■iphone7などヘッドフォン端子のないスマホをお使いの方。
■ノイズキャンセルのレベルを設定したい方。
■ワイヤレスイヤホンをお探しの方。

主に上記の方に向けて記事を作成しております。
オーディオ機器関連を主に取り扱っているボーズ・オンラインストアにて販売されておりますQuietControl 30 wireless headphonesを自宅にて使用させていただきましたので、感想や評価を交えてレビューさせていただければと思います。ノイズキャンセリングのレベルを自由に調節することで、周囲のノイズを自由にコントロールすることが可能。

quietcontrol-30-wireless-headphones

QuietControl 30 wireless headphonesについて!

このアイテムについてザックリとお話しさせていただければと思います。主な特徴はワイヤレスのイヤホンである事とノイズキャンセリング機能が搭載されている事です。

iphone7などはヘッドフォン端子がないですし、今後発売される機種が同じような傾向にあるとは限りませんが、端子があっても無くても使えるのは嬉しいですね。

dsc_3234

電車やバスの中などで使用する時も、コードが絡まるということも無いですし、ワイヤレスなので端子から抜けて音が周囲に漏れるという事もありません。

ノイズキャンセリングを調節することで、騒音をかき消したり、人の声は拾えるようにしたりなど、工夫次第でさらに便利に使用することが出来ます。

外箱と梱包について!

dsc_3213

当サイトではパソコンのレビューをさせていただくことが多いのですが、その際に必ず梱包の様子も掲載させていただいています。通販だから「どんな状態で送られてくるか?」というのは気になるところだと思います。

QuietControl 30 wireless headphonesだって34,560円と決して安い買い物では無いですから、、「どんな風に梱包されて配達されてくるのかな?」「宅配便での長距離移動にも大丈夫かな?」など疑問に思うところや不安な部分などもあると思いますので、しっかりとチェックしていきましょう!

箱の中身について!

dsc_3215

箱を開けてみると、まずはメインのイヤホンが上記のように収納されていました。ピッタリとはまっていましたので、長距離移動でも動いたりということは、無いと思います。

BOSE(ボーズ)製品をレビューする度に毎回言っているような気がするんですけど、パッケージや画像などセンスが個人的に非常に好みです。例えばこの商品も35,000円近くするわけですから、箱を開けた時に高揚感と言うか、「おお~」ってテンション上がるようなパッケージが私は理想だと思います。

キャリングケースについて!

キャリングケース

イヤホンと一緒に同梱されていたキャリングケースになります。QuietControl 30 wireless headphonesは通常のイヤホンと比べてネックバンドがあるので、そのままダイレクトでカバンなどに入れるには抵抗が強い方も多いと思いますので、少しかさ張りますが嬉しいです。

販売サイトを確認するとネックバンドの部分(StayHear+ QCチップ)がパッシブノイズキャンセリングの役割をしてくれるそうなので、このパーツを乱雑に扱うのは私も抵抗があります。装着していないときはキャリングケースに入れて持ち運ぶのが、無難そう。

dsc_3231

中を見てみました。外も中も柔らかい素材なので、衝撃にもある程度体制があるかもしれません。ネットバンドがあるので、キャリングケースは少し大きめです。具体的なサイズ的には16.5 cm H x 17.1 cm W x 3.6 cm Dになります。

dsc_3232

収納イメージになります。ネックバンドがあるので、上記のような収納方法になると思います。イヤホンを収納してもスペースがまだ余っていますので、充電ケーブル程度なら入れれそうです。

[使い方] Bose Connectアプリを使う事で、ヘッドホンを簡単に最大限に楽しめる!

img_0630

次はこのアイテム最大の特徴となるノイズキャンセリングの調整機能についてです。まずはBose Connectアプリをダウンロードします。私のスマホはiPhone6Sなので上の画像はAPP Storeでダウンロードしたものになります。

img_0636

次に本体の方の電源をONします。電源とBluetooth機能は上のボタンで操作します。

img_0631

iPhone6Sの設定でBluetoothをONにしてアプリを起動すれば、自動的に上記のようにQuietControl 30を検知してくれるので、指示に従いドラッグして接続するだけです。

BOSE製品に共通して言える事なんですけど、操作がとても簡単なので、すぐに使いこなすことが出来ます。操作が難しいと途中で嫌になってしまったり、慣れるまで苦戦するので簡単なのは嬉しいですよね。楽しみたいのは音楽なので、それまでの過程は簡単なほど嬉しい人が多いと思います。

img_0633

接続したら後はスマホのアプリを起動した画面で円をなぞるように、するだけでノイズキャンセリングの強弱を調整することが出来ます。話し声やテレビの音、飛行機の騒音や電車内での音など、状況に合わせて最適なコントロールをしていただければと思います。

商品詳細と価格について!

質量 28.4g
カラー ブラック系(画像参照)
本体サイズ 15.2 cm H x 16.5 cm W x 1.9 cm D
ケースサイズ 16.5 cm H x 17.1 cm W x 3.6 cm D
連続再生時間 最大10時間
ワイヤレス通信距離 最大10 m
付属品 キャリングケース
充電用USBケーブル
価格 ¥34,560
ボーズ・オンラインストアでQuietControl 30 wireless headphonesをみてみる!

使用してみた感想!

img_0637

ところどころに感想は入れさせていただいているのですが、改めてここでもお話しさせていただければと思います。最大の特徴であるノイズキャンセリングのレベルを設定することが出来るのは、凄かったです。ただ使いどころを考えると、「人の声や放送だけは聞き逃したりしないようにしたい」という状況などは、あまり無さそうなので音楽に没頭さえできれば、そしてノイズを消すことが出来れば十分と言う感じもしました。

ネックバンドについてですが、比較的違和感なくつけていることが出来ました。バッテリーも10時間持つそうですし、キチンと充電して外出すれば、充電切れの心配もなく楽しめそうです。

まとめ&販売サイトについて!

dsc_3236

オーディオ機器関連を主に取り扱っているボーズ・オンラインストアにて販売されておりますQuietControl 30 wireless headphonesを感想や評価を交えてレビューさせていただきました。

ワイヤレスだけじゃなく今回はノイズキャンセリングのレベルも調整することが出来るので、用途に合わせて調整することで、音楽をさらに楽しむことが出来ます。

今回お話しさせていただいたQuietControl 30 wireless headphonesはボーズ・オンラインストアにて購入する事ができます。送料無料や昼12時までのご注文は当日出荷してくれます。

一番魅力的なのは30日間返品・返金保証してくれる点です。サウンド購入前には中々体験しづらいという事で自宅でじっくりと使用した後でも30日以内であれば返品・返金可能なんです。これはオンラインストアだけの特典なのでご注意ください。お支払い方法は代引き手数料が無料なのでオススメです。

ボーズ・オンラインストアはコチラから⇒QuietControl 30 wireless headphones詳細へ

関連記事
SoundSport Pulse wireless headphones レビュー[感想・評価] 心拍数が計れてワイヤレス
どこにでも置ける小型タイプが嬉しいSoundTouch 10 wireless speaker展示会レビュー[感想・評価]
ダンサーにも人気!持ち運びに適したSoundLink® Mini Bluetooth® speaker II自宅レビュー[体験・感想]
ボーズ最高峰のヘッドホンがワイヤレスにBose® QuietComfort® 35 wireless headphones[レビュー・体験]