セキュリティーソフトを導入する際に「マカフィー製品にしようか?ノートン製品にしようか?」迷ったので、疑問点も色々とありましたので思い切ってどちらとも電話をしてみてオススメ商品なども含めて色々と質問してみました。その結果思うことは「サポートはやっぱり大事ですね」という事です。

きっかけは富士通製品に購入を決めたところから始まります!

先日少しお話させていただいたんですけど、親戚のノートパソコンの購入を頼まれたのであれこれと探していたんですけど、最終的な結論として購入時の値段は決して最安値ではないですけど、割引率もリニューアルのおかげで高かったですし、安心安全の日本製がやっぱり嬉しいと言う人も多いということで決めました。

この辺の内容に関しては後日詳しくお話させていただければと思うんですけど、日本製は海外製にくらべてコストが高めですから少しでも安くと思い、セキュリティーソフトに目をつけました。富士通製品と同時に購入できるのはマカフィー製品のリブセーフなんですよね(汗)

実はこれマカフィーで一番お値段が高いセキュリティーソフトです。3年版の割引率はそれなりに高いですけど、今後更新する事なども考えると製品を変えるのはアインストールやダウンロードなどメンドウですし何より同一製品でないと有効期限を上乗せできないというのはかなりのマイナスポイントだったので、セキュリティーソフトは一緒に購入せずに自分で探して購入する事に決めたのです。

関連記事
[体験談]親戚のPCを選ぶのは難しい!
富士通のLIFEBOOK WA1/Sを購入した際のカスタマイズについてレビュー!

マカフィー製品,ノートン製品に共通するところ!

私が今まで間違って認識していた可能性も大きいんですけど、2社とも電話してみて「え?そうなの?」と思ったことはセキュリティーソフトは基本的に進入を防ぐものでスキャンして見つけたとしても駆除してくれないんですよね。分かりやすくいうとマスクですね。風邪にならないための水際対策に近いと思います。見つければ隔離してくれるそうなので、分かりやすいんですけど、駆除は自分でしたり遠隔でしてもらったりと方法は様々ですが、「セキュリティーソフトは万能ではない」と初めて知りました。

ノートン製品について!

Nortonロゴ

2社を見比べて世界シェアがNO1という部分に惹かれたので、まずはノートンに電話してみました。このときの気持ちとしては「良い回答を貰えたらスグにここで購入してしまおうと思っていました。」電話してみるとサポートセンターが土日休みと言うこともあり、月曜日は混んでいるそうです。比較的空いているのは17時以降との事なので繋がりにくい方は試してみていただければと思います。

待つこと5分くらいでようやくオペレーターに繋がりました。早速一番気になっていたセキュリティーソフトのお値段は3年版で税抜き11800円なんですけどカートに入れると勝手に駆除サービス3年版3980円(税抜き)がついてくるんです。もちろん駆除サービスについてはやめる事も可能ですが、一緒についてくるくらいだから「それなりに必要なのかな?」と思ったわけです。

dsc_2557

聞いてみると一緒に購入されている方も多く、万が一の時に診断,駆除をインターネット経由でスタッフが操作してくれるそうです。これを購入しておかないと一回につき6900円(税抜き)駆除する際にお金が掛かると説明されました。確かにセキュリティーソフトは万能でないというのは分かりますが、これはちょっと不親切かなと思いました。

もう一点購入の際のお支払いにコンビに前払いがあるのですが、これは入金後24時間以内に登録したメールアドレス宛にプロダクトキーなどが届くそうです。オペレーターの人も外国の方で日本語が上手いとは言えなかったですし、駆除サービスにも入会するとなると税込みで17,128円掛かってしまうので、マカフィーにも電話してみることに決めました。

参考記事
セキュリティーソフトのノートンについて質問の回答から分かった事!

マカフィー製品について

マカフィー・ストア

こちらも月曜日のお電話は混雑しているようでした。繋がるまでにこちらも5分程度掛かりましたが、こんどは日本人の男性の方でした。私が一番マカフィー製品で疑問に思っていることは製品の種類が多くてどれがオススメなのか分からないという事です。

というわけで質問してみるとセキュリティーソフトを導入したい端末の種類や台数によって使い分けるのが良いそうです。どの製品を購入してもセキュリティーの中身は同じとの事です。今回はwindowsノートパソコン1台だったのでトータルプロテクションかマカフィーインターネットセキュリティ 2015 3年版のどちらかがキャンペーン中という事もあり良さそうですが、機能比較一覧を見ても違いが分かりません(汗)

そこで改めて聞いてみると、一番大きな違いはヤフーやグーグルなどで検索して検索結果からサイト訪問する際に危険なサイトに関しては赤で表示されるそうなのですが、トータルプロテクションは赤をクリックすると警告画面が出てさらにもう一度アクセスを試みないとそのサイトに訪問できないそうです。もう一方は赤色で表示はされるけど、そのままアクセスできるそうです。

どちらが良いかは人によると思うのですが、せっかくセキュリティーソフトを導入しているのですからワザワザ危険なサイトに訪問する事もないですし、間違えて訪問してしまわないようにという事まで考えるとトータルプロテクションの方が良いかなと思いますが、そこまで大きな違いではないですし、キャンペーンなどでオトクなほうを購入されても良いとオペレーターの方もおっしゃってました。

駆除に関してですが、こちらは契約期間内であれば電話などでサポートしてくれるそうです。実際に駆除するのはご自身になってしまいますが、電話対応を聞いている限りではとても丁寧でしたし無料なのもプラスポイントです。そもそもセキュリティーソフトを導入していればそうそうサポートの電話のお世話にならないと個人的には思っています。

こちらもコンビに前払いのお支払い方法がありまして、入金後最大で72時間待つこともあるそうですが、登録したメールアドレスにプロダクトキーなどが添付されて送られて来るそうです。気をつけなくてはいけないのはダウンロードしてから3年間でなくて入金確認後3年間なのでメールが届いたら早めにインストールして使用しましょう。

参考記事
マカフィーがキャンペーン中でオールアクセスが40%オフ

追記 1月~3月はセキュリティーソフトを購入する人が増えるそうです!

dsc_2562

1月から3月は進学や就職など新生活を迎える人も多いので、パソコンの買い替えのタイミングでもあります。PCを買い換えるということはセキュリティーソフトも一緒に導入する人も多く特に新生活を控えた3月は、1年の中で最も需要が高くなるタイミングだそうです。

「どうしても必要?」と聞かれますと前述させていただきましたとおり、マスクのような役割ですので必須とはいえないですけど、やはり予防は出来るに越したことは無いと思います。パソコンには重要なデータや人には見られたくない物まで保存する人も少なく無いと思うので、保険の意味でも予算が許す方であればなるべく導入しておいた方が良いと思います。

2月12日現在でしたらPC、Mac、スマホ、タブレット等、保有するすべてのデバイスに入れ放題のマカフィー リブセーフ 1年版も20パーセントオフにて購入する事ができますよ。

参考記事
セキュリティーソフト各社セール情報!

まとめ&コメント

セキュリティーソフトを導入する際に「マカフィー製品にしようか?ノートン製品にしようか?」迷ったので実際に電話してみて色々と聞いてみましたというお話をレビュー形式にさせていただきました。元々お値段を安くするという目的もありましたので、今回はマカフィー トータルプロテクション 2015を購入予定ではありますが、お値段を気にされない方や遠隔サポートが魅力と言う人もいらっしゃると思いますので、用途や好みによっても違ってきそうですね。

マカフィーの製品は期間限定でキャンペーンを開催していることも多いので、購入をお考えの方は上手くお買い物していただければと思います。

マカフィーの販売サイトはコチラから⇒マカフィー リブセーフ詳細へ

あなたはどれを選ぶ?おすすめセキュリティソフト

マカフィーなら利用台数無制限!PCもスマホもタブレットも! 強さと軽さで選ぶならカスペルスキー!性能比較テストで5年連続No.1 セキュリティソフト販売本数8年連続売上No.1のウイルスバスター 世界売上シェアNo.1の「ノートンセキュリティ」でウィルス対策!

関連記事
Windows Updateの実施の際は注意!ブルースクリーンになる人や起動が重くなる人などがでています!
iCloudやEvernoteは便利だけどセキュリティーの意識はいつも以上に強くもったほうが良いかもしれません!
富士通WEB MARTがリニューアル記念セール!狙い目は30%オフのLIFEBOOK WA2/S!