今回はネットゲームをプレイする際に「デスクトップとノートPCどちらがオススメなのか?」お話ししていきたいと思います。何も条件が無いのであればゲーミングデスクトップPCと回答される方も多いと思いますが、状況によっても変化すると思いますので詳しくお話ししていきましょう!

ガレリア DT モニタ込み

ノートパソコンと比べて優れているところ!

「どちらがオススメか?」と言う問いに答えるには2つを比較した方がより分かり易いと思います。自分が「重視する部分がどちらが優れているか?」を確認した上で自分なりの結論を出していただければと思います。

基本的にはデスクトップの方が優れている!

DSC_0574

これを一番最初に書いてしまうと元も子もないような気もしますが、コストパフォーマンスや性能などノートパソコンも少しずつ近づいてはいますが、それでもやっぱりデスクトップにはかないません。特にコスパを重視する人はデスクをオススメします。

そもそもスペックの最高到達点が違う!

GALLERIA SI

1月10日現在ノートパソコンで最も優れているグラフィックボードはGTX980Mです。これはデスクトップの性能に無理やり当てはめてみるとGTX970に少し届かないくらいの性能と言われています。この上にはGTX980,980Ti,TITANXというようにまだまだ性能が上のパーツが存在します。

遊びたいネットゲームのタイトルの推奨環境にもよりますが、最高品質や最高設定で楽しみたいと思った場合にノートパソコンでは性能に限界があるので推奨環境がGTX970以上のタイトルなど物理的に最高品質で遊ぶ事が不可能な場合も出てきてしまうのです。

コストパフォーマンスが圧倒的に良い!

DSCN3265

デスクトップなら税抜きで10万円前後の金額を出せるのであればGTX960搭載の機種を購入する事ができます。これは幅広くネットゲームが楽しめるだけでなく最高品質にて遊べるタイトルも少なくありません。ギリギリではありますが一番知名度の高いFF14もベンチマークの数値上は最高品質でも非常に快適に遊べる7000を僅かにですが上回っています。

一方でノートパソコンでは10万円前後の価格ではここまでの性能の機種は購入する事ができません。ただデスクトップもモニタを所持していない人は購入する必要が出てくるので最悪液晶テレビでも代用は可能とは言えフェアな勝負ではないかもしれませんね。

参考記事
ドスパラのGTX960搭載ゲーミングパソコン「ガレリア DT」展示会レビュー!

拡張性が高い!

DSC_0880

ノートPCは基本的に購入したらパーツの入れ替えなどはする事が出来ません。一方デスクトップは購入後もパーツの入れ替えが可能です。グラフィックボードやSSD,メモリなどを増やしたりする事も可能です。また故障の際もパーツを入れ替える事で直す事も可能なので修理費も実はノートと比べて安いんです。

逆にノートパソコンの方が優れているところ!

HP ENVY 17-n100 正面

これは何といっても場所をとらないと言う事ですね。ゲーミングは比較的ディスプレイが大きいタイプが多いですが、使用しない時は片付けてしまう事が出来るので基本的にスペースをとりません。デスクの唯一の弱点でもある「スペースをとりすぎる」これはどうしようもありません。

DSC_0574

2月27日現在デスクトップの短所でもあるスペースの問題や持ち運びなども徐々に改善できるような機種が出てきています。特にマウスやパソコン工房の小型デスクトップは目を見張る物があり、重さ的には7.5キロ程度あるので気軽に持ち運べる重さではありませんが、持ち運び用のハンドルが付いていたりもしますので、外に持ち出すことを前提に作られている可能性が高いです。

マウスやパソコン工房と同じくBTOやゲーミングパソコンに強いドスパラも持ち運び用ではありませんが、スリムな機種が発売されています。かなりの薄型ですのでちょっとした隙間などでも設置できそうですので、デスクトップの短所でもあるスペース問題を解決してくれそうな機種でもあります。

ドスパラもマウスの機種もスリムだったり小さかったりするのですが、GTX980tiも搭載可能なのでパワー不足になるということは殆んどなさそうです。

参考記事
LITTLEGEAR i310SA1-KZなどマウスのプロゲーマモデルが熱い!
ドスパラのGTX 970搭載スリムモデル「ガレリア SF」展示会簡易レビュー!

何を重視するかによってオススメの機種が変わってきます!

DSC_0654

2つの長所や短所を比べる事で簡単に説明させていただきましたが、問題は「どちらが優れているか?」という事よりも「どこを重視するのか?」だと思います。普通に考えればデスクトップの方が優れている箇所は多いですが、いくら価格が安くてコストパフォーマンスが良くてもお部屋に置くスペースが無いのであれば設置する事は出来ないです。

なので「自分がどんなタイトルが遊びたくて」、「予算はいくらくらい」かけることが出来て、お部屋の「スペースは確保できるか?」などを良く考えた上で最適なタイプを選択しましょう!

DSCN2633

話しは少しずれてしまうかもしれませんが、デスクトップの購入を考えている人は遊びたいタイトル(具体的にはFF14やドラゴンズドグマなど)によってはPS4でも遊ぶ事が出来るので、最高品質で遊べないでゲーム目当てに購入するのであれば、「PS4の方が結果コスパが良かった」と言う事にもなりかねませんので、この辺りは慎重に選びたいところです。

コスパ重視ならこの2機種は外せません!

NEXTGEAR-MICRO im550SA8-TV

当サイトではお馴染みの機種になりつつありますが、コストパフォーマンス重視であればマウスコンピューターのNEXTGEAR-MICRO im550SA12-TVは外せませんね。優勝記念モデルは1月15日までなので、もうすぐ終了してしまいますが終了後も「裏・顔TV!」モデルは最強コスパ機として君臨してくれるでしょうから、今後もこのモデルからは目が離せないと思います。

GTX960の機種で税抜き10万円前後この機種をお探しの方であれば、まずはこの機種からチェックする事をオススメします。

参考記事
コスパ最強のNEXTGEAR-MICRO im550SA12-TVにSSD120GBが無償アップグレード!

ハイエンドをお探しなら外見もオシャレでカッコイイHP ENVY 750-170jp/CTに敵うものなし!

DSCN3256

個人的にHP ENVY 750-170jp/CTが管理人ユウの一番のお気に入りです。インテリアにも馴染む外見なのにも係わらずGTX980Tiまで搭載できるハイエンド機種になっています。しかもコストパフォーマンスも他メーカーを圧倒しています。まさに最強のゲーミングパソコンだと思います。

さすがにGTX980Tiを搭載しているのでお値段はそれなりですが、それでも他者と比べるとかなりお買い得な金額になっているので、最高品質で沢山のタイトルを遊んでみたいと言う人であれば、まずはこの機種をチェックしてみてはいかがでしょうか?

最近は4K液晶など徐々に浸透してきましたが、ネットゲームで4K解像度で遊ぶのは単純にフルHDの4倍の性能が必要になるので、かなりグラフィック性能が高く無いと遊ぶ事ができません。980TIくらいの性能があれば、4K解像度で遊べるタイトルも少なくありません。4K解像度を選択して設定や品質を下げてしまっては意味もなさそうですし、きれいなグラフィックスだからこそグラボ選びも慎重に!

参考記事
GTX980Ti搭載HP ENVY 750-170jp/CTが5万円オフ!