パソコン工房から販売されているiiyama PCのゲーミングブランドLEVEL∞(レベル インフィニティ)のゲーミングノートパソコンLev-15FR079-i7-REiconを自宅にて使用させていただきましたのでレビューしたいと思います。ゲーミングとしては標準的な大きさの15.6インチのディスプレイにネットゲームをプレイする上で一番大切なグラフィックスにはGTX960Mを搭載した機種になります。

DSC_2038

Lev-15FR079-i7-REについて!

LEVEL∞(レベル インフィニティ)の機種に関してはデスクトップは掲載回数も多目ですが、ノートPCに関しては少なめなので、今回は自宅でじっくりとつかわさせて頂きましたし、できるだけ詳しくお話しできればと思いますのでお付き合いいただければ幸いです。

この機種についてまずはザックリとお話しさせていただきますと、ノートパソコンとしてやや大きめではありますが、ゲーミングパソコンとしては標準的な大きさの15.6インチディスプレイを搭載しています。スペック面に関してはグラボにはGTX960M,CPUは最新のインテル(R) Core i7-6700HQ,メモリもしっかりと8GBありますし、なかなか優秀な構成となっています。

まずは梱包をチェック!

DSC_2000

当サイトの自宅レビューと言えば梱包からスタートするのが恒例になりました。特に興味が無いという人もいらっしゃるかと思いますが、パソコン工房で購入すると基本的に送料は2000円掛かるわけですから、「しっかりと梱包されているのか?」などチェックしておきたいところです。

DSC_2003

箱を開けてみると上記画像のように思いのほかピッシリと隙間なく収納されていました。少々のゆれでは全く動きませんので、長距離の移動でも心配はなさそうでした。ただ箱に毎回仕舞いたい人は、かなりキチキチですので結構大変かもしれません。

DSC_2005

箱から取り出しました。梱包は見える部分だけでなく下方もしっかりとされています。発砲スチロールに挟んで動かないようにしてあるので、通販でも安心して頼めますね。

本体と一緒の同梱物について!

DSC_2056

ノートパソコンという事もあり同梱物は非常に少ないです。アダプターの大きさはゲーミングノートとしては標準的な大きさだと思います。

外観について!

Lev-15FR079-i7-RE斜めから

LEVEL∞(レベル インフィニティ)の機種については今まで展示会の写真をメインに使わせていただいていたので、今回は自宅でじっくりと撮影が出来たので外観についてもお話しさせていただければと思います。左右のポート類なども鮮明に見えますので参考にしていただければと思います。

左右の外観,ポート類もチェック!

DSC_2018

左側面になります。USB3.0×2,DVDスーパーマルチドライブ,オーディオ端子になります。光学ドライブは必要な人とそうでない人に真っ二つに別れると思いますが、あって困るものではないですし、レンタルで借りてきたDVDなども基本的には見る事ができます。HDMI端子を利用して液晶テレビと繋げばノートパソコンの画面だけでなく、大きなテレビで見る事も可能です。

DSC_2013

右側面になります。USB3.0,カードスロット,ネットワークポート, miniD-sub15Pinもあります。ネットゲームを遊ぶのであればゲームパッドなどを繋ぎたい人も少なくないでしょうし、そうするとUSBポートが左右にある方がコードが絡まなかったり机のスペース的にもグッドです。

DSC_2011

最近のノートパソコンとしては少し珍しいかもしれませんが、背面にもポート類があるので掲載しておきます。USB3.0端子やHDMI端子電源コードを繋ぐのも背面になります。背面に接続する時はどうしても覗きこむような形になってしまうので、電源プラグだけでも左側に欲しいですね。排気口/通気口に関してはかなり大きくとってあるので熱対策は安心できそうです。

キーボードとタッチパッドについてもチェック!

DSC_2022

購入前はそれほど気になさる方もいらっしゃいませんが、購入後の満足度を考えるとキーボードは結構重要なパーツになってくると思います。キーピッチやキーストロークなどに関しては特に測定はしていませんが、使ってみた感想としては打鍵感がシッカリとある感じでした。

最近のノートはこの辺りがちょっと寂しい感じが個人的にしていましたし、ゲームをしていると、熱くなってしまう方も少なく無いと思うので押した感触がキチント分かるのは良いです。

DSC_2023

右側を拡大しました。ディスプレイの大きさが15.6インチとノートパソコンとしては大きめなのでテンキーも配置されています。ネットゲームをする時にはテンキーはあまり使う機会のないゲームが多いですが、エクセルを使って作業などをする時には大活躍してくれます。

DSC_2024

右側に比べるとあまり需要が無い左部分ですが本機ではオンラインゲームの移動の際に使用する事の多いWASDボタンに印が付いているので、PCを使ってのゲームに慣れてない人でも使い易いように配慮してくれています。キー配列は私が使用した限りでは特に癖もなく使い易かったです。

DSC_2026

タッチパッドになります。物理ボタンがあるので左右クリックを間違えることもないですし、やっぱり使い易いです。ただネットゲームを中心に考えるとマウスが無いと不自由になりますから大抵の人は購入されると思いますので、タッチパッドの利用頻度は少ないかと思います。

スペック詳細と価格について!

OS Windows 10 Home (64bit)
CPU インテル(R) Core i7-6700HQ プロセッサー (2.6-3.5GHz/4コア/8スレッド/6MBキャッシュ/TDP45W)
チップセット インテル(R) HM170 Express チップセット
メモリ DDR3L-1600 4GB/SO-DIMM×2(計8GB) 低電圧駆動メモリ採用・省電力
ディスプレイ 15.6型 フルHD(1920×1080ドット)対応非光沢カラー液晶
グラフィックス NVIDIA(R) GeForce GTX 960M 2GB GDDR5
ストレージ 500GB 2.5インチ Serial-ATA HDD
オプティカル 8倍速DVDスーパーマルチドライブ
無線機能 IEEE802.11 ac/a/b/g/n対応 2×2 Dual Band無線LAN + Bluetooth 4.0 LE [本体内蔵]
サイズ 約幅385mm×奥行268mm×高さ28.5mm(※最大突起物を含まず)
インターフェイス 外部端子:ヘッドフォン/スピーカ出力×1 ,マイク入力×1 ,S/PDIFアウト(ミニプラグ型)×1 ,USB 3.0ポート×4 ,ディスプレイ出力(miniD-sub15Pin×1/HDMI×1/miniDisplayPort 1.2×1)
質量 :約2.59kg(※バッテリー含む)
バッテリー駆動時間 約5時間13分(※JEITA測定法Ver.2.0準拠)
主な付属品 ACアダプターセット ,リチウムイオンバッテリー ,マニュアル ,カスタムパソコン1年保証書
保証 1年間保証付き(リーズナブルで安心の3年間保証にアップグレード可能)
価格 128,980円(税抜き)2月2日現在
パソコン工房でもっと詳しくLev-15FR079-i7-REiconを見てみる!
スペック詳細を見てのコメント!

スペック的なお話しは冒頭から少しさせていただいていますが、CPUは最新の第6世代インテル(R) Core i7-6700HQ,グラフィックボードにはGTX960Mを搭載していますので設定や品質を調節する事で大抵のオンラインゲームを遊ぶ事も可能です。メモリもしっかりと8GBあります。

非常にバランスの良い構成ではありますが、一点ストレージがHDDで500GBなので高速起動やローディングの短縮といった恩恵のあるSSDをカスタマイズする事をお勧めします。120GBでしたら+3,980円でする事が出来ます。本当はネットゲームを遊ぶのであれば240GBあった方が便利ですけど+9,980円掛かりますので、この辺りはご予算に合わせて調整していただければと思います。

各種ベンチマーク数値について!

スクリーンショット (26)

ストレージのデータ転送速度を「CrystalDiskMark」で測定してみました。本機のストレージは前述の通りHDDですので速度的には標準的となっています。ゲームを遊ぶ際には和ゲーを中心にローディングが長いものが多いですから、この結果からもカスタマイズでSSDがやはり欲しくなりますね。

3DMarkベンチマーク結果

スクリーンショット (4)

この機種を購入する人はゲーミングノートなのでネットゲーム目的の方も多いと思います。そこで「3DMark」を使ってゲームの快適さに強く影響する3D性能を調べてみました。中でも一番有名と言うか様々なメーカーの販売サイトなどにも掲載される事が多い「Fire Strike」の数値は4115となりました。

ベンチマークは数字として結果がハッキリとあらわれますから、ワンランク上や下のスペックの機種と比較するのに便利です。別メーカーではありますが、グラボ性能がワンランクおとしたGTX950Mの結果も当サイトには掲載しているので下記記事も参考にしていただければと思います。

参考記事
[HP ENVY 17-n100レビュー]17.3インチディスプレイGTX950M搭載のゲーミングノートPC!

ファンタシースターオンライン2の数値について!

スクリーンショット (33)

アニメ放送もスタートしPS4でのベータテスト募集もスタート更に「WebMoney Award」第一位にも選ばれたりと、大活躍の2015年、そしてますます注目が集まっていること確実なファンタシースターオンライン2(PSO2)「PSO2キャラクタークリエイト体験版」を使って数値を測定してみました。テクスチャー解像度標準にてベンチマークしたところ33819でした。

スクリーンショット (35)

次にテクスター解像度を高解像度にして測定してみたところ、21313という結果となりました。正式には発表されていませんが、5000以上で快適に動くと言うのが一般的な見解と言われているので高解像度でもスコア5000の4倍以上の数値が計測されましたし問題なくサクサク遊べそうです。

前回のレビューではGTX950Mを使用して測定させていただいたんですけど、ワンランクグラフィックボードをアップするだけでも数値が随分変わるのに驚きました。

参考記事
HP Pavilion Gaming 15-ak000レビュー15.6型GTX950M搭載ゲーミングノートパソコン!

ドラゴンズドグマのベンチマークスコアについて!

bandicam 2016-01-16 14-33-12-918

次に当サイトでも掲載回数の非常に多い2015年最大の話題作となりましたカプコンのドラゴンズドグマオンライン(DDON)のベンチマークを測定しました。通常品質(1920×1080)でのスコアは7159となりました。公式サイトの発表では7000以上で非常に快適に遊べるとの事ですので、ギリギリではありますが数値は上回っているので通常品質なら問題なさそうですね。

bandicam 2016-01-16 14-16-50-879

次に最高品質にて測定しました。結果は「6641」となりました。7000にもう少しといった数値ではありましたが「快適」という結果になりました。DDONはアクションの要素が強いのでPTプレイなど重くなりそうな時などは標準,ソロで遊ぶ時は最高品質など使い分けた方がいいかもしれません。

ファイナルファンタジー14のベンチマークについて!

スクリーンショット (22)

ネットゲームとして最も知名度の高いであろう「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」も実施しました。ノート高品質(1920×1080)のスコアは6355と言う結果になりました。FF14はスコア7000以上で非常に快適にプレイできると公式掲載してありますので、スコア的には後もう少しでした。ただあまり負荷の掛からない場面ならこの品質でも大丈夫でしょう。

スクリーンショット (25)

次に「非常に快適にプレイ」できる7000のスコアを目指す品質としてノート通常品質(1920×1080)にて測定しました。結果は9525になりましたので、この品質であればPTプレイや街の中など負荷の掛かりやすい場面でもプレイする事が可能そうです。

スクリーンショット (24)

最後に気になる人も多いと思います最高品質でのスコアを計測してみたところ4386という結果になりました。遊べない事はないですが、快適に遊ぶには品質を下げたほうが無難です。

ドラゴンクエスト10のスコアについて!

スクリーンショット (7)

ゲームを普段やらない人でもタイトルは知っているくらい知名度の高いドラクエ10についても計測してみました。通常品質(1920×1080)でのスコアは4640となりました。これでもプレイできない事はないですけど、もう少し設定を下げた方が良いかもしれません。推奨環境を見るともう少しスコアが出そうなんですけど、他の機種でもベンチマークでは数値が延びない事が多いです。

スクリーンショット (9)

通常では少し厳しかったようなので低品質(解像度1920×1080)でも測定してみたところスライムナイト級の5776という結果になりました。これであれば快適な動作が見込めるだけでなく少し設定を上げても大丈夫とのコメントも出ています。通常と低品質の間ぐらいという事になりそうですね。

まとめ&販売サイトにつきまして!

DSC_2044

パソコン工房から販売されているiiyama PCのゲーミングブランドLEVEL∞(レベル インフィニティ)のゲーミングノートパソコンLev-15FR079-i7-REをレビューさせていただきました。ゲーミングノートなので、ネットゲームよりのお話しになってしまいますが、GTX950Mと比べてスコアが上がっています。

ワンランク上げたGTX960Mからプレイできるタイトルも少なくないので、ノートパソコンでオンラインゲームを楽し見たい方にオススメの機種となっています。LEVEL∞(レベル インフィニティ)のノートパソコンは初めて触らせていただいたので色々と勉強になりました。今後の記事掲載にも活かせればと思っております。この機種に限らずセールを定期的に開催しているのでそのときが狙い目です。

ゲーミングパソコンLev-15FR079-i7-REはパソコン工房iconにて購入する事が出来ます。ドラゴンクエスト10や大人気MMORPGのファイナルファンタジーXIVや狩りアクション「モンスターハンター フロンティアG」など沢山のゲームパソコンがあります。24時間365日受付サポートセンターも設置しているので困った事があればいつでも聞くことが出来るので安心ですよ。

パソコン工房販売サイトはコチラから⇒Lev-15FR079-i7-REicon詳細へ

パソコン工房の記事
Lev-M015-i5-TMはGTX970搭載で11万円台からのゲーミングパソコン[レベルインフィニティ]
[Lev-M011-P-NXS-Limited ]SSD240GB+750Ti搭載で6万円台から!