パソコン工房から発売されていますゲーミングノートパソコンLev-17FG098-i7K-VEiconを自宅にて使わさせていただいたので感想なども含めてレビューしたいと思います。今回はベンチマークに特化した記事になります。本機はノートPCなのにデスクトップ用のGPUであるGTX980を搭載しているので、「どのくらいのスコアが出るのか?」気になる方も多いと思います。購入の参考になれば幸いです。

Lev-17FG098-i7K-VE  斜め上から

Lev-17FG098-i7K-VEとは!

詳しいレビューも今回で2回目と言う事で特徴や外観などは前回のレビューをご確認いただければと思いますので、ここではサラっとだけお話させていただきますね。この機種の一番の特徴は前述させていただいておりますがネットゲームを遊ぶ上で一番大切なGPUにデスクトップ用のGTX980そしてCPUには第6世代Core i7-6700Kを搭載している点です。

今まではノートパソコンはデスクトップに比べてパワーと言うかスペック面で一歩も二歩も劣っていましたがデスクトップ用のグラフィックスとCPUを搭載した事により当然なのかもしれませんが、デスクトップと同等以上のスペックを持つことができています。

Lev-17FG098-i7K-VE  後ろから

デスクトップに比べるとお値段が高いと言うのは正直マイナス要素ですが、使い終わったら片付けれるのでお部屋のスペースを占領しない点はかなりのメリットだと思います。またモニタを別で購入する必要も無いので、所持していない人は1から揃える必要があるのでコスパの差も少しは縮まります。

参考記事
GTX980Tiが14万円台からパソコン工房の夏のボーナスSALE[Lev-R017-i7-VM]
Lev-17FG098-i7K-VEノートパソコンにデスクトップCPUとGPUを搭載したゲーミングPCレビュー[体験・感想]

ストレージベンチマークソフトの測定結果!

スクリーンショット (15)

「CrystalDiskMark」を使用して読み取りテスト,書き込みテストをおこないました。こういった数値を見るとSSDの必要性がわかるというか便利なのが分かってしまいますね。SSDが無くてもネットゲームは遊ぶ事ができますが、高速起動だけでなくローディングの短縮などメリットも多いです。

特にローディングの短縮は平日時間のないサラリーマンの方の強い味方だと思います。仕事から帰ってきて時間は少ないけど「レベル上げをしたい」と思ったときなどは立ち上がりの時間やゲームが始まるまでのローディングの時間など、もどかしく感じてしまうと思います。

SSDを搭載する事によって、少しでもストレスを減らす事が出来るのは大きいと思います。学生さんやフリーターの方と比べて時間はないけど、その分お金は少しは掛けれると言う方は最近はお値段もお手頃になってきていますのでSSD検討してみてください。

FF14のベンチマークスコアについて!

FF14ベンチ GTX980高品質

まずはノート高品質でのスコアになります。16228と言う結果になりました。このベンチマークソフトは7000以上で非常に快適に遊べると運営サイドが発表していますのである程度この数値を信用していいかと思います。しかしネットゲームを普段から遊んでいる方はご存知かと思いますが、PTプレイや街の中などは負荷がかかりやすく重くなりがちです。

FF14の場合であれば10000以上のスコアが出る環境であればスペック関連の問題は無くストレスなしで遊べると思います。今回のスコアは16228ですのでもちろん大丈夫です。

FF14ベンチ GTX980最高品質

次に最高品質でのスコアになります。12580という結果になりました。非常に快適に遊べると言われているスコア7000を上回っているだけでなく、当サイトがオススメするストレスフリーで遊べるスコア10000もクリアしているので最高品質であってもこの機種なら問題なくサクサク遊べます。

ドラクエ10のスコアについて!

ドラクエ 標準品質

デスクトップ用のビデオカードまで積んでいるのですからドラクエ10目当てにこの機種を購入すると言う人は少ないと思いますが、ドラゴンクエストはゲームを普段やらない人でもタイトル名くらいは知っているほどのメージャータイトルですのでベンチマークとしても十分に比較対象となると思います。

まずは標準品質にて測定したところ20850というスコアになりました。表示されているモンスターは「はぐれメタル」でした。もちろん非常に快適に遊ぶ事ができるスコアです。

ドラクエ ベンチ 最高品質GTX980

次に最高品質で測定したところ20754になりました。こちらも標準品質と変わらず「はぐれメタル」そして非常に快適に遊べるスコアが計測されました。ドラクエ10のベンチマークの特徴としては最高品質と標準品質でスコアがあまり変わらないことです。

このタイトル目当てに購入するのはもったいないですが、友達がプレイしていて「一緒に遊びたい」という時などには品質を落すことなく快適に楽しむ事が出来ます。

モンスターハンターフロンティアのスコアについて!

モンスターハンターフロンティア

こちらは品質等の設定はする事が出来ませんので1920×1080の解像度にて測定したところ33860になりました。こちらはスコアいくつ以上で快適に遊べるなどの運営からの発表はありませんが、推奨スペックを見てもまず問題なくプレイする事が出来ます。アクション要素が強いゲームだからこそ、スペックにはLev-17FG098-i7K-VEなど余裕をもったマシンを選択する事をお勧めします。

スペック詳細と価格について!

OS Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
CPU インテル® Core i7-6700Kプロセッサー
グラフィックス GeForce GTX 980 8GB GDDR5
メモリ 8GB(4GB×2)DDR4-2133 S.O.DIMM
ハードディスク 500GB Serial-ATA HDD /
チップセット インテル® Z170 Express
オプティカル なし
液晶パネル 17.3型 フルHD(1920×1080ドット)
無線 無線:IEEE802.11 ac/a/b/g/n対応 2×2 Dual Band Wi-Fi + Bluetooth 4.2 / 有線:1000BASE-TX LANポート×2 [Killer DoubleShot Pro]
寸法 約幅428mm×奥行309mm×高さ46mm(※最大突起物を含まず)
質量 約5.06kg(※バッテリー含む)
バッテリー駆動 約2.6時間(約2時間38分)
保証 1年間無償保証
主な付属品 ACアダプターセット ,マニュアル ,カスタムパソコン1年保証書
価格 299,980 円(税別)〜 (税別)構成,価格は6月8日現在
パソコン工房でもっと詳しくLev-17FG098-i7K-VEiconを見てみる!

ドラゴンズドグマのベンチマークスコアについて!

サイクロプス

昨年一番の話題作となりましたドラゴンズドグマについてもベンチマークの測定をおこないました。当サイトでもネットゲームのタイトルとしては一番多くの記事を書かせていただきました。今年の話題作と言うと今のところダークソウル3やオーバーウォッチですよね。

オーバーウォッチはベータテストの人数も全世界で凄かったのでかなり期待していましたが、FPS系であるからなのか、蓋を開けてみるとそれほどでもなかったような気がします。ドラゴンズドグマはPS4でも遊べますしグラフィックなどは綺麗なのにそれほど高いスペックを必要としないのも良いですね。

ドラゴンズドグマ GTX980 標準品質

まずは標準品質にて測定したところ13492というスコアになりました。一応7000以上で快適に遊べる設定になっていますが、アクション制の強いゲームそして最大8人でPTを組むグランドクエストなどもあるので、スコアも7000ギリギリでなく少し余裕を持たすことをオススメします。

ドラゴンズドグマ GTX980 最高品質

次に最高品質にて測定したところ12996になりました。ドラゴンズドグマのベンチマークは標準品質とあまりスコアが変わらない事が多いのですが、今回も同様でしたね。PS4でも遊ぶ事が出来るので、プレイするならやはり最高品質1択だと思います。

ファンタシースターオンライン2(PSO2)のベンチマークスコア

PSO2 ベンチ

最後にPSO2のベンチマークも使用してみました。最新のゲームと言うわけではありませんが、非常に長い期間人気を保っているタイトルですよね。今年はアニメも放送されたり、PS4でも遊べるようになりましたので、ますます注目されています。今年は新しいタイトルで元気があるのは本当に少ないですから、ファンタシースターオンラインの人口も徐々に増える可能性もあるかもしれませんね。

PSO2 標準品質

テクスチャー解像度標準にてベンチマークを測定しました。69688という結果になりました。。ベンチマークソフトもエピソード4に合わせて新しくなっています。

PSO2 最高品質

次にテクスター解像度を高解像度(最高品質)にて測定したところ42890になりました。5000以上から非常に快適に遊べると言われているので、サクサク快適に問題なく楽しむ事が出来ます。4月20日よりPS4で遊べるようになりました。それ故にPCでのプレイを考えるなら最高品質1択だと思います。

まとめ&販売サイトにつきまして!

Lev-17FG098-i7K-VE 正面

iiyama PCのゲーミングブランド「レベルインフィニティ」のLev-17FG098-i7K-VEを自宅にて使用させていただきましたので体験・感想を含めましてレビューさせていただきました。今回はベンチマークに絞って記事を作成させていただいたので、ある意味ネットゲームをプレイする上で一番知りたかった部分だと思いますし、購入の際の参考に慣れたと思います。

お値段は確かに可愛くはないですが、ノートパソコンなのにデスクトップに勝るとも劣らない素晴らしいスコアが出ましたね。片付けれるのでお部屋のスペースも確保できますので、「どこまで予算を掛けれるか?」にもよると思いますが、メリットはかなりあると思います。

ゲーミングノートLev-17FG098-i7K-VEはパソコン工房にて購入する事が出来ます。ドラゴンクエスト10や大人気MMORPGのファイナルファンタジーXIVや狩りアクション「モンスターハンター フロンティアG」など沢山のゲームパソコンがあります。24時間365日受付サポートセンターも設置しているので困った事があればいつでも聞くことが出来るので安心ですよ。

パソコン工房販売サイトはコチラから⇒Lev-17FG098-i7K-VEicon詳細へ

関連記事
LEVEL∞(レベル インフィニティ)Lev-15FR079-i7-REレビュー!