先日おこなわれましたPC・デジモノ フェア 2015マウスコンピューターのブースにて第6世代インテル® Core™プロセッサー搭載のゲーミングノートパソコンNEXTGEAR-NOTE i5310 iconシリーズを見せていただきましたので展示会レビューさせていただければと思います。15.6インチのノングレアパネルの高解像度液晶とGTX950mを搭載しているのでノートパソコンでネットゲームを遊んでみたい方にオススメの機種です。

DSC_0603

NEXTGEAR-NOTE i5310 シリーズについて!

まずはこの機種についてザックリとお話しさせていただきますと、15.6型のノートパソコンとしては大きめのディスプレイにネットゲームを遊ぶ上で一番大切といわれているグラフィックカードにはGTX950Mを搭載したゲーミングノートパソコンになります。

ゲームパソコンとしては軽めの2.5キロなので頑張れば持ち運びも可能?

15.6 型液晶搭載で 374×249.5×32.8 mm (折り畳み時) と薄型に収まったスタイリッシュゲーミングノートが登場。重量も 2.5kg とこれまでの大型ゲーミングノートと比べて、比較的持ち運びしやすい重量に収まっています。

ノートパソコンなのでどうしても「持ち運びできるかどうか?」というのは持ち出す予定が無くても気になるところですよね。3キロオーバーが少し前まで当たり前だった事を考えるとかなり軽くなった印象はあります。重さは2.5キロでもそれほど感じない人もいると思いますが、電車などで移動するにはバッグなどに収納する必要がありますので、ここだけは注意しておきたいポイントです。

長時間稼動が当たり前のネットゲームだからこそノングレア液晶を搭載!

DSC_0607

コアなユーザーであればあるほど長時間稼動が当たり前になるのがネットゲームです。長時間稼動すれば当然ながら目も疲れます。光沢を抑えたノングレア処理パネルであれば、目への負担軽減や、屋外等の光量が強い環境下における液晶への写り込みを軽減することが可能ですので、よりゲームやその他のパソコン作業に集中しやすい環境を作り出してくれるのです。

液晶の解像度はフル HD ( 1920 × 1080 ) の高い解像度に対応。16:9比率のサイズにより 映画等の映像作品を余分なスペース無く表示する事が可能となっています。オンラインゲームをプレイする際には1920 × 1080の解像度でのプレイが基本となりますのでこの点も嬉しいですね。

左右の外観(ポート類など)について!

DSC_06055

左側面になります。USB3.0×2に加えて映像系のディスプレイポート(D-sub×1、HDMI×1),LANポートなどがあります。排気口などもこちらになりますね。

DSC_1129

撮影させていただいた写真の右側面がかくにんしづらかったので、同じケースを使用した私が所持しているマウスコンピューターのノートパソコンで代用させていただきました。

下からヘッドフォン出力,マイク入力,USB2.0×1,USB3.0×1,DVDスーパーマルチドライブなどがあります。左右どちらにもUSBポートがありますので左側面にゲームパットを接続して右側面にはマウスといったような使い方も出来るので便利ですよね。

キーボードについて!

DSC_0604

セパレートタイプキーボードを採用しているそうです。これによりタイプミスが少ない、長いツメでも引っかかりにくい、たわみが少ない、ゴミやほこりがたまりにくいなどのメリットがあります。テンキーもしっかり完備されているのでエクセルなどの表計算ソフトを使った作業もし易いかと思います。

私が使用しているのも同じマウスコンピューターの同じキー配列のノートPCなんですけど、本当に使いやすいです。毎日使っているというのはもちろんあると思うんですけど、キー配列にへんな癖もないですし、どこかのボタンが犠牲になって小さいという事もないですしオススメです。

参考記事
マウスコンピュターのゲームノート「NEXTGEAR-NOTE i540BA1-SP」を購入したのでレビュー!FF14ベンチマークも掲載!

スペック詳細と価格につきまして!

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i7-6700HQ プロセッサー
(4コア/2.60GHz/TB時最大3.50GHz/6MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックス NVIDIA® GeForce® GTX950M / インテル® HD グラフィックス 530
メモリ 8GB (4GB×2/ デュアルチャネル)
ハードディスク 500GB SerialATAII 5400rpm
SSD 120GB M.2規格
チップセット インテル® HM170 Express
オプティカル DVDスーパーマルチドライブ
液晶パネル 15.6型フルHDノングレア(1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線 IEEE 802.11 b/g/n・ Bluetooth® V4.0 + LE 準拠モジュール
インターフェイス(ディスプレイ関連) 3 D-sub 左側面×1、HDMI 左側面×1
ポート類 USB2.0×1,USB3.0×3,ヘッドフォン出力,マイク入力(
寸法 374×249.5×32.8 (折り畳み時)
質量 約2.5kg
バッテリー駆動 約 5.2時間
保証 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
価格 129,800円 (税別)(11/20現在)
マウスコンピューターにてNEXTGEAR-NOTE i5310 iconシリーズを見てみる!
スペック詳細を見てのコメント!

NEXTGEAR-NOTE i5310 シリーズの中で私がオススメするのは上記のNEXTGEAR-NOTE i5310GA1-SPです。お値段的には他のモデルと比べると少し高くなってしまいますが、せっかくグラフィックスにGTX950Mを搭載するのにお値段を抑える為にCPUをインテル® Core™ i3-6100Hにしたら推奨環境を満たせない場合も少なくないので、遊びたいタイトルにもよりますがCore™ i7が安定です。

マウスコンピューターの担当の方のお話によればSSDが構成に含まれてなくてもアップグレードで選択する人が3割以上,はじめから含まれているものもいれれば全体で4羽以上の人が選択する人気パーツだそうです。ネットゲームを遊ぶのであればローディングの短縮などの恩恵もあるので一番体感できる部分だと思います。120GBでは若干頼りないという方は240GBがオススメです。

GTX950Mを使用して遊べるオススメのタイトル!

イカロス 戦闘2
© WEMADEIO Co., Ltd. All Rights Reserved.© WeMade Online Co., Ltd. All Rights Reserved.© NHN hangame Corp.

個人的にオススメは超王道のMMORPGイカロスオンラインです。どちらかと言うとライト層向けのネットゲームという感じが強いですがグラフィックもきれいですし、様々なフェロー(乗り物)を捕まえて冒険できるのが何より楽しいです。ユニコーンやペガサスに乗ってフィールドを駆け回ったりドラゴンに乗り空を飛び回る事も出来ます。蜘蛛もフェローにも出来たりします。

GTX950Mの立ち位置としてはGTXシリーズの中では安価なので、幅広くネットゲームを遊ぶ事ができるけど、FF14やドラゴンズドグマなどの一部の3Dゲームは設定を落してのプレイが推奨となります。また黒い砂漠やロードオブヴァーミリオンアリーナなどはかなり設定を落さないとキツイので、遊びたい場合はワンランク以上、グラフィックカードの性能を上げる必要があります。

参考記事
マウスコンピューターMB-W811X-SHレビュー!GTX960Mと超高速PCI-Express x4接続SSDが魅力的!

まとめ&販売サイトにつきまして!

DSC_0608

第6世代インテル® Core™プロセッサー搭載のゲーミングノートパソコンNEXTGEAR-NOTE i5310 シリーズをレビューさせていただきました。様々な構成モデルがあるだけでなくBTOする事ができるので、カスタマイズして自分の用途や予算に合った構成にする事も可能となっています。

設定にこだわらなければ幅広くネットゲームを遊べるグラフィックスになっていますので、予算を抑えてオンラインゲームを遊んでみたいという人にオススメの機種かなと思います。SSDは良さが一番体感できるパーツだと思いますのでご予算に余裕のある方は選択する事をオススメします。

今回お話させていただいたNEXTGEAR-NOTE i5310 シリーズはマウスコンピューターiconにて販売しています。ここのメーカーの個人的に一番良いと思うところは24時間365日いつでも電話でサポートしてくれると言う事です。何か起こった時に電話してすぐ分からない事が聞けるこれってかなり重要だと思います。他の機種をもっと詳しく見てみたいと言う方は下記関連記事も読んでいただけると幸いです。

関連記事
GTX960M搭載のゲーミングノートMB-W830S-SH2が冬のボーナスセールでお買い得価格に!
ベンチスコアを参考にMB-W811X-SHのプレイできるネットゲームをレビュー!