マウスコンピューターのゲーミングブランドG-TUNE製品にまたまた最強コスパ機が登場です。今回も「裏・顔TV!」モデルなんですけど、今回はかずのこ選手「優勝記念モデル」として発売されたNEXTGEAR i650PA4-TViconはGTX980搭載のハイエンド機になります。「パソコンのスペックを気にする事なくネットゲームを遊びたい」人やコストパフォーマンスの良いハイエンド機を探している人にオススメです。

DSCN0389

「かずのこ選手」世界大会優勝記念キャンペーンモデル第2弾!

先日発売された第一弾の優勝記念モデルNEXTGEAR-MICRO im550SA12-TVがGTX960搭載でSSDもついて税抜きで94800円ともの凄い衝撃的な価格だったので、このキャンペーンはその1機種のみと思っていたのですが、早くも第2弾が登場してしまって私自身かなり驚いています。

今回は前回よりもハイエンドなゲーミングパソコンになっていてグラフィックスにGTX980を搭載しています。「裏・顔TV!」のモデルは中の人もオススメしていますし利益率もかなり低いらしいです。購入する側からすればそれだけコストパフォーマンスの良い機種になるので嬉しいですよね。

今まではGTX970搭載の機種までしかラインナップに無かったので、今回優勝記念のキャンペーンと言う形ではありますけど、GTX980が搭載された機種らラインナップに加わるのはハイエンド機種をお探しの方には嬉しいのではないでしょうか?コスパは第1弾に引けをとらないくらい凄いです。

参考記事
コスパ最強のNEXTGEAR-MICRO im550SA12-TVにSSD120GBが無償アップグレード!

NEXTGEAR i650PA4-TVについて!

icon
icon
NEXTGEAR i650シリーズというか、このケースに関しては当サイトでも商品の説明や画像なども載せさせていただいているので、ご存知の方も多いと思います。G-TUNE製品の中ですとMICROシリーズがGTX960までの機種が多くNEXTGEAR i650シリーズはGTX970以上の機種に使われることが多いですね。

NEXTGEAR i640 中身

グラボはMICROシリーズでも性能の良いものを積む事ができますが、拡張はNEXTGEAR i650シリーズなどで使用しているケースのほうが多いのでよりハイエンドを求める人向きのケースといえると思います。ただメモリも16Gbくらいで十分と言う人はデザインやお値段と相談しても良いと思います。

スペック詳細と価格について!

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i7-6700 プロセッサー
(4コア/3.40GHz/TB時最大4.00GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックボード NVIDIA® GeForce® GTX™ 980(4GB)
3DMARK FireStrike Graphics 13,108
メモリ 16GB (8GB×2/ デュアルチャネル)
ストレージ 2TB SerialATAIII 7200rpm (6Gbps/ SATAIII接続)
チップセット インテル® Z170 Express
電源 700W/ AC 100V(50/60Hz) 【80PLUS® BRONZE】
ポート類 4 (背面×2、前面×2) USB前面ポートは、常時給電対応します。,USB3.0×26 (背面×4、前面×2),ディスプレイ4 (DVI-I×1、DisplayPort×3) (DVI-HDMI変換コネクタ付属)
寸法 196×430×417
保証 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
価格 164,800円(税抜き)
価格,構成は12月22日現在のものになります
マウスコンピューターで詳しくNEXTGEAR i650PA4-TViconを見てみる!
スペック詳細を見てのコメント!

CPUには最新の第六世代インテル® Core™ i7-6700,メモリは16GB,グラボはほとんどのタイトルで最高品質で遊ぶ事のできるGTX980を搭載して税抜きとは言え164,800円は圧巻の一言です。ただストレージに関してはHDDで2TBなのでSSDを追加しておきたいところです。

これだけの高スペックを購入するのにSSDが無いのは宝の持ち腐れになってしまいます。性能を最大限に活かすためにも最も体感できるパーツでもあると思いますので、120GBでも良いので追加しておきましょう。仮に240Gbを追加しても税込みで20万円以内に納まるので予算20万円の人は240GB追加しておくと複数のネットゲームを遊ぶ際にデータを消す必要が無いので便利ですよ。

GTX980Ti搭載のHP ENVY 750-170jp/CTとハイエンド機としてコスパは良い勝負!

DSCN3256

今まではハイエンド機と言えばHP ENVY 750-170jp/CTというくらいデザインがカッコイイだけでなくコストパフォーマンスもダントツだったのですが、今回NEXTGEAR i650PA4-TVが登場した事により選択肢が増えたと思います。よりハイエンドを臨む人であればHP ENVY 750-170jp/CTに軍配が上がりますが、GTX980で十分と言う人であればNEXTGEAR i650PA4-TVになると思います。

デザインは個人的にHP ENVY 750-170jp/CTの方が好みですけど、そうで無いという人もいらっしゃると思います。どちらの機種もSSDを追加しないと中途半端というか攻勢が完成しないのが残念ですが、この価格でそれを言うのは酷なので仕方ないですね。

参考記事
GTX980Ti搭載HP ENVY 750-170jp/CTが5万円オフ!

GTX980ならスペックを心配しないでネットゲームが遊べます!

2015-07-10_216805118[23_3_-96]
(c)PearlAbyss Corp. All Rights Reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

この機種を購入される方はネットゲーム目的と言う人が非常に多いと思いますので、グラフィックボードについても少しだけお話しさせていただければと思います。ザックリと言うとスペックを心配することなく遊ぶ事ができるだけでなく、ほとんどのゲームを最高品質にて一番最高の形で楽しむ事が出来ます。

上の画像の「黒い砂漠」FF14やドラゴンズドグマなどどんなタイトルでも楽しむ事が出来ます。推奨環境がGTX970必要と言うゲームも少しずつ増えてきましたが、GTX980あれば当分は問題ないと思います。グラボは妥協して購入すると必ず後悔すると言うか「ワンランク上の物を購入しておけば良かった」と誰しもが思うので他のパーツは妥協してもここだけは妥協しないのをオススメします。

まとめ&販売サイトについて!

DSCN0382

はかずのこ選手「優勝記念モデル」として発売されたGTX980搭載のハイエンド機NEXTGEAR i650PA4-TVについてお話しさせていただきました。「裏・顔TV!」モデルはコスパはどの機種も素晴らしいんですけど、ハイエンド機がないのが唯一の弱点でした。ですが今回この機種がキャンペーンもデルとは言えラインナップに加わった事で死角がなくなったように思えます。

コストパフォーマンス,スペック共に申し分ないのですが、出来ればSSDをカスタマイズで付けていただいて高速軌道やローディングの短縮などに役立てていただいてストレスの無いネットゲームライフを送っていただければと思っています。ゲーミングデスクトップパソコンなのでモニタを所持されていない方はそちらも購入の必要があるのでお忘れなく。

NEXTGEAR i650PA4-TVはマウスコンピューターiconにて購入することが出来ます。ここのメーカーの個人的に一番良いと思うところは24時間365日いつでも電話でサポートしてくれると言う事です。何か起こった時に電話してすぐ分からない事が聞けるこれってかなり重要だと私は考えています。下記関連記事も読んでいただけると幸いです。

NEXTGEAR i650PA4-TVicon詳細ページはコチラから!

関連記事
G-TUNE[LITTLEGEAR]シリーズがITmedia編集長ベストチョイス受賞LITTLEGEAR i310GA2がオススメ!
冬のボーナスで失敗しない為のオススメ[ゲーミングデスクトップパソコン]レビュー記事をピックアップ!
ドスパラのGTX960搭載ゲーミングパソコン「ガレリア DT」展示会レビュー!