先日リンクシェアが主催するパソコンフェアに出席させていただき、その際にマウスコンピューターのブースにて日ごろ疑問に思っていたG-TUNE推奨パソコンの中でも人気が高いファイナルファンタジー14について質問してきました。

今年1番人気と言われているMMORPGファイナルファンタジー14新生エオルゼアサービス開始当時は人気がありすぎるためにログインが出来るだけでもラッキーだったほどです。発売前からもFFシリーズの最新作と言う事で期待も高くFF14推奨パソコンを発売しているメーカーも数多くあります。

私が推奨PCを購入する時に考えている事は「なるべく値段が安いものが良い、もし安いものでないならコストパフォーマンスが良いものがいい。」購入を考えている人なら誰でも思うことではないかと思います。ネットゲームの推奨スペックというのは現時点での必要スペックなので今後サービスを続けるにあたり必要スペックが上がるので推奨ギリギリのものを買うのは好ましくない。つまり値段が安いものは結構危ないと言う事です。

となるとコストパーフォーマンスが良いというかそこそこの値段で安心して遊べそうなスペックのPCを購入したいと思いますよね。しかし推奨PCを比べてみてもA社のはCPUが一番高いけどB社はGPUが一番高いなどと言う風に結局どれがコストパフォーマンスがよいか素人には大変分かりずらいと思います。

幸いFF14にはベンチスコアというものがあってこのスコアにより「快適に遊べる」、「普通に遊べる」など基準になる数値があります。しかしこの数値でさえ載せているメーカーと載せていないメーカーがあります。今回お話をさせていただいたマウスコンピューターのG-TUNEもスコアは載せていないのです。

マウスコンピューターの推奨パソコンとして掲載されているのはNEXTGEAR-MICRO シリーズと呼ばれているものなのですが、CPUやメモリ、HDDの容量などは軽く推奨スペックをクリアしているのですがGPUに関してはギリギリなのです。しかもベンチマークスコアが記入されてないのでゲームをプレイするには支障はないと思いますが、どの程度他者と比べて良いのか?わからないんです。

そこで私はパソコンフェアに出席することを決めてからいくつくらいベンチスコアが出るのかを知りたいと思い質問をしてみようと考えたのです。色々と質問していくうちに様々な事が浮かび上がってきました。

まずスコアを載せれないのは大人の事情であると言う事。FF14を遊べるPCは沢山あるけどスクエアから推奨PCとして載せてよいPCの数も決まっているそうで承認待ちの物もあるとのことでした。NEXTGEAR-MICRO シリーズを例にとって見てもGPUをGTX650ではなくGTX760を搭載されているモデルのものを購入すればより高性能に動くそうです。

今回私が体験してきたデスクトップPCの中で特にオススメなのがNEXTGEAR i630 シリーズです。一番のお気に入りポイントはPCの本体のケースがかっこいいというところ。展示されていたモデルは公式HPで売られているスペックよりもメモリが低い8Gだったのですが、FFのベンチマークテスト最高水準で試したところ10848でした。お値段のほうも今なら冬のボーナスセールで10500円引きされていて149100円で購入する事が出来ます。こちらはメモリが16Gなのでもう少しスコアは出ると思います。

15万円と考えると多少高く感じますがこれくらいのスコアの出るPCを購入しておけば大型アップデートがあった際も快適に長く遊べると思いますので結果的にはオトクな買い物になると思います。モニターも同時に購入を考えている人は液晶テレビの普及などで普段見ているモニターのサイズも大きくなっているので23インチ以上できれば27インチくらいが迫力あってオススメです。

icon
icon