先日のイベントにてパソコン工房さんのビジュアライズパソコン「のうりん」と「とある科学の超電磁砲S」のノートPCやタブレットを触る機会があり詳しい説明やお写真なども撮らせていたらいたのでレビューもかねて2回に分けて詳しくお話させていただければと思います。

まずビジュアライズパソコンとはアニメやゲームのキャラクターが天板に描かれているだけでなく壁紙だったり、アニメキャラクターと同じ声優さんにより撮り下ろし音声も収録しています。その他にも作品によってさまざまな特典がついているので、そのアニメのファンの人でPC購入を考えていいらっしゃる方に特にオススメできるPCとなっています。撮りおろしボイスなのでこのPCの為にあらたに撮った意味合いが強いですから、コレクターの方も満足できる作品になっているかもしれませんね。

「とある科学の超電磁砲S」ビジュアライズノートパソコンについて!

icon
icon大人気アニメがノートPCになったということもあり注目度がかなり高い作品になっています。天板にはヒロインの御坂美琴が描かれており、イラスト的にはこれからレールガンを放つ動作に入っているところぽいですよね。戦っている御坂美琴も凛々しくていいですが、黒子や初春、佐天さんと4人で一緒に映っているイラストがあれば良いのに・・・と個人的には思っています。オリジナルの壁紙も多数収録と描かれているのでそちらに期待します。

ボイス担当はもちろん御坂美琴役の大人気声優の佐藤利奈さんによるデスクトップテーマを収録!「メールをみてきなさい!こっちはなんとかしておくわ」「メールを届けたわよ!私からのプレゼントなんてなかなかないんだから感謝すること」といった感じに!「ツンVer」と「デレVer」の2種類が楽しめます!普段見れない分やっぱり「デレVer」の方が人気あるのかな~?とも思います。専用カートンケースにも美琴のイラストを採用されているので、カートンケースも一緒にお部屋に飾っても良いですし、毎回入れて保存するのもありですよね。

選べるスペックはスタンダードモデルとハイスペックモデルの2種類になります。メインPCとしてお考えの人であればハイスペックのほうをコレクションや保存目的の人であれば特典内容は変わらないのでスタンダードをオススメします。個人的にはお値段を考えるとCPUやグラフィックスが優秀なハイスペックをオススメします。こちらはSSDも搭載されているので当サイトのコンセプトであるネットゲームの遊べるPCとしてもあった方が色々と便利ですし良いですね。ブラウザゲームや2Dゲームに加えて3Dゲームも遊べるタイトルは多々あると思います。ただしFF14に関しては推奨環境を満たしてないので、FF目当ての方はもう少しスペックの高いPCをオススメします。

OS Windows 8.1 (64ビット)DSP版
液晶 15.6型 フルHD(1920X1080ドット)対応非光沢カラー液晶
プロセッサー インテル(R) Core i7 3630QM(2.4-3.4GHz)
チップセット インテル(R) HM76 Express チップセット
標準メインメモリ DDR3 4GB×2 (計8GB)
拡張メモリスロット DIMMスロット×2(0)
グラフィックアクセラレータ GeForce GT 650M 1GB / インテル HD グラフィックス 4000(NVIDIA Optimusテクノロジ対応)
HDD/SSD SSD:120GB + HDD:1TB ※SSDが起動ドライブとなります。
バッテリー持続時間 約2時間30分(JEITA 測定法準拠)
外形寸法 約幅374mm×奥行250mm×高さ16.3~41.4mm (※最大突起物を含まず)
重量 約2.8kg (バッテリー含む)
標準保証 1年間保証
価格 ¥ 152,189 (税別)

特典内容
天板に書き下ろしイラスト!
デスクトップテーマを収録!
オリジナル壁紙
専用カートンケース!
                                  とある科学の超電磁砲S[ハイスペックモデル]

とある科学の超電磁砲Sのビジュアライズパソコンはパソコン工房iconにて購入する事が出来ます。ビジュアライズパソコンの他にもドラゴンクエスト10や大人気MMORPGのファイナルファンタジーXIVや狩りアクション「モンスターハンター フロンティアG」など沢山のゲームパソコンがあります。24時間365日受付サポートセンターも設置しているので困った事があればいつでも聞くことが出来るので安心ですよ。

関連記事
パソコン工房の蔵出しGTX765M搭載15.6型ノートPCが安すぎる!
パソコン工房