8月31日に正式サービスをスタートした話題のネットゲーム「ドラゴンズドグマ(DDON)」の人気が凄いようです。初日はそれほど混乱がありませんでしたが、2日目の夜からトラブル続きとなり大荒れとなっています。一番の原因はユーザーの増加と思われますが、不安定な時期が続くとユーザーは離れてしまいますので、運営さんの最大の勝負どころとなりそうです。

ドラゴンズドグマ1

アーリーアクセス中は快適だったのでトラブル原因はユーザーの大幅増加?

4日間のアーリーアクセスでは一度だけ緊急メンテナンスがありましたが、それ以外はトラブルも混乱も無く快適にプレイする事が出来たので、混乱の原因はやはり運営さんが予想していた以上にユーザーが増加したという部分が大きいのでは?と思います。

ネットゲームではサービス開始直後はアクセスが集中するのでどうしてもメンテナンスが多くなりますし、不安定な時間が長いです。なので今のドラゴンズドグマの状態は規定路線ではあると思うのですが、ユーザーは生き物なのですぐにどこかに流れてしまいます。

それを防ぐ手立てはサーバーの安定,不具合の修正言葉にすればこれだけなのですが、どこのメーカーもこれが出来ないゆえにユーザーを囲う事ができずに逃がしてしまう事が本当に多いので、これが何より難しいようです。特にサーバーは予め人数を予測してから色々と作業すると思うのですが、多めに借りてしまうとその分無駄な出費となります。

なのでギリギリのラインを予想して少なく借りていたら「予想以上のアクセスでパンクした」という場合が多いのかもしれませんね。せっかく人気のタイトルをこれだ駄目にしているのを本当に沢山見てきたのでカプコンさんには頑張って欲しいです。