■HP Pavilion Power 15の使用感や感想など詳しく知りたい方。
■ネットゲームの遊べるノートPCをお探しの方。
■仕事にもプライベートにも使える15型のノートをお探しの方。

主に上記の方に向けて記事を作成しております。
HP Pavilion Power 15正面

HP Directplus -HP公式オンラインストア-にて販売されておりますHP Pavilion Power 15iconを自宅にて使用させていただきましたので、感想や評価を含めたレビューを掲載させていただければと思います。

仕事もプライベートもこれ1台でOK。メイン機として使えるだけでなくGPUにGTX1050を搭載しているので、ネットゲームも遊ぶことが出来ます。(タイトルによっては設定や画質の変更の必要あり)税抜き10万円以下で購入できます。幅広い用途とスペックを考えればコスパも良好です。

HP Pavilion Power 15について!

DSC_5126

まずはこの機種についてザックリとお話しさせていただければと思います。ディスプレイのサイズは15.6インチになります。

ノートパソコンとしてはやや大きめではありますが、自宅でメイン機として据え置きタイプのような感じで使うのであれば、ちょうど良い大きさだと思います。

DSC_5109

持ち運びを考えるともう一回り小さい方が便利ですが、本機はGPUにGTX1050を搭載しているので、ネットゲームもハイスペックを必要とするタイトルでない限りは遊ぶことが出来ますので、大きめの15.6インチのディスプレイはゲームをするにも良いと思います。

またSSD搭載モデルや4Kディスプレイモデルなども予算に合わせて選択できる点も嬉しいですね。今回レビューさせていただくのはベーシックモデルなのでCPUにはインテル® Core™ i5-7300HQ プロセッサー、ストレージは1TB ハードドライブになります。

まずは梱包をチェック!

DSC_5105

当サイトの自宅レビューと言えば梱包からスタートするのが恒例になりました。特に興味が無いという人もいらっしゃるかと思いますが、HP Directplus -HP公式オンラインストア-で購入すると送料は基本的に3000円掛かるわけですから、しっかりと「梱包されているのか?」などチェックしましょう。

HP Pavilion Power 15のお値段は一番安価なモデルでも約10万円するので、安い買い物でもないですし、宅配便などの「長距離移動は大丈夫か?」などやっぱり気になります。

梱包方法は本体を緩衝材で挟むスタンダードなタイプです。当サイトでは様々なメーカーのノートPCをレビューさせていただいていますが、緩衝剤で挟むタイプが8割以上なので安心していただければと思います。

外観について!

HP Pavilion Power 15 閉じ

日本HPのパソコンといえばカッコいいおしゃれなデザイン。といっても過言ではないではないですし、もちろんこの機種もシンプルなブラックカラーではありますが、洗練されたフォルムそしてこだわりのある作りが随所に見られます。

リフトアップヒンジによる冷却のための吸気も最大化、バックライトキーボード、今までPavilionの上位ブランドであるENVYで採用されていたイメージパッドの淵のダイヤモンドカット加工など販売サイトとも合わせてチェックしていただければと思います。

リフトアップヒンジに関しましては以前レビューさせていただきましたHP Pavilion 15-cc000で詳しくお話しさせていただいているので、お時間のある方はそちらもご覧いただけると幸いです。

参考記事
HP Pavilion 15-cc000 モダンゴールドレビュー[感想・評価]

左右のポート類について!

DSC_5119

左側面になります。上画像左からセキュリティロックケーブル用スロット,USB3.1 ×2,ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポートになります。

DSC_5120

右側面になります。上画像左からSDカードスロット,USB3.1 Type-C™ (電源オフUSBチャージ機能対応),USB3.1 (電源オフUSBチャージ機能対応),HDMI出力端子,ネットワークポート(RJ45),電源コネクターになります。

キーボードについて!

DSC_5135

購入前にキーボードを重視する人はとても少ないと思いますが、パソコンを使う上で直接手で触れる部分ですし、キーピッチやキーストローク、キー配列などに「癖はないか?」などチェックしていただければと思います。

販売サイトによりますとキーピッチ : 約18.6×18.6mm、キーストローク : 約1.8mm、JIS標準準拠[105キー] とのことです。

DSC_5137

右側面を拡大しました。15.6インチノートなのでテンキーが付いています。お仕事や作業に加えて本機はネットゲームも遊ぶことが出来るので、数字入力する機会も増えると思うので、あるととても便利です。

また画像右上には音響性能と卓越したデザインに定評のあるプレミアムオーディオ機器の老舗メーカーBANG & OLUFSENのロゴがあります。

スクリーンショット (3)

パソコンとサウンドは、すぐには結び付かないと思うんですけど、音楽を聴いたり動画を見たり、ゲームをしたりと実は様々な場面で必要になってきますし、サウンドの良し悪しで受け取る側の印象も違ってくるので、軽視されがちな部分ではあるのですが、かなり重要だと思います。

DSC_5140

先ほど少しお話ししました、イメージパッドの淵のダイヤモンドカット加工を出来るだけ確認できるように撮影いたしました。また直接手で触れる部分についてはアルミニウム素材で見て、触って、感じれる上質さが演出されています。

スペック詳細と価格について!

OS Windows 10 Home (64bit)
CPU インテル® Core™ i5-7300HQ プロセッサー
カラー シャドウブラック
メモリ 8GB (8GB×1)
ディスプレイ 15.6インチワイド・フルHD・IPSディスプレイ (1920×1080)
光沢 非光沢(ノングレア)
グラフィックス NVIDIA® GeForce® GTX 1050 グラフィックス
ストレージ 1TB ハードドライブ
無線機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.2
サイズ 378 × 254 × 22(薄部)- 27(厚部)mm
インターフェイス HDMI 2.0 出力端子×1、USB Type-C™ 3.1 Gen1 ×1 (電源オフUSBチャージ機能対応 )、 USB3.1 Gen1 ×3 (うち1ポートは電源オフUSBチャージ機能対応)、ネットワークポート(RJ45)×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
オーディオ B&O Playデュアルスピーカー、Realtek HighDefinition Audio準拠、内蔵デュアルマイク
質量 約 2.29 kg
バッテリー駆動時間 約10時間
保証 1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート(1年間)
価格 98,800円(税抜き)
価格構成は9月18日現在
HP公式オンラインストアでもっと詳しくHP Pavilion Power 15iconを見てみる!

スペック詳細を見てのコメント!

本機は3種類のモデルがあるのですが、この機種を購入するのであれば個人的には上の表にも掲載させていただいたベーシックモデルを選択すると思います。理由はお値段とスペックのバランスが良いからです。

SSD搭載機種は便利で欲しいのですが、メモリ16GBやCPUをインテル® Core™ i7-7700HQ プロセッサーにするのでしたらグラフィックスの性能を上げてネットゲームを楽しんだ方が良いというのが本音だからです。

スクリーンショット (5)

win scoresharを使用しましたのでスペックに関しては上記結果を参考にしていただければと思います。主な注意事項としてはオプティカル(DVDドライブ)などがデフォルトでは搭載されていません。

ストレージベンチマークソフトの測定結果!

スクリーンショット (6)

「CrystalDiskMark」を使用して読み取りテスト,書き込みテストをおこないました。SSDを搭載しているわけではないので、速度は標準です。高速起動できないのは、痛いですが、スリープ機能を上手く使う事で、ある程度補うことが出来ると思います。

GTX1050はライトユーザー向き?

スクリーンショット (12)

本機に限らずネットゲームを遊ぶそに最重要なのはGPUです。GTX1050もFF14やPSO2、モンハンにドラゴンズドグマなどプレイできるタイトルは沢山あります。

ハイエンドスペックを要求されるタイトルバトルフィールド1やPUBG、そしてOverwatch(オーバーウォッチ)などFPS系は厳しいです。「なぜGTX1050がライトユーザー向きなのか?」というと遊べる選択肢が狭まるからです。

「ゲームも少し遊んでみたい。」「遊べたらいいな~」という人、GTX1050はネットゲームを遊ぶ際の導入期のような存在であると考えています。

FF14のベンチマークスコアについて!

スクリーンショット (10)

まずはノート高品質でのスコアになります。8590と言う結果になりました。7000以上のスコアで非常に快適に遊べると公式にて発表されています。PTプレイや街の中などの負荷のかかりやすい場所などでは重くなる可能性はありますが、おおむね大丈夫でしょう。

スクリーンショット (11)

次に最高品質にて測定しました。6317というスコアになりました。とても快適表示にはなっていますが、ゲームをする際の負荷は一定ではないので、ラグなどを感じる場面もあると思うので、ノート高品質でのプレイをオススメします。

ファンタシースターオンライン2(PSO2)のベンチマークスコアについて!

スクリーンショット (15)

ファンタシースターオンライン2(PSO2)をテクスチャー解像度標準にてベンチマークを測定しました。27092と言う結果になりました。

スクリーンショット (16)

テクスター解像度を高解像度(最高品質)にて測定したところ12234になりました。PSO2は5000以上のスコアで非常に快適に遊べるとされているので、最高品質でのプレイも問題なさそうです。PS4でも遊べるだけに最高品質でプレイできるのは良いですね。

総評&販売サイトについて!

DSC_5142

HP Directplus -HP公式オンラインストア-にて販売されておりますHP Pavilion Power 15を自宅にて使用させていただきましたので、感想や評価を含めたレビューをさせていただきました。

税抜き10万円以内で15.6インチの自宅でメイン機として使えてゲームもできるノートパソコンを購入できるのは良いですよね。

オシャレなデザインだけでなく、リフトアップヒンジによる冷却のための吸気も最大化、バックライトキーボード、今までPavilionの上位ブランドであるENVYで採用されていたイメージパッドの淵のダイヤモンドカット加工などこだわりのある作りにも注目です。

DSC_5123

今回お話させていただいた、「HP Pavilion Power 15」はHP Directplus -HP公式オンラインストア-にて購入する事が出来ます。

日本HPの機種はお届けから8日以内であれば返品が可能(一部対象外の製品もあります)1年間引き取り修理サービスもありますので、安心してお買い物をして使い倒す事が出来ると思います。お時間のある方は関連記事も読んでいいただけると幸いです。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-はこちらをクリック⇒HP Pavilion Power 15icon詳細へ

日本HPのレビュー機種記事
ゲーミングノートOMEN by HP 15-ce015TX 展示会レビュー
HP Spectre x2展示会レビュー[感想・評価]オシャレでカッコいい着脱式2in1ノートPC
HP 15-ay000レビュー[感想・評価]シンプルで使いやすい4万円台からのエントリーノートPC