ベンチマーク編!

今回お話させていただいたNEXTGEAR-NOTE i71000GA1はマウスコンピューターにて販売しています。ここのメーカーの個人的に一番良いと思うところは24時間365日いつでも電話でサポートしてくれると言う事です。何か起こった時に電話してすぐ分からない事が聞けるこれってかなり重要だと思います。他の機種をもっと詳しく見てみたいと言う方は下記関連記事も読んでいただけると幸いです。

マウスコンピューターの販売サイトはコチラから⇒NEXTGEAR-NOTE i71000GA1icon詳細へ

追記 オータムセールで1万円オフ!

dsc_0041

オータムセールによりNEXTGEAR-NOTE i71000シリーズが1万円オフにて購入することが出来ます。型番は変わってしまいますが、スペックのそれほど変わらないNEXTGEAR-NOTE i71000BA2だと1万円オフですが、NEXTGEAR-NOTE i71000SA2であれば3万円オフになります。

しかしながら割引後の値段やスペック構成そしてバランスなどを見ると前者の方が需要がありそうな気がしました。後者が悪いというわけではないので、見比べていただいて予算なども加味して決定していただけると幸いです。

個人的にはメモリやストレージの容量は落ちますが、当時のNEXTGEAR-NOTE i71000GA1のお値段と比べると7万円も違うNEXTGEAR-NOTE i71000BA2がオススメです。ノートだとデスクトップよりもどうしても金額が高くなってしまう中ハイエンド機種にも拘らず上手くお値段を抑えれていると思います。遊び終わった後は片付けれるのも魅力ですね。

参考記事
[NEXTGEAR-NOTE i71000BA2]ゲーマー応援オータムセールで1万円オフ!

関連記事
LOLで活動してるゲーミングチーム『Rampage』お薦めプロゲーマーモデルが熱い!
ベンチスコアを参考にMB-W811X-SHのプレイできるネットゲームをレビュー!