■GTX1070搭載の機種のベンチスコアなどに興味のある方。
■ゲーミングノートパソコンをお探しの方。
■プロゲーミングチーム「父ノ背中」のファンの方

主に上記の方に向けて記事を作成しております。

BTOパソコンを得意としているパソコン工房にて販売されておりますLEVEL-15FR101-i7-TNRVI-FBiconを自宅にて使用させていただきましたので、感想や評価も含めたレビューを書かせていただければと思います。

前回記事「父ノ背中はつめ選手モデルLEVEL-15FR101-i7-TNRVI-FB展示会レビュー[感想・評価] 」も合わせて読んでいただきますと、GTX1070搭載の機種の魅力がより詳しくわかると思いますので、お時間のある方はチェックしていただけると嬉しいです。

LEVEL-15FR101-i7-TNRVI-FBについて

本体のサイズは約幅380mm×奥行255mm×高さ22mm(※最大突起物を含まず)の15.6型になります。プロゲーマである「父ノ背中はつめ選手モデル」になっていてCPUやグラフィックカードともにかなり高性能です。

ビデオカードはGTX1070を搭載しておりますので、幅広くネットゲームを遊べるだけでなく、格闘ゲームなどを格ゲーを快適にプレイできるスペックとして販売されております。

ディスプレイの解像度はフルHD(1920×1080ドット)になります。 Blu-ray(フルHD映像)や地デジ(解像度:1440×1080)をフルに体感するには、フルHDが必須となります。

4Kでゲームを遊んでみたいという方もいらっしゃると思いますが、4Kで快適に遊ぶには超ハイスペックな機種が必要となります。

個人的にはそういったスペックの機種を購入するのであればノートパソコンよりもデスクトップの方が拡張性があり長く使えますので、そちらをオススメしています。

父ノ背中とLEVEL∞(レベル インフィニティ)がコラボ

プロマルチゲーミングチーム『父ノ背中』とLEVEL∞(レベル インフィニティ)がコラボレーション。父ノ背中 コラボゲーミングPCは、コストパフォーマンスを重視したスタンダードな構成のモデルから、長時間ヘビーなゲームをプレイする環境を想定したハイパフォーマンスモデルなど、プロも納得の強力ラインナップが目白押し!

管理人ユウとしてはプロゲーミングチームの『父ノ背中』を応援している人はもちろんの事、ゲームは好きで詳しいけど、パソコンの事はよくわからないという方も、ネットゲームを快適に遊べるスペックの機種になっているので、便利かと思います。

スペック周りや外観など展示会レビューで詳しくお話しています!

この機種のレビューは今回で2度目になりますので、スペック周りのお話であったりポート類、販売サイトなどに掲載されている情報などは前回記事「父ノ背中はつめ選手モデルLEVEL-15FR101-i7-TNRVI-FB展示会レビュー[感想・評価] 」にて詳しくお話させていただいています。

今回の記事ではベンチマークや使用感など実際に使ってみて、管理人ユウが感じた事などを中心にお話できればと考えております。

梱包をチェック!

当サイトの自宅レビューでは梱包についても詳しくお話させていただいております。特に興味が無いという人もいらっしゃるかと思いますが、パソコン工房さんのサイトから購入するとBTOパソコン1台につき全国一律2,160円(税込)掛かるので、「しっかりと梱包されているのか?」などチェックしましょう。

ダンボール上の箱から本体を取り出しました。左右そして上下からも発泡スチロールなどの緩衝材で挟むことで長距離移動でも揺れや衝撃によるダメージは最小限に抑えてくれると予想されます。

外観について

ネットゲーム目的で購入される方は、通常利用の方以上にスペックを気にされる方がどうしても多いと思います。ネットゲームを遊ぶ人は基本的に毎日プレイすると思うので、毎日目にするアイテムと考えれば、外観(デザイン)なども重要になってくるのではないでしょうか?

持ち運びメインの機種であれば、周囲の人からもセンスの良いカラーや外観も選ぶポイントになると思いますが、ゲーミングパソコンは自宅のみで使う方が殆どだと思いますので、自分が本当に気に入ったものを選ぶ方が愛着も沸いてきます。

キーボードについて!

購入前にキーボードを重要視する方は少ないかもしれませんが、直接手で触れる箇所ですし、キーボードの良さで購入後の満足度が変わると言っても過言ではありません。

15.6型ということもあり、キースペースも無理が無く、とても打ちやすかったです。ノートパソコンにしては打鍵感も程よく感じました。

右半分を拡大してみました。本機は15.6型なのでテンキーがあります。ゲームで使う場面は減りましたが、Excelなどを使った作業など数字入力の際には大活躍してくれます。テンキーの有無でかなり作業スピードが変わります。

左半分を拡大しました。右半分に比べると見どころは少ないですが、MMORPGなどでキャラクターを移動させるときに使うWASDのキーに分かりやすいように矢印があります。

慣れてくるすぐに見つけられますが、パソコン初心者のうちは、なかなか見つけられなかったりすると思うので、目印があるのは良いですね。

分かりやすいように部屋を暗くして撮影させていただきました。キーボードは光らせることが出来ます。暗い部屋で遊ぶことは少ないかもしれませんが、個人的には光るキーボード好きです(笑)

スペック詳細と価格について!

OS Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
CPU Core i7-8750Hプロセッサー
グラフィックス GeForce GTX 1070 8GB GDDR5
メモリ DDR4-2400 S.O.DIMM (PC4-19200)16GB(8GB×2)
ストレージ NVMe対応 M.2 SSD 250GB
Serial-ATA HDD 1TB
チップセット モバイル インテル HM370
オプティカル なし
液晶パネル 15.6型(非光沢カラー液晶)
フルHD(1920×1080ドット)
外部端子 ヘッドフォン / スピーカー出力×1 ,マイク入力×1 ,USB 3.0×3 ,USB 3.1(Type-C)×2 ,ディスプレイ出力(HDMI×1/miniDisplayPort ×2)
無線 無線:IEEE802.11 ac/a/b/g/n対応 2×2 Dual Band Wi-Fi + Bluetooth 5.0 /
有線:1000BASE-T LANポート
寸法 約幅380mm×奥行255mm×高さ22mm(※最大突起物を含まず)
質量 約2.24kg(※バッテリー含む)
バッテリー駆動 約4.3時間
保証 1年間無償保証
主な付属品 ACアダプターセット ,マニュアル ,カスタムパソコン1年保証書
価格 198,980 円(税別)〜
構成,価格は12月10日現在
パソコン工房でもっと詳しくLEVEL-15FR101-i7-TNRVI-FBiconを見てみる

FF14のベンチマークスコアについて!

日本で一番有名なタイトルと言うだけでなく、ベンチマークと言えばFF14というくらい参考にして比べる人が多いです。掲載している個人サイトや販売サイトなど実に多くの方に使われているので、比べる際に最も役立つでしょう。

ノート高品質でのスコアになります。14210という結果になりました。公式で7000以上で非常に快適に遊べると表示されていることからも、この品質であればFF14を遊ぶのに何の問題もありません。

次に最高品質で測定してみました。12409というスコアになりました。最高品質であっても非常に快適に遊べると画像からも確認できますので、もしこの機種を購入されてFF14を遊ぶ際にはぜひ最高品質で奇麗なグラフィックを楽しんでいただければと思います。

ドラゴンクエスト10のベンチマークについて!

ファイナルファンタジーシリーズに勝るとも劣らないRPGドラゴンクエスト10でもベンチスコアを測定いたしました。

推奨スペックがFF14と比べてかなり低いため最高品質のみの測定としました。スコアは19286で「はぐれメタル級」となり「すごく快適」に遊べるという結果になりました。

個人的には、GTX1070ではオーバースペックに感じましたので、ドラクエ10目当てで購入するのであればもう一回りスペックの低いGTX1060搭載の機種でも良いと感じました。

ファンタシースターオンライン2(PSO2)のベンチマークスコア

次はPS4でのサービスもスタートしておりますファンタシースターオンライン2(PSO2)のベンチマークスコアになります。こちらも非常に息の長いゲームといえますし、サービス開始から根強い人気を誇っているネットゲームです。

テクスチャー解像度標準にてベンチマークを測定しました。68849と言うスコアになりました。上の画像での文字は見ずらいですが、「快適に動作されると思われます」と記載されています。

次に最高品質にて測定させていただきました。40245という結果になりました。最高品質でも「快適に動作します」と記載されている事からも、最高品質でも問題なく遊ぶことが出来ます。

私の持論ですが、設定を落として遊ぶのであればPS4の方がコスパが良いのですから、パソコンでネットゲームを遊ぶメリットは色々なゲームが楽しめるだけでなく、奇麗なグラフィックやfps60でヌルヌルとキャラクターが動くのを体験できることだと思います。

PS4でも遊べるゲームを選ぶ際にはスペックを吟味した方が、購入後の満足度がかなり変わってくると思いますので、注意していただければと思います。

ストリートファイター4のベンチスコアについて!

本機種は、はつめ選手モデルということもあり、はつめ選手の得意とする格ゲーを遊んでみたいという方もいらっしゃると思い、ストリートファイターⅣのベンチマークも当サイトとしては珍しく実施させていただきました。

結果はRANK Aそして60FPSということで、快適にそしてキャラクターがヌルヌル動いてくれるスペックとなりました。格闘ゲームはラグなくヌルヌル動くというのは遊ぶ際に絶対条件だと思いますので、スペック面での妥協は満足度の低下に繋がりかねないので注意してください。

まとめ&販売サイトにつきまして!

BTOパソコンを得意としているパソコン工房にてプロゲーミングチーム「父ノ背中」はつめ選手モデルとして発売されておりますLEVEL-15FR101-i7-TNRVI-FBを自宅にて使わさせていただいたので、感想や評価も含めたレビューをさせていただきました。

はつめ選手の得意とする格ゲーを快適にプレイできるスペックのゲーミングパソコンと言う事で、グラボにGTX1070を搭載し面もかなり優秀ですし、ベンチマークのスコアなども参考にしていただければと思います。

LEVEL-15FR101-i7-TNRVI-FBはパソコン工房にて購入する事が出来ます。大人気MMORPGのファイナルファンタジーXIVをはじめとするゲーム推奨パソコンやeスポーツ向けの機種など沢山のゲームパソコンがあります。

24時間365日受付サポートセンターも設置しているので困った事があればいつでも聞くことが出来るので安心です。

パソコン工房はこちらから➡LEVEL-15FR101-i7-TNRVI-FBicon

関連記事
10万円以下から購入できるGTX10シリーズ搭載Pavilion Gaming 15レビュー[感想・評価]
プロゲーマーたぬかな選手とALIENWAREを使って鉄拳7で対戦してきました!
GTX1060搭載NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C展示会レビュー[感想・評価]