パソコン工房から販売されているiiyama PCのゲーミングブランドLEVEL∞(レベル インフィニティ)のゲーミングパソコンLev-R017-i7-TNRiconがネットゲームを遊ぶのに一番大切なグラフィックスにGTX1070を搭載しているにもかかわらず14万円台から購入することができます。core i7にSSDも240GBとビデオカードだけでなく脇もしっかりと固めているハイエンド機種です。

DSCN1614

Lev-R017-i7-TNRについて!

ザックリとこの機種についてお話しさせていただければ、ネットゲームをプレイする上で一番大切といわれているGPUに最新かつ高性能なGTX1070を搭載したゲーミングPCになります。

GTX1070の性能はGTX980Tiと同程度という事で現在遊ぶことのできるオンラインゲームの殆どで最高品質にてプレイすることができるグラフィックスです。昨今話題になりつつあるHTC Vive kitを使ったVRなどを遊ぶにも十分な性能といえます。

もちろんグラフィックス以外の部分に関しましてもCPUもしっかりと第6世代Core i7-6700メモリも8GB,ストレージだってSSD240GBそしてHDDで1TBあります。このまま何も考えずカスタマイズすることなく購入してもどんなゲームでも最高峰の環境で楽しむ事が出来ます。

参考記事
HTC Vive kitを使ったVR体験レビュー[ドスパラ]

スペシャルサマーセールだからこその値段!

OOK82_gurafuwoyubisasu20131223500

GTX1070搭載で14万円台というのは正直言って圧倒的です。この価格が実現できたのは㋈6日14時まで開催のサマーセールのおかげといっても過言ではありません。今回お話している機種のほかにも、200機種を超えるBTOパソコンが大特価となっています。

ゲームパソコンだけでなくクリエイターパソコン、ビジネスパソコンなど、様々なラインナップのBTOパソコンがあるのでネットゲームが興味のない方でも一度は覗いてみる価値があります。

コスパ重視ならGTX1070,本気でネットゲームを遊ぶならGTX1080か?

GALLERIA ZG

最新のGPUを考察するとGTX1070はコスパ重視、GTX1080は最高峰という事でこれからのネットゲームやVRなどを見据えたスペックといえます。GTX1070も旧世代でいうところのGTX980Tiと同程度のスペックなので決して低いわけではないというより十分ハイエンド寄りの機種だと思います。

今だけを見据えるならGTX1070で十分なのですがこれから先のことを考えたりすると、「GTX1080にしておけばよかった」と思う方も少なくないと思うので予算に余裕のある方は両方のスペックを比較検討してから購入すべき機種を決定しても遅くはないと思います。

参考記事
最強のグラフィックスGTX1080搭載ゲーミングPCガレリア ZG展示会レビュー[ドスパラ]
マウスからもGTX1080搭載ゲーミングパソコン登場![LITTLEGEAR i310PA5]
[Lev-R017-i7-VNR]GTX1080搭載ゲーミングPCが16万円台から[パソコン工房]

スペック詳細と価格について!

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル(R)Core i7-6700プロセッサー
チップセット インテル Z170 Express /チップセット
メモリ DDR4-2133 DIMM 8GB(4GB×2)
グラフィックス GeForce GTX 1070 8GB GDDR5
ストレージ 1TB Serial-ATA HDD
SSD 240GB Serial-ATA SSD /
オプティカル DVDスーパーマルチ
電源 500W 80PLUS SILVER認証 ATX電源
内部端子 M.2×1(Key ID:M/Type:2242/2260/2280対応) ,SATA Express×2 ,SATA 6Gbps×6(※#3/4ポートはM.2と#1/2/5/6ポートはSATA Expressと排他利用になります) ,内部USB 3.0(×4ポート分/20Pin×2) ,内部USB 2.0(×4ポート分/10Pin×2)
外部端子 PS/2コネクタ(キーボード/マウス兼用)×1 ,アナログ8chサウンド(ライン出力×1/ライン入力×1/マイク入力×1/センター・サブ出力×1/リア出力×1/サイド出力×1) ,USB 3.0×5(上面×1/背面×4) ,USB 2.0×4(上面×2/背面×2) ,1000BASE-T LANポート×1 ,マザーボード側ディスプレイ出力(miniD-sub15Pin×1/DVI-D×1/DisplayPort×1)
主な付属品 電源ケーブル ,各種マニュアル ,保証書
寸法 約幅190mm×奥行477mm×高さ432mm ※最大突起物除く
保証 1年間保証
価格 143,980円(税抜き)
価格構成は2016年8月5日現在
パソコン工房でもっと詳しくLev-R017-i7-TNRiconを見てみる!

スペック詳細を見てのコメント!

一番最初に驚くのがやっぱり価格ですよね。これだけのスペックをそろえて税抜きとはいえ143,980円は圧巻です。単純な価格だけであればパソコン工房かマウスコンピューターのどちらかが最安といっても過言ではないのでお値段重視の方はこの2つのサイトをチェックしていただければと思います。

BTOという事でいえばドスパラはお値段は上記2社には負けてしまいますが、オプションといいますか期間限定のSSDなどのプレゼントの容量などが多いことが多いのでコスパ的にはそれほど変わらないかもしれません。480GBくらいほしい人などはチェックしてみてください。

お話をLev-R017-i7-TNRのスペックに戻しますとカスタマイズの必要がないくらいSSDもキチンと搭載されていますしいいと思います。「動画を大量に保存したい」という人以外であればSSDは240GB、HDDは1TBのこのままで十分だと思います。メモリに関しては8GBのままでも十分ですが、FPSや今後本格的にネットゲームを遊びたいという人であれば16GBにしても良いかもしれません。

まとめ&販売サイトにつきまして!

筐体イメージ_ミドルタワー

iiyama PCのゲーミングブランド「レベルインフィニティ」のLev-R017-i7-TNRについてお話しさせていただきました。最新のグラフィックスカードGTX1070を搭載しているのにもかかわらず143,980円(税抜き)は他ーメーカと比べていただければ納得のお値段となると思います。

GTX1070あれば現在配信中のネットゲームであれば、ほぼすべてのタイトルで最高品質にてプレイすることができます。今後本格的に流行ると思われるVRを遊びたいという人もGTX1080と比較検討も必要ですが十分に対応できるハイエンドなグラフィックスカードです。

ゲーミングパソコンLev-R017-i7-TNRはパソコン工房にて購入する事が出来ます。ドラゴンクエスト10や大人気MMORPGのファイナルファンタジーXIVや2015年最大の話題作となりましたドラゴンズドグマなど沢山のゲームパソコンがあります。24時間365日受付サポートセンターも設置しているので困った事があればいつでも聞くことが出来るので安心ですよ。

パソコン工房販売サイトはコチラから⇒Lev-R017-i7-TNRicon詳細へ

関連記事
ゲーミングノートLev-17FG098-i7K-VE自宅レビュー ベンチマーク編[レベルインフィニティ パソコン工房]
GTX1070搭載ゲーミングPC ガレリア XFがついに登場!最短2日出荷!
台数限定でNEXTGEAR i640GA10-SPがGTX970搭載で13万円台で購入できます!