■VRが今後どうなっていくか気になっている人。
■ネットゲームが大好きな方。
■PSVRの購入をお考えの方。

主に上記の方に向けて記事を作成しております。

プレイステーションVR(PSVR)が3月29日より従来の44,980円+税から34,980円+税に大幅値下げされました。これをきっかけにプレイステーション4を使ったVRゲームだけでなく、PCで楽しめるゲームなどVR市場が活性化されていくのかどうか?注目が集まっています!

VRとは!

日本語ではvirtual realityの訳語として「仮想現実」と考えている人が多いそうです。virtualは「名目上は異なるが実質的には同じである」という意味があるです。

私は色々体験させていただいた結果ゲームの中などに自分が入り込んだような錯覚と、その世界を擬似的に体験できる世界と考えています。

PSVRが大幅値下げ!

冒頭でも少しお話させていただきましたが、3月29日より従来の44,980円+税から34,980円+税に大幅値下げされました。金額にして10000円+税安くなるわけですからかなり違ってきますよね。

今まで金額がネックで購入できなかった人は今回の値下げをキッカケにして買う人もいらっしゃると思いますし、話題にもなっているので、しばらくは品薄ということにもなる可能性もありますよね。

そもそもPSVRって品薄で値下げ前から見たことがないんですけど(汗)


この話をネットの掲示板などでも度々見かけるのですが、この話題になると必ずと言っていいほど「し~」っていう人がいるんですよね(笑)常に品薄状態の商品であるならば値下げする必要なんてないと思うのです。

PSVR値下げ後には中古を販売しているお店も増えてきました。転売目的の人が積極的に購入した結果、欲しかった人が買えなくて熱が冷めてしまった可能性もあります。

結局VRの時代はやってくるの?

私個人の意見ですが、厳しいと思います。PS4のスペックの関係で思うような解像度にならない事。ゴーグルをつけると酔う人が少ない事。コードが凄く邪魔な事。細かい理由を挙げれば沢山あります。

ですが一番の理由は遊べるソフトがない事です。バイオ以降魅力的なタイトルが発売されてないように感じます。エースコンバットを待っている人もいるようですが、これが失敗したらさらに厳しい状況になると考えています。

VR自体はゲームではなくパイロットや医療関係などのシュミレーションで活躍しています。ゲームとして流行るには少し難しい状況かもしれません。ワイヤレスでない事も問題なのですが、やはり遊ぶスペースの確保が日本では厳しいと思います。

また仮想現実の中に入り込んで、実際にゲームを体験しているように遊ぶのに、自分の手に持っているのはコントローラーですもん。まだアニメの世界みたいには厳しいのかもしれませんが、もう少し工夫していただけたらなと思います。

参考記事
VIVE(VR)は値下げしたけど買いなの?
DellゲーミングPCイベントVR体験会に参加したのでイベントレビュー!
ネトゲもVRも遊びたい方に予算15万円以上のハイエンドゲーミングPCを集めてみました!

スポンサーリンク