先日おこなわれましたPC・デジモノ フェア 2015マウスコンピューターのブースにて15.6型ディスプレイを搭載したゲーミングノートパソコンNEXTGEAR-NOTE i5710GA1iconを見せていただきましたので展示会レビューさせていただければと思います。ネットゲームを遊ぶ上で一番大切といわれているグラフィックカードにGTX970Mを搭載したハイスペック機種になります。

NEXTGEAR-NOTE i5710GA1

NEXTGEAR-NOTE i5710 シリーズについて!

この機種についてザックリと簡単にお話しさせていただければ、15.6インチのノートパソコンとしてはやや大きめのディスプレイを搭載したゲーミングノートパソコンになります。BTOが可能な機種となっていますのでメモリやストレージなど自分の用途と予算と相談してカスタマイズする事が出来ます。

ゲーミングノートだってスリムがいいに決まってる!

NEXTGEAR-NOTE i790 シリーズと比べて厚みは-38%、重量は -20%もスリム化されました。これによりさらなるスタイリングの向上に貢献しています。

ゲーミングパソコンと言うとグラボを別に積んでいる分どうしても厚みのある機種が多かったのですが、NEXTGEAR-NOTE i5710 シリーズは薄さ27mm,重さも2.5 kgとかなりスリム化されました。グラボを積んでいるのにこの薄さや重さは素晴らしいとは思いますが、お部屋間の移動がメインかもしれません。

というのもネットゲームは長時間プレイが当たり前ですから持ち運んだ先で長時間オンラインゲームを遊ぶ想像が個人的にはしづらいのです。それであればご自宅の好きな場所で自由にパソコンを使って遊ぶ方が現実的なような気がします。ただ友達の家で並んでネットゲームなどをしてみたいと言う人などであれば、回線の問題は多少ありますが、実現できそうです。

左右の外観(ポート類など)について!

DSC_0615
左側面になります。HDMIポート,mini DisplayPort×2,USB3.0ポートなどがあります。

DSC_0616

若干見づらいですが右側面になります。USb3.0×2,ヘッドフォン出力,マイク入力,ケンジントンロックやマルチカードリーダー,有線 LANなどもこちら側になります。USB3.0に関しては背面も含めるとノートパソコンなのにも拘らず合計で4つもあるので不足の心配はなさそうですね。

スペック詳細と価格について!

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i7-6700HQ プロセッサー
(4コア/2.60GHz/TB時最大3.50GHz/6MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックス NVIDIA® GeForce® GTX™ 970M / インテル® HD グラフィックス 530
3GB/ メインメモリからシェア (4GB以上搭載時 最大1792MB)
メモリ 32GB (8GB×4/ デュアルチャネル)
ハードディスク 1TB SerialATAII 5400rpm (SerialATAII接続)
SSD 256GB Samsung SM951 シリーズ (M.2規格/PCI Express x4 接続)
チップセット インテル® HM170 Express
液晶パネル 15.6型フルHDノングレア(1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線 IEEE 802.11 b/g/n・ Bluetooth® V4.0 + LE 準拠モジュール
インターフェイス(ディスプレイ関連) HDMI 左側面×1、mini DisplayPort 左側面×2
ポート類 USB3.0×4,ヘッドフォン出力,マイク入力
寸法 385×275×27 (折り畳み時)
質量 約2.5kg
バッテリー駆動 約 5.8時間
保証 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
価格 219,800円 (税別)(11/25現在)
マウスコンピューターにてNEXTGEAR-NOTE i5710GA1iconを見てみる!
スペック詳細を見てのコメントと注意点!

20万超えのお値段だけあってスペックはかなり優秀ですね。SSDも256GBと十分ですので複数のネットゲームをここに保存しても大丈夫そうですね。HDDも1TBあるので動画を大量に保存する予定以外の人であれば、まず保存容量的には問題ないと思います。

DSC_0612

スペック面に関してはグラフィックボードもGTX970MですしCPUも最新の第6世代インテル® Core™ i7-6700HQ,メモリも32GBと優秀なのでカスタマイズの必要は全く、ないように思えます。ただし一点だけデフォルトでは光学ドライブが付いていないので必要な方は[USB2.0/外付け] ポータブルDVDドライブ (BUFFALO DVSM-PTS58U2-BK)であれば¥5,900円で追加する事が出来ます。

ネットゲームメインで考えている方であれば「それほど必要ない」という人も多いでしょうし外付けなので、購入前から必要になるのが分かっている人以外は、DVDドライブを使用する予定が出来てから買い足しても良いと思いますので、この辺はお好みと言う感じになりそうです。

GTX970Mを使って遊べるオススメのネットゲーム!

2015-07-10_216805118[23_3_-96]
(c)PearlAbyss Corp. All Rights Reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

まずはMMORPGの「黒い砂漠」です。同時期にリリースされたイカロスオンラインと比べると多少コアゲーマー向きではありますが、自由度も高くノンターゲッティングバトルもかなり好評のようです。今年はネットゲームの当たり年といわれるくらい話題作が多かったのですが、落ち着いて評価を見てみると「黒い砂漠」の評価は他の作品と比べても高い人が多いのでオススメです。

bandicam 2015-10-25 21-39-09-928
© 2014-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

もう一つオススメは「ロードオブヴァーミリオンアリーナ」です。アーケードでもシリーズタイトルがあるのでゲーム好きの方であれば名前くらいは聞いたことがあるタイトルだと思います。制作運営もSQUARE ENIXが手掛けているのでFFのキャラクターやロマサガ,ヴァルキリープロファイルなどコラボ作品も豊富で自分の好きだったキャラクターを操作できるのは嬉しいです。

MOBAという新しいジャンルのゲームで2つのチームに分かれて対戦するこのゲームチーム戦てやっぱり熱いです。正式サービス以降バランス調整にかなり苦戦していたようですが新マップ「天領 邑羅」の評判もかなり良いようで盛り返してきている感はあります。もともと固定ファンも多いゲームですので、合う合わないもあると思いますが、ハマル人も少なくないゲームです。

まとめ&販売サイトにつきまして!

NEXTGEAR-NOTE i5710GA1 斜め上から

ゲーミングノートパソコンNEXTGEAR-NOTE i5710GA1をレビューさせていただきました。お値段はちょっと高めになってしまいますが、スペック面に関してはカスタマイズの必要が無いくらいの機種に仕上がっています。ディスプレイの大きさも15.6インチとノートパソコンとしては大きめですし、グラフィックスもGTX970Mと申し分ない感じですね。

「これはノートパソコンでは厳しいかな?」というような推奨環境の高い「黒い砂漠」や「ロードオブヴァーミリオンアリーナ」などでも十分に楽しむ事が出来るスペックなので心強いです。もちろん人気タイトルのドラゴンズドグマやFF14なども楽しむ事が出来ます。

今回お話させていただいたNEXTGEAR-NOTE i5710GA1はマウスコンピューターiconにて販売しています。ここのメーカーの個人的に一番良いと思うところは24時間365日いつでも電話でサポートしてくれると言う事です。何か起こった時に電話してすぐ分からない事が聞けるこれってかなり重要だと思います。他の機種をもっと詳しく見てみたいと言う方は下記関連記事も読んでいただけると幸いです。

関連記事
第6世代インテル® Core™プロセッサー搭載ゲーミングノートNEXTGEAR-NOTE i5310 シリーズ展示会レビュー!
台数限定5000円オフのLITTLEGEAR i310SA1展示会レビュー
GTX960M搭載のゲーミングノートMB-W830S-SH2が冬のボーナスセールでお買い得価格に!