■VRの購入を考えている方。
■ゲーミングPCとセット購入を考えている方。
■VIVEの値下げに興味のある方。

主に上記の方に向けて記事を作成しております。
DSC_4458

VIVE(VR)が税別99,800円から77,880円に値下げになりました。欲しかった人にとって21,920円の値下げはとっても魅力的だと思いますが、迷ってた方や購入を考えてなかった人にとって、「お買い得なのか?」というお話をさせていただければと思います。

VRとは!

DSC_4460

日本語ではvirtual realityの訳語として「仮想現実」と考えている人が多いそうです。virtualは「名目上は異なるが実質的には同じである」という意味があるそうです。

私も体験してみてシックリくるのは仮想現実です。しかも本当に自分がその空間にいるような感覚になりますので、本当にリアルです。バイオハザードなどホラー系が苦手な方はプレイしない方が良いくらいの出来です。

参考記事
DellゲーミングPCイベントVR体験会に参加したのでイベントレビュー!

VIVEの値下げ額は21,920円と凄いけどお得なの?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-11

税別99,800円から税別77,880円に値下げとなったことで21,920円安く購入することが出来るので、欲しかった人には間違いなくお買い得な価格になったと言えます。「VRに興味がある」くらいの人は個人的にはもう少しかなと思います。

まずは数は少ないとはいえPSVRの存在です。価格は税抜きで44,980円とVIVEに限らずPC系のどのVRと比べても圧倒的に安いです。また最近ヒットしているネットゲームはクロスプラットホームで遊べるものが流行る傾向にあると言われています。

htc-vive

その流行っているタイトルほぼすべてでPS4で遊ぶことが出来ます。今後VRもPS4で遊べるゲームを中心に流行る可能性が高いので、VRが今後普及していくかどうかはPSVR次第なところがあると思います。

PSVRは価格が安い分性能も落ちると思います。より奇麗な画面で遊ぼうと思ったらPCを選択するべきだと思います。また入手も非常に困難なため任天堂スイッチ以上にいつ買えるかわからないので、PC系の中だけでなくVRを購入しようと思ったらVIVEが現実的なのかもしれません。

参考記事
HTC Vive kitを使ったVR体験レビュー[ドスパラ]

VRはケーブルの問題を解決しないと厳しい!バックパックで解決?

DSC_4888

上の画像は日本HPの機種になります。日本Hp以外にもドスパラでもバックパック型のPCが発売されてたりします。VR最大の弱点はケーブルだと思います。スペースのある空間でゲームというのもなかなか厳しんですけど、遊んでいてケーブルがとにかく邪魔です。

現在の技術では無線での接続ではラグが凄く難しいので、バックパック型で解決と言う事だと思うんですけど、正直これを購入して家で遊ぶか?と聞かれたら厳しいという人が多いのではないでしょうか?

お部屋のスペースだけはどうしようもないですけど、ケーブルの問題だけは近い将来解決してもらわないと「普及は厳しいかな?」と個人的には考えています。

それでもVRを遊ぶのであればGTX1060搭載機種がやはりオススメ!

DSC_4666

あまり良い意見を書いてこなかったので、オススメ機種を紹介するというのは微妙かもしれませんが、ケーブルの問題はあっても遊んでみたいという人も少なくないと思います。VRの推奨環境はGTX970以上と言われていますが、これでは厳しいです。

逆にGTX1080のようなハイスペックマシンでもゲームによっては「少し遅延するかも」というような意見をネットで見かけます。

それならば普段は快適に動いてお値段もリーズナブルなGTX1060搭載機種を購入しておいて、未来的に新しいグラボが出た際にグラボだけ買い替えるのが一番コスパが良いかなと思いました。

当サイトオススメGTX1060搭載機種
New Inspiron ゲーミング デスクトップ展示会レビュー[感想・評価]
GTX1060搭載LEVEL-R027-i7-RNRメモリ容量とHDD容量を0円アップグレード

参考記事
ネットゲームを遊ぶならGPUはGTX1060がオススメ!