第6世代のインテル Coreプロセッサーシリーズを搭載した高性能なハイパフォーマンス・ゲーミングPC ideacentre Y700がレノボ・ショッピングに新登場です。グラフィックスはGTX960,750tiなどモデルによって選択する事ができます。特別クーポン適用で20パーセントオフになりますので、この機種を購入の際には販売サイトで確認できるので必ず入力する事をオススメします。

ideacentre Y700について!

まずはこの機種について簡単にお話しさせていただきますとゲーミングデスクトップパソコンと言うジャンルになると思います。デスクトップなのでモニタを所持していない方は別途購入する必要がでてきますが、拡張性も高いので購入後もパーツを付け替えたりも出来ますし、コストパフォーマンス的にはノートパソコンよりも上ですので思いっきり楽しみたい方はデスクトップオススメです。

主な特徴!

◎高性能スペック搭載
最新のインテル Core i7-6700 プロセッサー、GPUにNVIDIA GeForce
GTXTM960、16GBメモリを選択可能。

◎拡張ストレージベイは5.25型ベイ x 2、3.5型べイ x 4を搭載。
最大32GBまでメモリを拡張できる4つのDIMMスロットを搭載。
ゲームにあわせてさらに高性能にアップグレードできます。

◎自由な拡張性
ドライバーなどの工具が不要なツールレス設計。側面のカバーは
プッシュレバーで開閉可能、PCパーツの拡張やメンテナンスを簡単に
行うことができます。

◎SSD、SSHDで高速の作業環境
ストレージは、SSDやSSDとHDDのメリットを組み合わせたSSHDを選択可能。
起動やアプリケー ションの処理速度に優れ、大容量データも安心して
保存できます。

◎外部デバイスに高速接続するUSB 3.0
最大5Gbpsの高速転送を可能にし、従来のUSB 2.0と比較し転送速度は
約10倍と高速化しました。従来のUSB 2.0との互換性も確保しているため、
既存の周辺機器との接続も可能です。

◎個性的なデザイン
エッジの効いた黒を基調としたフォルムに、シリーズ名となる“Y”の
ロゴがLEDライトで浮かび上がる個性的なデザインを採用しています。

ザックリとまとめると用途に合わせてスペックを選択する事ができるという点と拡張が豊富なのでメモリなんかも最大で32GBまでする事が出来ます。選択するモデルによって異なりますがSSDも搭載してますし、SSDがなくてもSSHDなら同じような恩恵が受けれると記載してありますが、ネットゲームするならSSDにゲームを入れたいのでここは意見が分かれそうですね。

詳細スペックと価格につきまして!

OS Windows 10 Home 64bit
CPU インテル Core i7-6700 プロセッサー( 3.40GHz 2133MHz 8MB)
メモリ 16GB PC4-17066 DDR4 UDIMM 2133MHz
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 960 2GB
Bluetooth Bluetooth Version 4.0
ストレージ SSHD (1TB HDD 7200回転 + 8GB NAND型フラッシュ) + 120GB SSD
オプティカル DVDスーパーマルチ・ドライブ
ネットワークカード IEEE 802.11ac/a/b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)
フォームアクター タワー型
寸法 479 x 206 x 504mm
質量 約15 kg
ポート類 前面
USB 2.0 x 2、USB 3.0 x 2、ヘッドホンコネクター x 1、マイクロホンコネクター x 1、7 in 1 メディアカードリーダー(MS、 MS Pro、SD、SDHC、 SDXC、MMC、MMC Plus) x 1背面
USB 2.0 x 4、USB 3.0 x 2、オーディオポート x 5、S/PDIF(光) x 1、HDMI x 1、PS/2 x 1、イーサネットコネクター x 1
保証 1年
価格 販売価格 :¥172,800-
★特別クーポン適用で20%OFF★
——————————
クーポン適用価格 :¥138,240-
ideacentre Y700スペシャルクーポンはこちらから!
スペック詳細を見てのコメント&注意点!

レノボのゲーミングパソコンを掲載するのはデスクトップタイプだと当サイトでは初めてだと思うのですが、グラフィックスにGTX960,CPUには最新のインテル Core i7-6700 プロセッサー,メモリ16GB,ストレージにはSSDも120GBではありますが搭載して138,240なら及第点だと思います。クーポンを使用しないと高めになってしまうので入力は必須といえます。

他にも選択できるモデルはありますが、ネットゲームを遊ぶのであれば上記掲載のGTX960搭載モデル1択です。メモリは16GBまでは必要ない感じはしますが多く合って困るものでもないですし、ゲームと一緒にスカイプとwikiなどを見ながらも遊べるタイトルが大部分なので楽しめるかと思います。

750TiよりもGTX960

bandicam 2015-07-11 13-15-36-921

先ほども少しお話しさせていただきましたが、ネットゲームを楽しみたいのであればビデオカードには750Tiより断然GTX960がオススメです。750Tiでもグラフィックにこだわらなければ遊べるタイトルも多いですが、FF14や黒い砂漠,ロードオブヴァーミリオンアリーナなど推奨環境が高いタイトルが増えてきています。

今年最大の話題のドラゴンズドグマに関しては750tiでも問題ありませんが、モンスターハンターフロンティアをリリースしているカプコンが運営していますのでモンハンのように未来的に推奨環境が高くなる可能性も低くないと思いますので、出来ればGTX960を購入するのをオススメします。

まとめ&販売サイトにつきまして!

dg_icy700_300x300
ハイパフォーマンス・ゲーミングPC ideacentre Y700についてお話しさせていただきました。GTX960搭載モデルなら特に拡張しなくても最高品質にこだわらなければ、そのままどのタイトルでも楽しむ事が出来るのであまりパソコンに詳しくない人にもオススメです。

クーポンを使わないと他メーカーと比べると割高になってしまうので、番号は販売サイトにて確認する事が出来るので必ず入力して使っていただければと思います。コスパ的には自分の終着点をどこにするかによっても変わってきますのでデザイン重視もありだと思いますし、難しい事考えないで購入したいという人も良いと思います。台数限定なのでお早めに。

Lenovo G50 – 80G0025UJPプラチナモデルはレノボ・ショッピングにて購入する事が出来ます。またご注文金額に関わらず、マウス1個からサーバーまで日本全国 送料無料で届けてくれます。それだけでなくLenovo Web 広告限定ストアでは、セールやキャンペーン価格からさらにお買得な割引クーポンを発行しています。週末限定クーポンも発行されているときもありますし、こまめにチェックしていると、ただでさえお得なメーカー直販値段から更にお買い得な値段で購入できるかもしれないのでお見逃しなく!

関連記事
ドスパラの23周年を記念した特価モデルGALLERIA XA 23rd Editionのコスパがすごい!
GTX980Ti搭載HP ENVY 750-170jp/CTが5万円オフ!
NEXTGEAR-MICRO im550SA11-TVが7000円オフでゲーミングパソコンが9万円台から!