レノボの新機種第6世代のインテル Coreプロセッサー、高性能グラフィックス、高解像度ディスプレイなどを搭載したハイスペックなゲーミングPC[ideapad Y700 15型]が新登場です。今年の年末商戦の目玉になると言われている4K Ultra HD 液晶を選択する事ができます。ネットゲームに一番大切なグラフィックボードには幅広くオンラインゲームを楽しむ事が出来るGTX960Mを搭載しています。

ideapad Y700 15型について!

この機種についてまずはザックリとお話しさせていただきますとノートパソコンとしては、やや大きめの15.6インチディスプレイ搭載したゲーミングノートパソコンになります。レノボのゲーミングPCは限定台数で販売される事も多く、私の知る限りでは以前に「Lenovo Y50」がそれにあたる機種でした。

その機種も限定200台で販売されていましたし、今回もモデル毎に販売数も決まっているので同じように限定販売のような形になりそうです。レノボからネットゲームを遊べる機種が販売されること自体珍しいと言えなくもないのでレノボファンの方には願ってもないチャンスかもしれませんね。

参考記事
販売再開 残り200台ゲーミングPC「Lenovo Y50」4K Ultra HD 液晶搭載!

液晶は4K Ultra HDまで選択可能!

フルHDの約4倍の3840 x 2160、4Kという解像度を持つUltra HD 液晶が選択可能です。これまでにない超解像度の液晶が、大迫力の映像体験を提供します。

あくまでも液晶テレビの話ではありますが、今年のボーナス商戦の目玉は4Kと言われているそうです。たしかにテレビCMなどでも増えてきましたし、最近出た機種ならスマホでも4K動画が取れる機種もかなりありますし、身近になってきた感じですよね。

私もレノボの商品ではないですが、4K液晶を搭載した機種を自宅で利用させていただきレビューを掲載しております。ありのままに映るのはもちろん水の動きやワニの鱗など細かい部分まで本当に綺麗でちょっと感動します。ただコンテンツ的にはまだまだ4Kに対応していないですよね。テレビ放送なども今後対応していくんでしょうけど、予算の関係もあるだろうし難しいかもですね。

もうひとつネットゲームに関しても問題があります。単純に対応していないタイトルがあるというのと、1920×1080でプレイする時と比べて性能が4倍必要になります。フルHDなら十分にプレイできるスペックなのに4Kだと厳しいとなる事も多いです。今回のGTX960Mであれば「負荷の軽い3Dゲームならいけるかも?」くらいだと思いますので、ゲームには厳しいかもですね。

参考記事
パソコン工房の15GSX8140-i7-QTEBを自宅で使用してみたので詳しくレビュー!

スペック詳細と価格につきまして!

OS Windows 10 Home 64bit
CPU インテル Core i7-6700HQ プロセッサー (2.60GHz, 6MB)
メモリ 16GB PC4-17000 DDR4 SDRAM SODIMM (2スロット使用)
ストレージ 500GB HDD(5,400rpm)+128GB SSD
ディスプレイ 15.6型Ultra HD液晶 (3,840×2,160 IPS)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 960M / インテル HDグラフィックス 530)
ワイヤレス インテル Dual Band Wireless-AC 8260 ac/a/b/g/n
バッテリー駆動 最大約 6.3時間(JEITA測定法Ver 2.0)
寸法 約387x277x26mm
質量 約 2.6kg (最小構成)
ポート類 USB 3.0 x 2、USB2.0×1、4in1メディアカードリーダー(SD,SDHC,SDXC,MMC)、HDMI x1,RJ-45、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
保証 1年間 引き取り修理
価格 通常価格 ¥172,800(税込・送料無料)
★広告限定クーポン適用で20%OFF★(週末クーポン予定)
——————————–
クーポン適用価格 :¥ 138,240-
ideapad Y700 15型スペシャルクーポンはこちらから!
スペック詳細を見てのコメントと注意点!

せっかく4K液晶が選択できると言う事で4K液晶搭載モデルを掲載させていただきました。メモリも16Gbと豊富ですしSSDも128GBではありますが、標準搭載されているモデルなので特にカスタマイズする必要もないと思います。CPUは最新の第6世代インテル Core i7-6700HQ,ビデオカードにはGTX960Mなどこれだけ集めて138240円ならコスパ的にも中々だと思います。

ただし先ほどもお伝えさせていただきましたが、GTX960Mですと通常解像度の1920×1080でのプレイをオススメします。4Kを楽しめるのは動画や映画などが中心になってしまいますが、仕方がないと思います。4Kでゲームを楽しみたい方はデスクトップでGTX980Tiなど最高峰のスペックのPCが必要です。

参考記事
GTX980Ti搭載HP ENVY 750-170jp/CTが5万円オフ!

ideapad Y700で遊べるタイトル!

ドラゴンズドグマ1
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

4Kでネットゲームを遊ぶのが厳しいのは分かったけど、「それならどんなタイトルがフルHD(1920×1080)で遊べるの?」と言う人もいらっしゃると思いますので、この機種を使ってプレイできるゲームのお話しもさせていただければと思います。

上の画像のドラゴンズドグマやFF14,イカロスオンラインや黒い砂漠など画質や設定にこだわらなければ基本的に遊べるタイトルがほとんどです。ただノートパソコンなので最高品質でプレイしたいとなると出来るゲームは限られてきます。

bandicam 2015-11-09 10-35-53-000
(c) 2015 X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

最高品質となると負荷が軽めの3Dゲーム,例えば上の画像の星界神話などがそれに当たります。ECHO OF SOULも大丈夫だと思いますし、これからクローズベータテストがスタート予定のロードス島戦記も推奨スペックを見る限りでは最高の形で遊べると思います。「艦これ」などのブラウザゲームなどももちろん可能です。

参考記事
オープンβサービスが早くもスタートしたMMORPG星界神話プレイレビュー!

まとめ&販売サイトにつきまして!

dg_ipy700_15_300x300

レノボの新機種第6世代のインテル Coreプロセッサー、高性能グラフィックス、高解像度ディスプレイなどを搭載したハイスペックなゲーミングPC[ideapad Y700 15型]についてお話しさせていただきました。4K解像度でのネットゲームプレイには残念ながらかなり制限が掛かってしまいますが、動画や映画などは楽しむのには問題ないです。

ideapad Y700 15型はLenovoにて購入する事が出来ます。またご注文金額に関わらず、マウス1個からサーバーまで日本全国 送料無料で届けてくれます。それだけでなくでレノボWeb広告限定ストアではセールやキャンペーン価格からさらにお買得な割引クーポンを発行しています。週末限定クーポンも発行されているときもありますし、こまめにチェックしていると、ただでさえお得なメーカー直販値段から更にお買い得な値段で購入できるかもしれないのでお見逃しなく!クーポンのゲット方法及び使用法、他製品の詳しい内容は関連記事よりご確認いただければ幸いです。

関連記事
ネットゲームも遊べるGTX960M搭載New Inspiron 15 7000 シリーズ展示会レビュー!
NEXTGEAR-NOTE i5710GA1展示会レビューGTX970M搭載のゲーミングノート!