マウスコンピューターから発売されていますNEXTGEAR NOTE i5520GA1iconを自宅にて使用させていただきましたので、感想や評価なども含んだレビューを掲載させていただければと思います。15.6インチディスプレイにGPUにはGTX960Mストレージには速度重視のM.2 SSDと大容量HDDを搭載したツインドライブ仕様です。ゲーミングノートPCでネットゲームを遊んでみたい方にオススメの機種です!

nextgear-note-i5520ga1%e6%ad%a3%e9%9d%a2

NEXTGEAR NOTE i5520GA1について!

まずはこの機種についてザックリとお話しさせていただきますと、冒頭でも少しお話させていただきましたが、ノートパソコンとしてはやや大きめゲーミングとしては標準サイズの15.6インチのディスプレイにネットゲームを遊ぶ上で一番大切なGPUにGTX960Mを搭載したゲーミングPCです。

ゲーミングパソコンと言えばデスクトップを想像される方が多いと思いますが、ノートも最近は負けていません。しかもゲームが遊び終わったらキチンと片付けてしまっておくことが出来るので、お部屋のスペースを占領することもデスクトップと違ってないですし、とっても便利です。ただ持ち運びはバッテリーの関係もありますしお部屋間の移動がメインとなりそうです。

まずは梱包をチェック!

dsc_0519

当サイトの自宅レビューと言えば梱包からスタートするのが恒例になりました。特に興味が無いという人もいらっしゃるかと思いますが、マウスさんで購入すると送料が基本的に3000円掛かりますので、しっかりと梱包されているのか?などチェックしておきたいところです。

DSC_0388

梱包の方法はマウスさんの他機種同様に発泡スチロールで左右から挟むスタイルです。他メーカーさんのレビューを沢山書かせていただいていますが、挟むタイプの梱包が一番多くスタンダードだと思います。ダンボールの空いたスペースにはアダプターやコード類を入れて隙間を埋めていますので、通販など長距離移動でも中身が動くのは最小限という感じですし心配なさそうです。

外観について!

dsc_0541

外観についても画像を参考にお話しさせていただければと思います。ノートパソコン特にゲーミングはスペックばかりに注目が集まりがちですが、各メーカーお値段に関しての努力はかなりしているので、似たような価格設定の場合も少なくなりません。私も購入する際にはスペック重視で候補を選んだ後に最終的にはデザインで購入するメーカーを決めました。

デザインなどが購入の決め手になるかどうかは購入者次第ではありますが、迷っている際に背中を押してくれる要因にはなると思うのでポート類も含めてチェックしていただければと思います。

左右のポート類もチェック!!

dsc_0529

左側面になります。ゲンジントンロック,USB3.0×2,S/PDIF(コアキシャル端子),マイクロフォン端子,ステレオフォン端子,光学ドライブ(オプション BTOで追加可能)になります。

dsc_0531

右側面になります。上画像左からSIMカードスロット(本製品ではお使いいただけません。),カードリーダー(SD カード(SD/SDHC/SDXC)・MMC)に対応しています。USB3.1端子,USB3.0端子,ネットワーク(LAN)端子になります。ノートPCでも左右合わせてUSB3.0が3つあるのはいいですよね。

ネットゲームユーザーはマウスの他にもゲームパッドなどを使いたいという人も少なくないでしょうし、左右にあるとスペースも確保できて便利ですよね。私は右利きなのでマウスは右にゲームパッドは左に接続して使う方が使いやすいです。

dsc_0525

背面になります。上画像左から通気口,miniDisplay Port端子,HDMI端子,電源端子,通気口になります。電源端子は背面にあると覗きながら差し込まなくてはいけなくなるので少し面倒ですが、差し込んだ後はコード類が一番邪魔にならないかもしれません。HDMI端子があれば液晶テレビなどと繋いでより大きな画面で映画などのDVDを見ることも可能です。

スペック詳細と価格について!

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i7-6700HQ プロセッサー
(4コア/2.60GHz/TB時最大3.50GHz/6MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックス GeForce® GTX 960M(2GB)
メモリ 16GB PC4-17000 (8GB×2/デュアルチャネル)
SSD 256GB SerialATAIII M.2規格
ハードディスク 1TB SerialATAII 5400rpm
チップセット インテル® HM170 Express
オプティカル 非搭載(オプション BTOで追加可能)
液晶パネル 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線 IEEE 802.11 ac/a/b/g/n ・ Bluetooth® V4.2 + LE 準拠モジュール
寸法 385×268×28.5 (折り畳み時)
質量 約2.5kg
バッテリー駆動 約6.7時間
保証 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
価格 124,800円 (税別)構成,価格は9月14日現在
マウスコンピューターでもっと詳しくNEXTGEAR NOTE i5520GA1iconを見てみる!

スペック構成を見てのコメント!

全体的なバランスも良くCPUもインテル® Core™ i7-6700HQと優秀です。気になるグラフィックスにはGTX960mを搭載しています。詳しいベンチなどは後程掲載いたしますが、画質や品質などにこだわりがなければ、幅広く楽しむことが出来るGPUです。

ストレージも速度重視のSSD 256GB SerialATAIII M.2規格とHDDで1TBのツインドライブ仕様なので、ゲームなどはSSDに保存することでローディングの短縮などの恩恵を受けれますし、HDDには写真や動画など大量に保存することが出来るので、かなり便利です。

気になるお値段も124,800円 (税別)とこれだけのスペック構成のゲーミングノートであれば満足度が高いと考える方も多いとお思います。

ベンチスコアについて!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-8

ゲームパソコンのレビューで一番関心度が高いのがベンチマークだと思います。この機種を購入することによって、自分の遊びたいゲームが「どの程度サクサク動くのか?」などの指針になると思いますので、過度の期待は禁物ですが参考にしていただければと思います。

上の画像は「CrystalDiskMark」を使用して読み取りテスト,書き込みテストをおこないました。SSDを搭載しているのでHDDの速度と比べると全然違います。私の個人的な意見としてはゲームをしないのであればSSDを搭載していなくてもダメではないと思うのですが、ゲームをするのであれば最近は必須パーツと言っても過言ではないと思います。

高速起動だけでなくゲームのローディングの短縮さらに先日メーカーの人にお聞きしたところ街などでキャラクターの名前やパラメーター表示の速度なども違ってくるとおっしゃっていました。サラリーマンゲーマーの人などは平日は遊ぶ時間も少ないですからローディングの短縮は「嬉しいのでは?」と思います。ストレスなく遊ぶためにもSSDはオススメです。

FF14のベンチマークスコアについて!

FF14ベンチノート高品質

まずはノート高品質でのスコアになります。6451と言う結果になりました。7000以上のスコアで非常に快適に遊べると公式にて発表されていますので、PTプレイや街の中などの負荷のかかりやすい場所なども加味すると、ノート高品質でのプレイは少し厳しいような気がします。

FF14ノート標準品質

ノート高品質でのプレイが厳しそうだったので、1段階設定を下げてノート標準品質にて測定してみたところ9817という結果になりました。7000以上のスコアを大きく上回っているので、標準品質であればFF14であっても快適なゲームライフがおくれそうですね。

ファンタシースターオンライン2(PSO2)のベンチマークスコアについて!

pso20160827_213036_002

ファンタシースターオンライン2(PSO2)をテクスチャー解像度標準にてベンチマークを測定しました。28079と言う結果になりました。思いのほか好スコアが出てびっくりしました。これだけのスコアが出れば、もちろんサクサク快適に遊ぶ事が可能です。

pso20160827_213508_000

標準解像度だと十分なスコアが出たので、テクスター解像度を高解像度(最高品質)にて測定したところ12180になりました。5000以上で非常に快適に遊べるラインとの事なので最高品質でも問題なさそうですね。PSO2は最近色々なプラットフォームで遊ぶ事が出来ますから、このタイトルメインに購入するのであれば最高品質で遊べるというのが差別化にもなりますし、メリットでもあると思います。

ドラゴンクエスト10のベンチマークについて!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-6

推奨環境は決して高くないのですが、FFと並ぶ知名度のタイトルという事でドラゴンクエスト10に関しても測定していました。まずは標準解像度(1920×1080)にて測定したところ5251と言う結果になりました。PSO2と逆の結果でもう少しスコアが出るかと思いました。キャラクターもスライムナイトですが解像度や設定を上げても大丈夫と書かれているので問題なさそうですね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-7

キャラクターがスライムナイトだったので品質を低品質に下げて測定してみました。6386という結果になりました。スコア自体は1000以上標準と比べて上がりましたが、キャラクターはスライムナイトのままでしたね。まずは標準品質で遊んでみて設定の調整をしてみる方が良さそうですね。

まとめ&販売サイトにつきまして!

dsc_0535

マウスコンピューターから発売されていますNEXTGEAR NOTE i5520GA1を自宅にて使わさせていただいたので感想や評価なども交えましてレビューさせていただきました。GTX960M搭載という事で、ベンチマークの結果からも幅広くネットゲームを遊べる機種というのがお分かりいただけたかと思います。

SSDも搭載されてFF14だって標準解像度で遊べる結果が出ましたし、PSO2は予想以上のスコアが出ました。スペック構成とベンチマークの結果を見て>124,800円 (税別)というお値段なら合格点という人も多いとお思います。

今回お話させていただいたNEXTGEAR NOTE i5520GA1はマウスコンピューターにて販売しています。ここのメーカーの個人的に一番良いと思うところは24時間365日いつでも電話でサポートしてくれると言う事です。何か起こった時に電話してすぐ分からない事が聞けるこれってかなり重要だと思います。他の機種をもっと詳しく見てみたいと言う方は下記関連記事も読んでいただけると幸いです。

マウスコンピューターの販売サイトはコチラから➡NEXTGEAR NOTE i5520GA1icon詳細へ

同メーカーの1~2ランクGPU性能が上の機種
GTX970M搭載[NEXTGEAR-NOTE i5710] シリーズレビュー
GTX970M搭載NEXTGEAR-NOTE i5710 シリーズ 自宅レビュー ベンチマーク編