■ゲーミングノートPavilion Gaming 15ついて詳しく知りたい方。
■お手頃価格のゲーミングPCをお探しの方。
■GTX1050Ti搭載の機種の購入をお考えの方。

主に上記の方に向けて記事を作成しております。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-にて販売されておりますPavilion Gaming 15iconを自宅にて使用させていただきましたので、感想や評価も含めてレビューさせていただければと思います。

15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ、グラフィックカードにはGTX1050Tiを搭載したエントリースペックよりのゲーミングノートパソコンです。

幅広くネットゲームを遊びたい方や、長時間のバッテリー駆動なにより10万円以下から購入できるお値段が魅力的です。

Pavilion Gaming 15とは!

Pavilion Gaming 15のサイズは約 365×257×26-29(最厚部)mmの15型のゲーミングノートパソコンになります。スペックは用途に合わせて選択できるようにスタンダード、パフォーマンス、ハイパフォーマンス、クリエイターの4種類のモデルになります。

一番安価なスタンダードモデルですとインテル® Core™ i5+ 8300H プロセッサーそれ以外のモデルはインテル® Core™ i7-8750H プロセッサーになります。

ネットゲームを遊ぶ上で一番大切なグラフィックスはハイパフォーマンス以上でGTX1050Ti搭載となるので、お目当てのゲームの推奨環境などを参考に決めていただければと思います。

ストレージも大事ですが、ゲーミングパソコンとして使う事を考えると、予算10万円以下という場合はオーバーしてしましますが、メモリは16GBあると安心なので、個人的にはパフォーマンスモデル以上をオススメします。

ゲームをしていなくてもメモリは4GBぐらいは普通に使いますし、ゲームをしつつ攻略動画を見たり、デュアルディスプレイ(モニタ)にして並行して作業をしたい方など、メモリが多い方が安心です。

ディスプレイの解像度はハイパフォーマンスモデルまでは15.6インチワイド・フルHD(1920×1080)、クリエイターモデルのみUHD(4K)(3840×2160)になっております。

4Kディスプレイは本当に奇麗ですが、ネットゲームを遊ぶとなるとグラボの性能的に厳しいので、映画などの動画を見る方であれば楽しめます。それ以外のゲーム目当てなどでこの機種の購入をお考えの人はフルHDの方が無難です。

梱包をチェック!

当サイトの自宅レビューと言えば梱包からスタートするのが恒例になりました。特に興味が無いという人もいらっしゃるかと思いますが、HP Directplus -HP公式オンラインストア-で購入するとキャンペーン中を除けば送料は3000円掛かるわけですから、「しっかりと梱包されているのか?」などチェックしましょう。

Pavilion GamingはHP Directplus -HP公式オンラインストア-ではよりハイスペックなOMENシリーズがあるので、エントリーよりの位置づけではありますが、10万円以上するモデルも少なくないので、梱包も専用の化粧箱に収納されています。

また左右からは発泡スチロールなどの緩衝材で挟むことで衝撃を最小限に抑えてくれます。箱を開けるとピッタリとパソコンが収まる窪みがあります。

そこに丁度ノートパソコンを収納する形になるので、長距離移動でも揺れや衝撃によるダメージは最小限に抑えてくれると予想されます。

外観について!

ゲーミングPCは性能がすべてと思われる方も少なくないかもしれませんが、ネットゲームを遊ぶ人は基本的に毎日プレイすると思うので、毎日目にするアイテムと考えれば、外観(デザイン)なども重要になってくるのではないでしょうか?

持ち運びメインの機種であれば、周囲の人からもセンスの良いカラーや外観というのも必要になってくると思いますが、ゲーミングパソコンは自宅で使用するのがメインだと思うので、自分がカッコいいと思える機種が良いと思います。

ポート類について

購入前にポート類まで気になる方は少ないかもしれませんが、ネットゲームを快適に遊ぶにはポート類も大事です。購入後に必要な分が足りてなかった・・・とならないためにもチェックをしておくことをオススメします。

上画像は左側面になります。上画像左からUSB 3.1 Gen1、USB 3.1 Gen1、セキュリティロックケーブル用スロット、SDカードスロットになります。

続いて右側面になります。こちらも上画像左からヘッドフォン出力 / マイク入力コンボポート、ネットワークポート(RJ45)、HDMI2.0出力端子、USB 3.1 Gen1(電源オフUSBチャージ機能対応)、USB3.1 Type-C™ Gen1(電源オフUSBチャージ機能対応)、電源コネクタになります。

ノートパソコンのモニタを含めて3画面出力で作業効率UPということも、可能との事なので積極的に使っていきたいですね。ネットゲームを遊ぶのであれば、攻略サイトを見ながら、グラブルのようなゲームであれば、映画を観ながらプレイもありだと思います。

スペック詳細と価格について!

OS Windows 10 Pro (64bit)
CPU インテル® Core™ i7-8750H プロセッサー
( 2.20GHz-4.10GHz, インテル® スマート・キャッシュ 9MB)
カラー シャドウブラック / ゴーストホワイト
メモリ 16GB メモリ
ディスプレイ 15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ(1920×1080 / 最大1677万色)
グラフィックス NVIDIA® GeForce® GTX 1050Tiグラフィックス
ストレージ 128GB SSD(PCIe NVMe M.2)

1TB ハードドライブ(7200回転、SATA)
無線機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
サイズ 約 365×257×26-29(最厚部)mm
インターフェイス HDMI 出力端子×1、USB 3.1 Gen 1×3(うち1つが電源オフUSBチャージ機能対応)、USB 3.1 Type-C™ Gen1×1(電源オフUSBチャージ機能対応)、ネットワークポート(RJ45)×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1、SDカードスロット
オーディオ B & O Play デュアルスピーカー、内蔵デュアルマイク
質量 約 2.34kg
バッテリー駆動時間 約 9 時間
保証 1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)
価格 149,800(税抜)~
キャンペン特別価格
¥128,800(税抜)~
価格構成は1月29日現在
HP公式オンラインストアでもっと詳しくPavilion Gaming 15iconを見てみる!

スペック詳細を見てのコメント!

今回使用させていただいたモデルがハイパフォーマンスモデルでしたので、スペック表もその通りに記載させていただきました。ネットゲームを主目的に考えた場合は上記のハイパフォーマンスモデル、もしくはパフォーマンスモデルがオススメ。

グラボにはGTX1050tiを搭載しています。幅広くネットゲームを楽しめる性能ではありますが、一部のハイスペックを必要とするFPS系のゲームなどは厳しいかもしれません。

日本HPの機種ですとOMENシリーズがハイスペックよりなので、FPSを遊びたい方はそちらを参考にしていただければと思います。

参考記事
OMEN X by HP 17-ap000レビュー!グラブルもプレイ!

ストレージの関しては出来ればSSDで240GB以上欲しいところですが、予算がその分高くなってしまいますから、必須と言うわけでもないですし、難しいところですね。

SSD以外にもHDDで1TBありますので、保存容量的には十分です。メモリはゲームを遊ぶのであれば16GB欲しくなってきました。

8Gbでも遊べなくはないですが、ゲームをする際にも他サイトを見ながらやディスコードやスカイプなど並行して行う事も増えてきましたので、なるべくなら多くのメモリを確保しておきたいですね。

私の場合はPCでグラブルをプレイしているので、周回が多い時などは映画やアニメを見ながら遊んでいますので、やっぱりメモリは多めに欲しいです。

FF14のベンチマークスコアについて!

日本で一番有名なタイトルと言うだけでなく、ベンチマークと言えばFF14というくらい参考にして比べる人が多いです。掲載している個人サイトや販売サイトなど実に多くの方に使われているので、比べる際に最も役立つでしょう。

ノート高品質でのスコアになります。9170という結果になりました。公式で7000以上で非常に快適に遊べると表示されていることからも、この品質であればFF14を遊ぶのに何の問題もありません。

次に最高品質で測定してみました。6589というスコアになりました。あともう少しで7000というスコアまで迫りましたが、結果「とても快適」と表示になりました。街の中やPTプレイなどではもしかしたら重くなるかもしれませんが、基本的には大丈夫そうです。

ドラゴンクエスト10のベンチマークについて!

ファイナルファンタジーシリーズに勝るとも劣らないRPGドラゴンクエスト10でもベンチスコアを測定いたしました。

標準品質でのスコアは17270で「すごく快適」と表示されました。ドラゴンクエストシリーズでも経験値をたくさん持っていてレアで素早いモンスターとして有名な「はぐれメタル」が表示されていますし、快適にゲームを遊べるスペックです。

次に最高品質にて測定してみました。16666というスコアになりました。標準品質にはわずかに及びませんでしたが、十分すぎるくらいのスコアです。ドラクエ10を遊ぶのなら最高品質で問題なさそうですね。

まとめ&販売サイトにつきまして!

HP Directplus -HP公式オンラインストア-にて発売されておりますPavilion Gaming 15を自宅にて使わせていただいたので、感想や評価も交えてレビューさせていただきました。

エントリーよりのスペックではありますが、その分キャンペーン中とはいえ10万円以下で販売しているので、ゲーミングパソコンとしては手の出しやすい価格になっていて魅力的です。

今回お話させていただいた、Pavilion Gaming 15はHP Directplus -HP公式オンラインストア-にて購入する事が出来ます。

日本HPの機種はお届けから8日以内であれば返品が可能(一部対象外の製品もあります)1年間引き取り修理サービスもありますので、安心してお買い物をして使い倒す事が出来ると思います。お時間のある方は関連記事も読んでいいただけると幸いです。

HP Directplus -HP公式オンラインストアはコチラから⇒Pavilion Gaming 15icon詳細へ

関連記事
GTX1060搭載NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C展示会レビュー[感想・評価]
父ノ背中はつめ選手モデルLEVEL-15FR101-i7-TNRVI-FB展示会レビュー[感想・評価]
TGS2018日本HPブースはOMENシリーズに加えPavilionも!