ファイナルファンタジー14の強大な広告が首都圏主要駅で見れるのは本日5月13日までとなっています。設置されている駅は渋谷、京急品川、田端、飯田橋、品川、目白、四谷、大崎、高田馬場、新宿、池袋、原宿、神田、上野、恵比寿、千駄ヶ谷、御茶ノ水、秋葉原などになります。

当サイトでよく掲載させていただいている上の画像はwindows版がスタートする時に新宿に貼られていたものを写メで撮影させていただいたものなんです。今回も時間があれば撮影したかったのですが、予定があわず断念してしまいました。都内にお仕事や学校などで通勤・通学をされている人はすでにご存知の方も多いとは思いますが、お近くの方はあまりない機会ですので一度ゆっくりとご覧になっていただいたり、普段使わない駅の広告を見られてみてはいかがでしょうか?

FF14の公式ツイッターの情報によると絵柄は作品のナンバーと同じく全部で14枚ほどあるようです。全部の駅を回るのは中々大変だと思うので駅ごとの傾向を記載しておきますので、情報が直前になってしまい大変申し訳ないですが、もしこれから見に行かれる方は参考にしていただければと思います。なおどこの駅がどのデザインになっているのかは把握していないのでご理解いただければと思います。

駅によってデザインの傾向が違います!

ゲームのOPを彷彿される4デザインは渋谷、京急品川、田端、飯田橋、品川、目白、田町、四谷、大崎になります。暁の血盟とリムサ・グリタニア・ウルダハの3都市の代表を見ることができるのは高田馬場、新宿、渋谷、池袋。蛮神やガレマール帝国の猛者のデザインを見たい方は原宿、神田、上野、恵比寿、千駄ヶ谷がおすすめです。最後に沢山の仲間たちやシリーズのイメージキャラクターでもあるチョコボにまたがっって乗っている姿を見たい方は秋葉原、御茶ノ水、渋谷、日暮里へと旅立ちくださればと思います。

こうして駅名を並べてみると一番多くカバーできるのは渋谷駅なので、もしどれかひとつしか行けなくて沢山の絵を見たい人はここがオススメです。以前私が新宿で見かけたときは西口のそばだったと思うのですが、乗り降りが激しい駅なので写メはおろかゆっくり見るのも時間によっては難しいと思うので他の駅の方が良いかもしれません。お近くでない方や予定の合わない方はツイッターに画像が掲載されているのでそちらをご覧いただければと思います。よろしければ下の当サイト関連記事も読んでいただけると幸いです。

 
関連記事
PS4本体の詳しい解説をFF14が発売されたので書いてみた
10万円以下で買えるFF14推奨ノートPC
ファイナルファンタジー14のベンチマークスコアいくつが必要?

Copyright (C) 2010 – 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。